Hatena::ブログ(Diary)

koeだめ - http://bash0C7.hatenablog.com/ に移行しました RSSフィード

2008/06/12

スレイヤーズハートフルステーションTOKYO BOOGIE NIGHT→\(^o^)/

1993年だか94年あたりで上記タイトルの頻出したパターンを辿った中学生時代。

その意味で、スレイヤーズで林原さんを認識*1ラジオ聞いたりCD買ったりラノベ読んだりしたのは、結構その後の方向性に作用したなぁと思っています。

また、最近のファンの人には林原さんといえば、「綾波の人でしょ」ですんでしまうと思うのですが、当時の林原人気は異常でした。アニメージュアニメグランプリ声優部門を1989年から2001年まで連覇、アルバム「iravati」売り上げが27万枚とされてますが、最終的には40万枚を超えた、なんて話もあります。上記のスレイヤーズ系の作品でもほとんどで主題歌担当し、これまた売れまくってるわけです。そうした時代を担った声優にとってのあの頃の「代表作」は何かと考えると、僕はエヴァよりもスレイヤーズなんじゃないかな、と思います。

狐汁

たしかJOYSOUNDだったと思いますが、林原めぐみメドレーで使われている曲のほとんど*2スレイヤーズ関連曲で占められていたのを思い出しました。

そのあたり、スレイヤーズは代表的な作品といえる、一つの証かなと思います。

ただ、スレイヤーズから入った経緯上、自分もスレイヤーズが当時の代表作だと思っていますが、スレイヤーズ以前にすでに林原ファンになっていた人に聞いたら、色々な意見がでてきました。

なんせ、当時色々なのに出演されていたからなぁ。

*1:名前は知ってたけど、それまではそんなに興味は無かった

*2:Successful Mission以外だったかな

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bash0C7/20080612/1213283089
Connection: close