Hatena::ブログ(Diary)

koeだめ - http://bash0C7.hatenablog.com/ に移行しました RSSフィード

2013/12/13

Fluentd Casual Talks #3でLTFluentd Advent Calendar 2013で記事書きしていました #fluentd

「ご家庭でFluentd」というタイトルFluentd Casual Talks #3LTしつつ、そのサブセットをFluentd Advent Calendar 2013の記事としてまとめました。

提示資料: https://speakerdeck.com/bash0c7/fluentd-in-my-sweet-home

記事: http://qiita.com/bash0C7/items/a8aea4810cc5ec6f1eb9

概要

構成: Fluentd on MBA -> Amazon SQS -> Fluentd on Raspberry Pi

MBA

MBAではtd-agentを動かしています

プラグイン開発・検証を行う場合は、https://rubygems.org/gems/fluentd を利用しています

Raspberry Pi

Fluentdhttps://rubygems.org/gems/fluentd を利用しています

Rubyはrbenv + ruby-buildのいつものやり口です。

Amazon SQS

Amazon SQSを使っているのは、以下の理由です。

自分の話の補足

Fluentd Casual Talks #3で話をきいて思ったこと

覚えているうちに箇条書きで。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bash0C7/20131213/fluentd_casual_talks_3_and_advent_calendar