Pareidolia - Gendai Haiku このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-08-14

[][] 01:42 を含むブックマーク

わたしは幽霊をみたことはありませんが、じっさいに幽霊と遭遇したひとの話を三度聞いてます。ちょうどよい機会なので、当日記に記録しておこうかと思います。

  • [母方の山梨の亡祖母談]
    突然よふけに遠方所在の従妹が寝間に入ってきて、「おれもう行かなくてはならなくなったズラよ」と話しかけてきたのでビックリしたズラ。「えっいったいどこいくズラ?」と聞き返すと、「おれがいっちゃうと昔話できる人間がいなくなってしまうねえ。ごめんね。淋しいねぇ……」といいながら真っ暗な厨に消えていったので慌てて起床して追いかけるとヒト気もなく勝手口の鍵もしっかり下りてるんで、「おかしいな、寝ぼけてたのかなぁ……」と訝しい気持のまままんじりともしないで居たズラよ。夜があけるといきなり電話が入って、「御祖母ちゃんがニ時間ほどまえに突然死んだズラよ(シクシク)」との、従妹の家族からの報せだった。ああ従妹、おれに別れの挨拶しにきたんズラねえと思った。幽霊にはみえなかったよ。ほんとに本人が家に入ってきたのかと思って吃驚したんズラ。(昭和48年頃)
  • [友人の勤め先の上長(静岡県出身)談]
    日曜のお昼だったね。リビングで妻とのんびりTVを見ていると、戸を開け放しにしていた仏間に(いないはずの)ひとの気配がするもんでものすごおうギョッとしただらよ。凝視すると二年前に死んだ親父が背中をむけてなにやら片付けでもしているような姿が見えたもんで、「なっ、なんだらあああ、親父いいい!」とたまらず大声をあげると、妻にもそれが見えて、「おっ御義父さん、どうしたのおおっ!」と儂に負けないくらいの大声あげるもんで、こっちゃあなおのことビックリしたわな。慌ててちかよったんけど、どう表現したらよいもんかね、とにかく、「すーっ」と消えてってしまったもんで、儂も妻もあっけにとられるしかなかったやね。。。どうみえたかっていわれてもね、ふつーに見えた。いまあんたを見てるのとまったくかわらん感じだら。足だってちゃんとついてた。。。そのあとで何かあったかっていわれても、別に何かあったわけでもないんだわ。なーんもないの。なんかしらんけどチョット姿みせたくなったのかも知れんねえ、親父。(平成11年頃)

もうひとりの体験談は明日記す事にします。

もう寝ます。

[] 00:24 を含むブックマーク

[] 23:35 を含むブックマーク


半可通「『カント』なんかよりも『腿自体』に惹かれます(ドヤ)」

莫迦友「大先生が宣ってこその下掛かりという了解をオマエはまだ(泣)」

[] 23:24 を含むブックマーク


半可通「エヘン・・『実証そのものへ!』!」

莫迦友「オマエのことだから 三十年以上空耳のまんまなんだろうな……」

カエルカエル 2017/08/17 23:34 幽霊
明日も楽しみです。おやすみなさい

2017-08-12

[][]哲学入門 (ちくま新書) 02:56 を含むブックマーク

ブックオフで新書半額セールやってたので、何冊か買ったらレジで「ガラポンやってみてください」って云われたので回したら見事にペケで「うまい棒(やきとり味)」ひとつもらって帰ってきたのだった。

当該店では誰もがペケだったように見受けられた。

なんか怪しい。

[] @yukoim 博士 דורך 02:45  @yukoim 博士 דורךを含むブックマーク

D

[] 02:31 を含むブックマーク

こういうのも「ストーカー」亜種なのだろうか……。

[] @clnmn さん דורך 02:25  @clnmn さん דורךを含むブックマーク

すごいタイミング!

その、大学時代同学科生だったIくんも一文を寄せているんですよ。

おれはたまたま地元の図書館で借りて読んで彼の消息を知った次第でした……。

[]念失先דורך 00:50 念失先דורךを含むブックマーク

真筆なのか!?

どう考えたって日ペンの美子ちゃんじゃ無理だろう。

紙に文字を刻んでいる動画を観てみたい。

[] 00:38 を含むブックマーク

大学で同学科生だったIくんは都内でちょっと(かなり?)個性的な喫茶店を経営しているのだけれど、かれのツイッターの面白度が年々上昇中である。

数年前から「落語好き」になったということも知った。

いつか再会したいとは思うのだが、もう俺のことなど完全に忘却してゐるとも考えられるので、こっそりツイッターを拝見するままにしておくのが吉かとも思う。

[] 00:21 を含むブックマーク

思い出した。

もう三十年以上昔の話だけんど、下北沢に「ホワイトシチューうどん」というものを食べさせる店があって、これがおもいのほか美味しかったんだった……。

[][] 00:16 を含むブックマーク

いかんぞ俺

「一滴八銭屋の白肉うどん」って知らんかった……

近いうちぜひとも行ってみなくてはならん……

[][] 00:01 を含むブックマーク

お安い!

[] 23:55 を含むブックマーク

思えば子供時代の感受性というものはたいしたものだったなぁ。

なんてことない船着場で丸一日糸を垂れていてもまったく飽きることがなかった。

釣りキチ三平が生まれてはじめて海に連れてゆかれ防波堤から雑魚の群れをのぞいて大層興奮する姿をみて、その「純粋なる感受性」に魚紳さんがいたく感心するシーンがあったが、三平三平のような神童釣り師でなくとも日頃海が遠い子供たちの反応はみなあんな感じだった。

[] 23:36 を含むブックマーク

たしか昭和53年(52年?)のきょう、親父に城ヶ島へ連れてってもらった。

釣果はハオコゼ一尾のみだったように記憶しているが、その色彩のうつくしさに深く感動し、“海の豊さ”への空想をいっそうたくましくしたものだった。

[][] 23:24 を含むブックマーク

フフフヽヽヽヽ

[] 20170808@東京西郊 23:16   20170808@東京西郊を含むブックマーク

送電鉄搭が虹吐く夕刻

f:id:baskov:20170812231027j:image:w400

2017-08-07

[][] 23:16 を含むブックマーク


馬生去りてそののち未だ年暮れず


なのかも知れない……。

2017-08-06

[] 23:06 を含むブックマーク

#Mascagni Intermezzo da Cavalleria Rusticana - Bernstein - MET -1970

D

2017-08-05

[] 00:06 を含むブックマーク


もうすぐ秋ですよ。

氣鬱にもなりませうがそのうち冬です。

とはいへ気づけば春でせう。

D

[] 23:53 を含むブックマーク

Amazon でなくてリアル古本屋で『国性爺合戦』(岩波文庫)をみつけて買う心算でいるのだけど、なぜか全然出会わないのですよ。


『西東詩集』(岩波文庫)も同様なのですが、まだ“当分お預け”の気配を感じてをりまする。

[] 23:40 を含むブックマーク


「ギクッ」