海外生活情報/海外送金&英語版PC・PDAの日本語化 :: 101280.net :: このページをアンテナに追加 RSSフィード

US Life Handbook → :: Nihongo PC ::  :: 101280.net ::

2008-08-31 おもしろくなってきた米大統領選挙 このエントリーを含むブックマーク

いや〜、ここへ来て米大統領選挙、断然おもしろくなってきましたね。

共和党の指名を早々に得たマケイン候補。

国防の分野ではその経験を期待されるも、経済面での政策に不安の声があったり、共和党の中では中道〜左よりの政策から共和党の強い支持が得られないのではとの見方もあったり。 その不安を払拭するには副大統領候補に指名選挙を戦ったロムニーを選ぶのがベストと思われていました。

一方、最後の最後まで予断を許さなかった民主党の指名候補選挙。

長引いた予備選挙のおかげで、党はヒラリー支持派とオバマ支持派に分裂し、オバマが候補になり、ヒラリーの協力を得て党統一を訴えるもヒラリー派の支持が得られない危険が。 また、至る所から、その経験の浅さが指摘され山積みになっている問題に対処する判断力を疑問視する声も。 そして、それらの声を押さえ込むには副大統領候補にヒラリーを選ぶのがベストと思われていました。

が、民主党党大会直前、オバマは経験もあり外交にも強いバイデンを副大統領候補に指名。 

その意外さにマスコミの注目を一気に浴び、そして党大会。 演説の上手いオバマはまたもマスコミの注目。。。と思われたその民主党党大会翌日の朝、マケインが副大統領候補にペイリンを指名したことを発表。

オバマの演説(これはこれでよい演説だと思いましたが)は、すっかり影が薄れてしまいました。

老獪マケイン。 流石です。

これで、ヒラリー支持派&オバマ拒否派の票がすぐにマケイン&ペイリンに流れるとは思いませんが、ペイリンは無党派層や保守層でヒラリーのワシントン寄りの政策、その経験主張を嫌う人達の票起こしにはなりそうです。

私は選挙権がないのでどちらにも投票できませんが、オバマの演説は本当に上手い!!! 聞き手を、『よし、私達も積極的に参加して頑張ろう!』みたいな気にさせます。 が、一方でオブジェクトハンドリングというか、QAがイマイチ。 

あなた大統領として国民をどの方向に進めてくれるのみたいな明確な指針もちょっと曖昧。 その影にはもっと左寄りの妻ミッシェルが見え隠れして、ちょっと不安です。  さらに副大統領候補のバイデンは、口すべった。。。みたいなコメントも多く、ヒラリーを応援しながら実は足をひっぱっていたビル・クリントン前大統領のようでちょっと不安。

マケインは、共和党ながら中道よりの政策で、オバマのような演説の上手さはないものの、したたか頑固親爺風。

加えて二人目の奥さんシンディは、夫(マケイン)と相談する前にバングラデシュから養子を受け入れたり、最近ではロシアのジョージア侵攻直後にジョージア入りしたり。。。と行動力の人。  さらに、ペイリンの実直な経歴(政治歴の浅さは副大統領として学べば良いから)は脇固めに良さそう。

ってな感じで、本人プラス側近で米大統領選挙の行方見守っていこうと思います。

 

Connection: close