読んだら語れ。-ラノベ・コミック・ビジネス書のレビュー

2010-04-27 零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係(著:西尾維新)

減らされても絶えないつながり

 石凪萌太から依頼を受けていた哀川潤が、零崎人識と無桐伊織、闇口崩子を連れて闇口衆の拠点を襲撃する。まさに襲撃。その単純な襲撃に、色々と不確定な要素が組み込まれていって、なかなか予定通りには物事が進まない。

 絶滅寸前に追い込まれている零崎に未来はあるのか。戯言使いのお話が結ばれた先にある、本当の意味での事後談だろう。

   bk1

   

   amazon

   

西尾維新

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bcft/20100427/1272378104
ほらあなのてつがく

連絡先: kumakuma60_at_gmail.com ( _at_ を @ に変更してください。)

Connection: close