Hatena::ブログ(Diary)

Web系エンジニアbcoのメモ帳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-12-29

PHPをコンパイルした環境に、後からpgsql.soなどのモジュールを追加する方法

| 22:04

LinuxPHPインストールすると、後からDBmysqlからpostgresに変更(または追加)することになって困ったことはりませんか?

Linuxのみで、Windowsでは関係ありません。

その場合のモジュール追加方法をPostgreを例に説明いたします。

1.PHPソースファイルにあるextensionフォルダに移動します。

# cd /usr/local/src/php/php-5.2.1/ext/pgsql


2.phpizeを実行し、configureファイルを作成します。

# phpize


3.configureを実行

# ./configure —with-pgsql


4.makeを実行

# make


5.インストール

# su

# make install

これで pgsql.soファイルが作成されました。

作成された場所は

/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613

にあります。

※環境によってフォルダ名が変わります。


6.私の場合は、 PDOを使っていたので同様に pdo_pgsqlについても実行しました。

# cd /usr/local/src/php/php-5.2.1/ext/pgsql

# phpize

# configure —with-pdo-pgsql

# make

# su

# make install


7.次にphp.iniファイルを編集します。

 ; extensionsの置かれている場所

extension_dir = /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613

 ; 利用するextension

extension = pgsql.so

extension = pdo_pgsql.so


8.apache再起動してください。

PHPインストール後のPostgresモジュールインストール方法(Linux)|IT資料館(覚え書き)

checking for pg_config… not found

configure: error: Cannot find libpq-fe.h. Please specify correct PostgreSQL installation path

もし上記のエラーとなる場合には、「locate libpq-fe.h」の結果に出たパスの最下位のディレクトリを以下のように指定してあげると、動きます。

./configure —with-pgsql=/usr/local/some-app/postgres/


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bco/20101229/1293627841

Connection: close