Hatena::ブログ(Diary)

螺旋のモノリス〜京都湯けむり殺人神父ラヴィニーのドキ☆釘付け魅惑大胸筋〜

新・小説置場 旧・小説置場 旧・連載小説置場

2018-02-19 アイエエエ新天地!!

 まことに残念ながらバール氏は中二病をこじらせて涅槃に逝きました。これまでのご愛顧ありがとうございました。

2018-02-18 明日、新天地に向かうとする

f:id:beal:20180218231434j:image

 だがちょっと待ってほしい。テロリスト男子切嗣起源弾で魔術師再起不能にした際、間違いなくその場で殺しているし死体もいい感じに処理してしまったと思われる。このため魔術師協会でもただの失踪しか認識されていなかったのではないか。ゆえに魔術師殺しのことをケイネス先生が知らなくても仕方がなかったのではないか。ごめんよケイネス先生!!!! まぁそんなことはともかく、ケイネス先生はディムッドと初対面の時に「お前は無私の忠誠を捧げることだけが望みと言うが、聖杯戦争は甘い戦いではない。時として騎士道にもとるような非情な術策をとらねばならないこともあるだろう。お前はその時、騎士道と私への忠誠のどちらを優先するつもりなのか」と問わなくてはならない。ここの優先順位をはっきりさせておくことは重要だ。まぁ、望みが「今度こそ主を裏切らず、誇りある戦いを全うする」というディムッドであるからまさかケイネスより騎士道を取るとは思えぬので、言質を取る意味でのこの事前確認重要である。で、ディルムッドはそれでいいとして、ケイネス先生は魅了のホクロを戦力として運用することに

 時間切れ。

(抵抗はないのだろうか。まぁ、ないと言えばなさそうだが、積極的活用しそうな気がしないのである。舞弥はんとの偶発的接触に期待するしかないが、基本彼女斥候狙撃に徹しており、ディムッドの前に出てくることはありえない。今確認したが、魅了効果が発現するにはディムッドと女性対峙している必要がある。対峙、つまり双方向認識トリガーなのだろう。銃のスコープごしにディムッドを視認する機会もあったであろう舞弥はんが無事だったのはこのためである

2018-02-17 クッソ無様な文字数恥ずかしくないの?

f:id:beal:20180217231512j:image

 一人目は久宇舞弥はんである彼女はまぁ、使い魔を作る程度の初歩的な魔術は切嗣から伝授されてはいるが、魔術師としてはそこまで力量のある人物ではない。ゆえに、かなりの確率で魅了のホクロは効果を発揮すると考えられる。彼女さえ味方にできてしまえば、切嗣暗殺がかなり現実味を帯びてくる。まさか切嗣も舞弥はんが裏切るとは予想しないであろう。問題は二つ。ランサー陣営果たしてそんな騎士としても誇り高き魔術師としても正直どうなの、な方策を取る可能性があるのかということ。もうひとつは舞弥はんを魅了だけで裏切らせることが果たして可能なのかということだ。第一問題の時点で、なんというか無理筋ではないのかという気がする。切嗣がどれほど危険な男かをケイネス先生ディルムッドもまったく理解していない。そして理解した時にはもう手遅れなのである。だが――そもそもケイネス先生とて衛宮切嗣存在はあらかじめ掴んではいたのだ。その戦績も、

 時間切れ。

魔術師殺しとしての手腕も、把握しておくことは不可能ではなかったはずである。なにしろ魔術回路を全滅させる奴だ。どういう手段なのかは不明しろ魔術師界隈で有名になっていてもおかしくはない。なんで先生あんなに切嗣を侮ってたの? バカなの? 本当にもう噛ませになるために生まれてきたとしか思えない男である。慢心するのはギルガメッシュクラスになってからしろと言いたい)

2018-02-16 歩く修羅場製造機

f:id:beal:20180216230756j:image

 ほんで? なに? 次は? あん? アーチャー? はい無理無理。ライダーは百回やれば一回ぐらいまぐれで勝てるかもという希望があるが、アーチャーに関しては千回やっても結果は変わらないであろう。考察するだけ無駄無駄。勝ち目ゼロである。さて、まとめてみると、ランサー陣営にとっての鬼門は三名。衛宮切嗣イスカンダルギルガメッシュである。この三人をどう攻略するかが焦点となる。で、なんだ、正直どうあがいても衛宮切嗣に勝てるビジョンが浮かばないのだが、それでもどうにかならんかと俺は頭をひねった。捻った結果、ひとつ可能性に思い当たる魅了のホクロを有効活用できないだろうか。まぁ、劇中では登場人物軒並み野郎だったんで何の役にも立たなかったが、実際これは強力な能力であるセイバーとの初戦において、抗魔力スキルがなかったらセイバーも危なかった、としか読めない記述存在する。これは? つまり? 抗魔力スキル、もしくは豊かな魔術の素養がない女性はすべて無条件でディルムッドの味方になるのでは? そして思い当たる。魅了のホクロが効きそうな人物が、『Fate/zero』には二人ばかり登場する。

 時間切れ。

(とはいえ魅了効果もどこまでのものなのか、正直作中描写だけでは未知数なのであるが)

EndoEndo 2018/02/17 00:02 基本毎日楽しく興味深く時に驚きをもってバールさんの記事を拝見している者です。いつも更新ありがとうございます。
さて、こちらの事情ではありますが、最近パソコンをつける時間が中々とれず、拍手ボタンを押せません。(スマホからだと表示されないため。)
つきましては、スマホからでも拍手ボタンを押せるようよろしくですっ!

bealbeal 2018/02/17 23:12  ありやとやす!
 確認してみたら本当に表示されてませんね。うーん、なんでだろう。WEB拍手公式ページのよくある質問とか漁ってみてもそれらしい質問もなく、ていうか質問掲示板がスパム書き込みで埋め尽くされているのを見て暗澹たる気分になり、あれ、そういや遠藤さんのブログの拍手ボタンはスマホで表示されてたよな、と思ってスマホで検索をかけたらブログと同タイトルのカクヨム投稿作品を発見してしげしげと読みふけり、いや違う今はそれを読んでいる場合ではないと思い立ったのが今です。
 あの拍手ボタンてブログにデフォでついてる機能なんですかね? だとしたら、うーん別のブログに移転するぐらいしか対処法が思いつきませんね。
 まぁそのへんの進退は明日決めます。

bealbeal 2018/02/18 23:13  いろいろ調べてみた結果、当方が使っているはてなダイアリーの進化形態たるはてなブログにおいては、スマホでもPCと同じ画面を表示できるようですので、移行してみようと思いまっする。

2018-02-15 順調に下がっている文字数ェ……

f:id:beal:20180215230433j:image

 そもそもゴルディアスホイールの時点でずる過ぎる。なんですか飛行宝具って。それはダメでしょう。空飛べる奴と飛べない奴ではそもそも戦いが成立しない。戦いを始める/終えるの主導権を完全に握れるということであり、ずるいの一言である。(余談だが『レクリエイターズ』で飛行できるということのチート性が描かれなかったのがなんかもにゃもにゃした)で、それでもまぁ、どうにかディルムッドがイスカンダルはんに勝つプランはないものかと頭をひねる。……戦車に、飛び乗ったりできないだろうか? これができるなら勝負は一気にディルムッド有利になる。そもそもライダーは飛び道具を何も持っていない。攻撃しようと思ったら雷気をまとった体当たりしかないのである。そうやって迫ってきたところを、なんかこう、ねえ? どうにかして、乗れさえすれば勝てる。これはヘタイロイの皆さんの介入を防ぐという意味でも素晴らしい案だ。しかし――まぁ、無理であろう。蹂躙走覇時の戦車はたぶん全身が攻撃判定になっていると思われる。じゃなきゃいろいろ説明がつかないしな

 時間切れ。

(ところでFGOでイスカンダルはんは期間限定の超レアサーヴァントであり、今はもう何度ガチャを回そうが決して出てこないと知り、俺氏、咽び泣く)

Connection: close