Hatena::ブログ(Diary)

深呼吸する言葉・ワナタベジンジンタロウ

深呼吸する言葉ネットワーク
2008 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

2018-06-13

起きてはいけない/合掌・63

アメリカの高校での銃弾。

本来、起きてはいけない場所での殺人だ。

が、戦地だからといって、いいわけではない、いいはずがない。

戦地はかつて、暮らしの場所だったのだから。

合掌の日々が、相変わらず続く。

f:id:beatjw:20180516120855j:image

f:id:beatjw:20180516122730j:image

beatjwbeatjw 2018/06/13 21:38 ▲『東京道2018』(写真上)、『水面』(写真下)
 稀に立ち寄ることが出来る場所だ。
 水面もしばし、眺めている。

beatjwbeatjw 2018/06/13 21:38 【短い詩を3つ】
 米朝か、朝米か。
 いずれにせよ、そうした日に、ふいに思い出した詩。
 3つ、紹介したい。
 こうだ。
 八木重吉氏の詩である。


『わが児』
 いったんのいきどおりにわが児をなぐっても
 泣きもせずにすがってくるわが児を またなぐっても
 泣きもせずまたすがってくる おお


『桃子』
 いらいらして
 桃子に拳骨をくれて
 父っちゃんこわいかと聞いたら
 こわいと言う
 いい父っちゃんかと聞くと
 いい父っちゃんと言う
 だらしのない
 それでいてとても敵わない考えだ


『桃子よ』
 もも子よ
 おまえがぐずってしかたないとき
 わたしはおまえに げんこつをくれる
 だが 桃子
 お父さんの命が要るときがあったら
 いつでもおまえにあげる


 随分と物騒な父親だ。
 が、かつては、父親は子を平気で殴ったのである。
 わたしに、その記憶は、あまりないが。

 ただ、親父が1度、暴れてギターを3台、めちゃくちゃにされたことがある。
 あれは今なら分かる。
 ギターは幸い、もらいものだったが。
 あ、逆にまずいか。

 ともあれ、子殺しや、無差別・無区別殺人。
 まるで自殺のような他殺ばかりだ。
 そうした中、他殺のような自殺も。

 朝鮮戦争で潤った領土で暮らしながら、安楽椅子に座って、床屋政談をしているセンスは、残念ながら、ない。
 だらしのない、それでいてとても敵わない心情と出逢いたいと痛感しているだけのような、昨日今日だ。

 どうか、今日も、ご無事で。

beatjwbeatjw 2018/06/13 21:39 【追記/「何だかなあ…」】
 最近、朝がつらい。
 あ、昔からか。

 変わったのは、深夜もつらくなったことか。
「年だわなあ」

 佳き日々を。