Hatena::ブログ(Diary)

旧・かぶとむし日記 このページをアンテナに追加

2018-05-23

鴻巣のポピーまつりと、母の命日で墓参り(5月20日)。

| 鴻巣のポピーまつりと、母の命日で墓参り(5月20日)。を含むブックマーク



f:id:beatle001:20180523105907j:image


母の命日。


家族鴻巣ポピーまつりの会場で待ち合わせる。ポピー会場へ到達するまでのクルマ渋滞、駐車するまでにしばらく時間がかかる。娘たちは、さらにうしろに並んでいるのが携帯の連絡でわかった。先にクルマが置けたので、ポピー畑を散歩する。ポピーがまさに盛りも盛りで、一面に広く咲いている。ただ、日陰がないので、日差しが強い。


しばらくして、娘・夫・双子がやってきた。双子のひとりと手をつなぎながらポピー畑のなかを歩く。


f:id:beatle001:20180523110525j:image


f:id:beatle001:20180523110339j:image


f:id:beatle001:20180523110056j:image





時間ほど遊んでからわたしは娘たちのクルマに乗って、道案内し、熊谷の弟の家へ向かう。妻は、ひとりで向かう。


先にお寺へ着いて、妻・弟・弟の奥さん、が来るのを待つ。娘の夫と双子にとっては、わたしの父母の墓参りは、今回はじめて。


みんなで、近くの「徳寿庵」にて食事。弟とわたしは、焼酎ボトルをたのんで、酎ハイをつくって飲みはじめる。双子は、クルマのなかで眠ったので、寝起きで不機嫌。弟夫妻がはなしかけても、答えない。最後のころになると、弟がおどけたしぐさで話しかけると、ケラケラ笑っていた。


娘たちは先に帰り、わたしと弟は、さらに飲み続ける。