Hatena::ブログ(Diary)

カナンを夢見ながら

2008-12-15

[] 韓国のシブヤ系ユニットPeppertones  韓国のシブヤ系ユニットPeppertones - カナンを夢見ながら を含むブックマーク

exciteのニュースで韓国のシブヤ系デュオPeppertonesが、日本でデビューするという記事がありました。*1このブログでも、以前You Tubeめぐりで見つけた彼らの「April Funk」という曲をご紹介したことがありましたが、私はこの時は彼らの曲をそれ以上探しませんでした。しかし、これは大失敗だったようです。

彼らの「Ready, Get Set, Go!」という曲を聴いたところ、初期シンバルズの爆発的な勢いのあるリズムとRound Table feat. Nino あるいは菅野よう子の流麗なストリングスが合わさったような、疾走ギターポップになっていました。ネオシブヤ系は軒並み電子ポップの方向に進んでしまったので、私はこの手のギターポップをやるアーティストは、、日本でももはやrisette くらいしか思い浮かびません。


D


D


Cymbalsの爆発的疾走感が堪能できる「Highway Star,Speed Star」。問答無用の名曲です。

D


しかし、このユニットは、ネオシブヤ系的な電子ポップスでも、素晴らしい曲を作っています。

D


しかし、日本初の音楽が、海を渡り、異国で素晴らしい音楽を生み出す契機となったとは。シンバルズの遺伝子が、韓国で脈々と息づいているとは、想像だにしていませんでした。いずれにせよ、Peppertonesは、ギターポップファンの飢餓感を満たすに十分すぎるほど素晴らしい曲を作りだしているようです。

2008-06-03

[] タイのスウェーディシュなポップアルバム『Buzz Music』  タイのスウェーディシュなポップアルバム『Buzz Music』 - カナンを夢見ながら を含むブックマーク

You Tube でたまたま見つけたタイポップスが、思いもよらず良かったです。タイの「BUZZ」というファッション雑誌が企画した『Buzz Music』というアルバムがあるらしいのですが、このアルバムの楽曲は、同じタイのLa Ong Fong を彷彿とさせるスウェーディッシュポップスやソフトロックばかりでした。

このような90年代に流行したお洒落サウンドは、最近はなかなか聴けないので逆に耳新しいです。タイポップス恐るべしと思いました。



参考


D


D


D

2007-12-13

[] タイのP2Warship  タイのP2Warship - カナンを夢見ながら を含むブックマーク

原色X」さんでタイのポップロックバンドP2Warship が採り上げられていたので、You Tube で探して聴いてみました。曲によって曲調が結構違う感じでしたが、同じタイのLa Ong Fong を思い起こさせるような爽やかなギターポップ調の曲もありました。


D

2007-12-09

[] Waa 「一起去旅行 (Sunday Trip)」  Waa 「一起去旅行 (Sunday Trip)」 - カナンを夢見ながら を含むブックマーク

台湾の女性歌手Waa の曲をMy Space で聴いたのですが、これが無茶苦茶良いです。音は電子音を使ったお洒落ポップという感じで、ネオ渋谷系に非常に近い音楽性を持っている人だと思います。

特に「一起去旅行 (Sunday Trip)」という曲は素晴らしく、その洗練されたメロディーとささやき歌唱は、ギターポップ好きのツボをつきまくっていると思います。


Waa : Myspace

D

D

2007-11-16

[] インドの「ラジオスターの悲劇」  インドの「ラジオスターの悲劇」 - カナンを夢見ながら を含むブックマーク

バグルスの超名曲「Video Killed The Radio Star」をインドの人がカヴァー(?パクり)しています。何かもの凄いことになっています。

D


ラジオ・スターの悲劇+3

ラジオ・スターの悲劇+3