wiredBeep - gblog

gblog: generalized blog または「愚ブログ」

2007-05-07

[] HARIBO MACHT KINDER FROH... 23:52

今、HARIBO (ハリボー) の金熊 (GOLDBAEREN) を食べている。近所の Denny's のレジ脇に置いてあったので、つい買ってしまった。固ぇ…。食べたことのない方のために説明。どれくらい固いかというと、幼稚園のころ、両親に「歯が強くなる」と言われてたべさせられた程である。全人類に HARIBO を無料配布すれば、顎の退化は完全に防がれる。

そんなに固いものを何故好むかというと、ひとえに幼きころのことを思い出すからである。ヨーロッパ住いだったあたしは、お菓子といえば HARIBO であった。日本上陸がいつだったか忘れたが、久しぶりに目にしたときは涙が溢れそうになった。

日本でも「おいしい!」という声はよく聞くので、あたしの感慨補正だけではないはず、あの美味さは。食べたことのない方は試していただきたい。金熊かハッピーコーラがお薦め。

ところで、一方、全然お薦めでない HARIBO もある。偶然見付けたので、こちらのblogから紹介:

その名は「シュネッケン」。あまりの不味さにローマ字表記を調べるのも嫌である。「ヨーロッパの子供は皆好き」という声も聞くが、元「ヨーロッパの子供」として断言するが、


あれは不味い


果てしなく不味い。限りなく不味い。こういう子供が少数派だということはわかっているのだけれど。

しかし、「世界一不味い」というのは若干言い過ぎの感がある。ヨーロッパのグミにはもっと不味いものがある。名前は忘れた (例によって調べたくもない) が、以下のような特徴を持ったグミをおみやげにしたところ、大不評を買ったことがある:

  1. 見た目が芋虫
  2. しかも真っ赤
  3. 辛い
  4. ともかく辛い
  5. あと、臭い
  6. 冷蔵庫に入れると、翌日には冷蔵庫自体が臭いだす

どのようなコンセプトをもって作ったのか疑いたくなる。

ちなみに、こちらはヨーロッパでもそんなに人気があるわけではない…と思う。アメリカのお菓子も不味いもの多し、だが、ヨーロッパのお菓子はアメリカとは違う意味で不味かったりする。アメリカは甘過ぎることが多いが、ヨーロッパはそもそもコンセプトが斜め上を行っていたりするわけで。

おためしあれ。

kazimakazima 2007/05/12 14:00 デスレインもよろしく

beeplexbeeplex 2007/05/13 12:23 ゲテものを食べる趣味はないんだよぅ… (T_T