wiredBeep - gblog

gblog: generalized blog または「愚ブログ」

2008-05-15

[] いろいろ 00:33

テキストエディタvim をしようしていますが、フォントを変更しました。

を参考に。つかっているのは、

の「M+2VM+IPAG circle」。

新鮮な気分になって良い感じです。

メイルのシグネチャと本文の区切りは「-- 」(最後に半角スペース) だと思っていたのですが、情報源を失念。

検索しても、全然わからない。

うーん、最初はどこで聞いたんだっけか...

Jargon辞典

検索・置換ツールとして、

を使い始めました。やっと良いものが見つかったかんじ。

joejoe 2008/05/30 08:12 RFCに載ってたって聞いた。検索したらこんなの出てきたよ。
http://www.kanzaki.com/memo/2006/03/03-1

beeplexbeeplex 2008/06/01 18:50 おお。ありがとうございます。
sig-dashes っていうんですね。
会社で確認してみたら、プログラマーでもろくに使っていなかったという...

2008-04-15

[] 一ヶ月か... 22:58

いろいろあったけど、私は生きてます。(ジブリ映画のキャッチコピー的な意味で)

さて、ジブリ映画といえば、私はひととおり見ようとはしているわけなので、ゲド戦記なども見たわけです。

なぜ急にゲド戦記かというと、今日、仕事中に何の前触れもなく「○○なのら〜☆」という語尾が頭に浮かんできて、離れなくなり、ああ遂に私も人間として終了をいたしてしまったか、などということを後ろの席に座っている、仲の良い同僚に言ってしまったとしたら、いやいや君という人間は、私が出会う遥か以前から終了、それどころか、そもそも人類が一員として始まっていたのかすら怪しいのだよ君、と貶されてしまうことは火を見るよりも明らかなのであって、そのようなことは嫌であるので、一体この語尾は何なのだろうと思考してみて、はたと気づいた。

これは以前 OH! FM-TOWNS なる場末のパソコン雑誌、ただし当時はパソコンとは呼ばず、マイコンと呼んでいた、などということはなく、すでに次に示す一行を除いて、ほとんど嘘、大げさ、紛らわしい事項しか書かれていない入門書に、パーソナルコンピューター、親しみを込めてパソコンと呼びましょうなどと嘆かわしいことが書かれていただけではなく、MPC すなわち、マルチメディアパソコンなる、その明確な意味を誰も理解しないまま死語となってしまったマルチメディアという語を大仰に用いた規格すら生まれていたような時代の雑誌に、「谷山浩子の気絶寸前なのら〜☆」なる記事が載っていた。

当時小学生であった私はこの谷山浩子なる人物が何者か知る由もなく、どちらかといえば、知らぬことに埋め尽くされた大人の世界に生きる、大人だけが知ることを許された歌手なのだろう、と、どこか甘酸っぱいような、どこか図書館のにおいを感じさせるような感慨を持ってその記事を、しかしとても楽しみながら読んでいた。

それが今日思い起こされ、気になって調べてみると、テルーの唄の作曲をされたということらしい。よくよくWikipediaなどを見ると、それなりに以降も名前を見たことはあったのだろうが、まったく、あのOH! FM-TOWNSのゆったりと人間味を感じさせる、それはまるで徹子の部屋のごときエッセイと結びつくことはなかった。ここでものごとを結びつける力、すなわち、「作曲:谷山浩子」の6文字から、自らの記憶と当時の感慨、その他もろもろをたどる力というのは、実は人生を豊かにする重要な能力なのかもしれないと感じた次第。

[] パズル 00:37

最近、二コリのパズルの本をやってるんですよ。

スリザーリンクはちょっとだけ得意なんですよ。

時間計ったら、二コリ的には「中級」と「上級」の間くらいだったんですよ。まあそれだけ。

2008-02-21

[] 私飛んでも凄いんです 23:11

《戦闘妖精・雪風》は凄いんです。もうね、Amazon.co.jp から届いた SFマガジン2月号を読んでぷるぷる震えたわけです。現在不定期連載中の《戦闘妖精・雪風》第三部。ちょうどこの号に『雪風が飛ぶ空』が載っていたために、古い号を注文したわけですが。やっぱり凄い。凄い凄いと思っていたけれども、それ以上に凄い。『グッドラック』にてジャムの認識と存在との間に相補性とも言えるものが見えていたが、更にそれが推し進められた。認識と現実との相補性、とでも言おうか。雪風が面白いのは、ひとつは誰にでも感情移入できることだと考えている。むしろ零に感情移入できる人が居たら賞賛したいのだが、脇役の気持ちに入り込むのがここまで楽しい小説もなかなかないと思うのです。雪風だとか、コンピュータだとか、そういう対象に感情移入するほうが、主人公に感情移入するより簡単だというのが、《雪風》のテーマを色濃く反映しているようで好きなのですが、ここにきて、ジャムへの感情移入も大幅に促進されてきた、という感じ。いや、多分人間の感覚で言う「感情」などはないのだろうけれども。つまり、ジャムに感情移入、という認識行為を行うこと自体が、ジャムに感情がないという現実を消し去るのである。あ、なんかうまいこと言ったかも。

現在の問題点

  • またまたサイゾーを買ってしまった。買っても後悔することは知っているのだけれど。面白かったけどね。
  • 牛乳配達のお金を払い忘れてた。催促されたので、コンビニに行った。払い込み用紙の期限が切れているといわれて払えなかった。三すくみ。

これからの野望

  • ワンフェス。並ぶほどではないかも。でも、早めに行く理由は出来たかも。

あきまさあきまさ 2008/02/22 01:30 BB4Win系を使ったりはしないの?

beeplexbeeplex 2008/02/22 08:24 会社でそんな特殊なツールは使えないです…。
いろいろな環境を触るので、カスタマイズは必要最小限にしたいですし。迷った末にファイラーだけは導入したって感じです。

kazimakazima 2008/02/23 21:53 Cubicを標準のファイラにするにはどうすればいいのかな?

beeplexbeeplex 2008/02/24 00:35 標準とは?
ShellExecute() API でフォルダを指定したときにCubicが出るようにするとか?
よくわからないですが、
http://d.hatena.ne.jp/TakamiChie/20060617/1150508422
とかいかがでしょう。
ちなみに、Cubicはネットワークドライブ (¥¥server_name¥ みたいなの) が開けない気がします。

2008-02-14

[][] 半地下。または最近のFLV事情 23:52

覚え書。参考になる方もいらっしゃるかも。

Media Player Classic で最近の FLV を再生しようとしました。

色々苦戦して、これで何とかなるかな? というのが以下。

  • FLV4 は http://not.s53.xrea.com/xite/memo/mpc/mpc6491c.html から落とした、clsid版「Media Player Classic Version: 6.4.9.1 clsid 20080127 - (JPN) R4」(mplayerc_20080127_jpn_r4.zip) 単体で再生できました。
  • FLV1 は更に http://matroska.at.infoseek.co.jp/#ffdshow から落とした「ffdshow May 8 2006 22:08:21 (icl 9, x86, unicode)」(ffdshow-rev2546-SSE2.exe) をインストールし、FLV1 のコーデックを設定したら、Media Player Classic で再生できました。

[][] 最近お気に入りのフリーソフト 23:52

Windowsでの作業がすっかり増えたので。

  • FrontIt (http://www.ogonigo.com/ の下のほうからDLできます)。任意のウィンドウを最前面・最背面表示するソフトです。ブログを書いたり、プログラムを組んだりするときに、メモ代わりに何かを見たいことありますよね? そういうときに重宝します。
  • Cubic Explorer (http://www.cubicreality.com/cubicexplorer/download/)。いわゆるファイラーです。freeCommander などたくさん良いものはありますが、必要最低限の機能をサポートし、見た目、操作感が良いので、これを使用しています。まだver 1 に達していないためか、荒削りなのと、正規表現をサポートしていないのが残念。

2008-01-26

[][] ヘッドホン購入 23:29

iPodで使うためのヘッドホンを買ってきました。髪が伸びたりしてるし、外出中はすぐにイヤホンがずれたり外れたりするので、ヘッドホンが欲しかったんですね。

元は耳に引っ掛けるタイプのものがあればいいかなと思ってたんですけど、あれを引っ掛けるのが苦手だということを、アキバソフマップ本店で思い出してしまったので、ネックバンド形のを買うことにしました。要は、耳に当てるヤツの間を繋いでいるプラスチックのあれが、頭の上ではなく、後ろのほうについてるタイプです。

外で使うものだから、折りたためるのがいいなあ、音の差が結構有ると聞くから、聞いたことないメーカーのはやだなあ、デザインは有る程度iPodにあわせたいなあ、などと考えて買ったのがこちら。

で、使ってみたわけです。

やべぇ。

別に高いヘッドホンではないのだけれど、パッケージに「Bass Booster」と書いてあるだけあって、低音が凄い。低音を強調しているのだろうから、製作者の意図どおりかはわからないが、今まで聞いていた曲が、全然違うように聞こえる。リミックスレベルだ。しばし感動していた。明日から早速実用してみたいと思う。

[][] MoinMoinちょっと更新 23:29

最近、gblogはどちらかというと日記、ニュースに特化させたいと思っている。つまり、あまり時期に寄らない話題は、beeplex.net 本体に書いていくので、ここの更新が少なくても、許していただきたいのだ。beeplex.net 本体は (サーバーのPythonにPyXMLが入っていないために) RSSに対応していないので利便性に欠けるが、日記形式よりWikiの方が適していると感じている。

Wikiエンジンとして使用している MoinMoin はソースコードを色付け表示できるようになっているが、デフォルトでは対応言語が少ない。

OCaml用は404 Not Foundから落としてきた。これをいじってSmalltalk用を作製し、ともにbeeplex.netのMoinMoinに適用した。今のところいい感じで色付けしてくれているようだ。