Hatena::ブログ(Diary)

ラシウラ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-07-18

DVR-MS形式からAVI形式へ変換

Windows Mediaセンターの録画フォーマットであるdvr-ms形式から、編集しやすいaviに変換する方法としては、結局GraphEditを使うのが一番楽だった。

GraphEditは現状Windows SDKについてます。x64版のWindows SDKでは以下にあります。

ただし、x64版のSDK付属のGraphEditだとx64系のフィルタ(現状、圧縮系がffdshowくらい)しか使えないので、32版のGraphEditをとってきて、いろいろなコーデックパックとともに使うほうがやりやすかったりします。

起動して、dvr-msファイルをドロップすると、再生までのフィルタグラフが出てきます。水色四角のアイコン「Insert a filter into the graph」を押し、エンコード系のフィルタを追加します。

  • Audio Compressors - MPEG Audio Layer2 (ここでMP3だと編集後の音ずれ可能性が大きくなる)
  • DirectShow Filters - AVI Mux
  • DirectShow Filters - File writer: 出力ファイルを指定
  • Video Compressors - Xvid MPEG-4 Codec

RendererへのリンクをDeleteで削り、デコーダのOutからエンコードのInへドラッグでつないでいきます。

graphedit

結果このようになります(重要なのは右側4つ)。

この状態で、緑三角を押せば、変換開始がされます。

変換後のAVIファイルは少し悪いようで、VirtualDubで開くと、

warning just from graphedit

という警告が出ます。VideoとAudioを「Direct Stream Copy」にし、CMカットなどして「Save as AVI」で保存すれば、普通再生できるaviにすることができました。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。