sincerely my thought RSSフィード

                    このブログではアニメの感想・批評を主に取り扱っています。
                    たまに書評・思ったことなどを綴ったりもします。知らない事は語りません。

                    mixiでアニメ批評・研究・推進委員会というコミュ二ティ運営中。
                    livedoor wikiにてアニメスタッフデータベースを作成しています。

                    反論・批判はあまねく受け入れますが、
                      誹謗中傷、内容に関係の無い発言はこちらの判断で削除させていただく場合がございます。ご了承ください。(質問は別)



おすすめ本

※ぼくたちの洗脳社会は岡田斗司夫さんのHPで無料観覧できます。
▼Link
WEBアニメスタイル  映画ジャッジ!  ビデオニュース・ドットコム 
JAniCA
  アニメ!アニメ!

2010-05-27

公式資料等から見る今回の国・県・自治体の口蹄疫対策の流れ Part.2

Part.1はこちら

詳しくは農林水産政策会議の資料・議事録をご参照ください。

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kihyo01/seisaku_kaigi/index.html

210例目〜218例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ7,320名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約4,240名)

219例目〜224例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ7,824名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約4790名)

郡司農林水産副大臣記者会見

口蹄疫対策特措法案成立

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100528dde041040037000c.html

口てい疫 9万頭余処分終わる

http://www.nhk.or.jp/news/html/20100528/k10014746411000.html

  • 5月28日

農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ8,294名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約4,520名)

225例目〜232例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ8,770名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約5,070名)

233例目〜238 例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ9,226名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約5,360名)

赤松農林水産大臣が2度目の宮崎県訪問。

239例目〜247例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ9,659名)。自衛隊の派遣、約300名(延べ約5,670名)

鳩山首相が宮崎県を訪問。赤松農林水産大臣記者会見

248例目〜253例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ10,163名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約5,960名)

鳩山首相が辞意を表明。

254例目〜264例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ10,683名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約6,240名)

265例目〜269例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ11,216名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約6,520名)

郡司農林水産副大臣記者会見

えびの市、清浄化を確認。移動・搬出制限解除。

270例目、271例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ11,692名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約6,870名)

口蹄疫対策特措法案が施行

赤松農林水産大臣退任記者会見

272例目〜274例目の疑似患畜を確認。自衛隊の派遣、約280名(延べ7,080名)

275例目の疑似患畜を確認。自衛隊の派遣、約280名(延べ7,420名)

276例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ12,905名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約7,760名)

菅新内閣発足。山田正彦農林水産副大臣が農林水産大臣に就任。

277例目〜279例目の疑似患畜を確認。農林水産省職員や都道府県の獣医師等の派遣(延べ13,329名)。自衛隊の派遣、約280名(延べ約8,040名)

第3回口蹄疫対策本部開催

川南町から約50キロ離れた、宮崎県都城市の農場に疑似患畜を確認。午前9時、第4回口蹄疫対策本部開催。以下、官房長官記者会見引用

昨日、小川勝也補佐官を現地入りさせて、今日篠原農水副大臣は、既に10時45分に現地に到着をしておるようであります。それから、警察庁からは160名を今まで派遣をしておったようですが、今朝、140名、更に増派を決定いただいて、その行動に入っていただいております。それから、消毒ポイント、これは高速道路インター4か所、消毒マットから消毒槽に変更をすると、つまり、より良い消毒効果が出るような措置をとったと。それから国道3か所も本日から15か所に増加をして、その動きについて消毒を行なうということに国土交通省の方は既に手配済みということでございます。今回は既に正常化が確認されております「えびの市」での経験を踏まえて迅速な初動対応の言わば第1号として取り組まれるというのが、「都城」の現在の患畜の出現とその取り組みでございます。3頭はもう既に処分をされておるようでございますが、全てで208頭がその周辺にいるようでございますが、この殺処分を午前中に終了する見込みというふうに、私共のところに入ってきております。

郡司農林水産副大臣記者会見

281〜285例目の擬似患畜を確認。うち、3例は新たにワクチン未接種の3農場(宮崎市・西都市・日向市)で確認。

9時半、第5回口蹄疫対策本部を開催。以下、官房長官記者会見より転載

総理から発言がございまして御挨拶ございまして、今回の事案は従来からの発生地域である川南町周辺の発生地域が外延に広がったものであり、初動対応として迅速に殺処分・埋却を行なうことが重要であり併せて農場周辺の消毒を徹底的に行なうよう指示がございました。今回のうち、特に日向、宮崎の発生は、従来重視していた北の耳川、南の一ツ瀬川のラインを越えたものでございますが、その拡大の原因は、そもそも川南町周辺の発生地域ではまだ牛1万2千頭、豚1万9千頭が殺処分されない状態でありまして、これらの殺処分・埋却の遅れが口蹄疫の拡大の主要因であり、まずこれらの殺処分を急ぐことが、極めて肝要である。現地本部において引き続き全力を挙げる考えであることが総理から挨拶されました。農林水産大臣からは、いすれの事例についても、昨夜から処分・埋却に着手しており、本日中にも処分を終える予定で取り組んでいる。感染拡大防止のため、通行車両等の消毒を強化している。三つ目、感染の北上及び南下を防止するため、日向市においては国道10号線、宮崎市及び西都市においては主要地方道に消毒ポイントを設置するとの報告がありました。これらの報告を受けまして、本部においては、口蹄疫について、危機管理上の重要な課題として菅内閣として、断固たる決意をもって対策に取り組んでいくことについて申し合せをいたしました。

山田農林水産大臣記者会見

286例目、287例目の疑似患畜を確認。

菅首相が宮崎県を訪問。現地視察も行なう。

288例目の疑似患畜を確認。

第14回牛豚等疾病小委員会を開催。

289例目の疑似患畜を確認。

第6回口蹄疫対策本部を開催。以下、官房長官会見より転載。

総理からは、この、いわば「国家的な危機」に対して、政府としては感染拡大の防止を第一に考え、全力でこれに取り組んでいくべきものであって、経営再建についても国が責任をもって支援しなければいけないということ、まずはそれが一つ。それから、2番目、国と県、市町が、適切な役割分担の下で作業を進めていくべきであること。3つ目、引き続き、この危機管理上の重要課題に対して、感染拡大の防止に全力を尽くしていただきたいと、こういうご発言がございました。このように総理より、とにかく、政府としては感染拡大防止を第一に考えて、全力でこれに取り組んでいくようご指示がありましたので、感染拡大の原因である患畜などを一刻も早く処分するため、私(官房長官)より6月20日までに患畜と疑似患畜を計画的に処分をする段取りをつけた旨報告をさせていただきました。関係各省に対しては、そのために必要な獣医師や自衛隊の人員の確保を関係閣僚にお願いを致しますとともに、危機管理の観点にたって、特にスピード感を持って、徹底した防疫措置を実施していくことにつき申し合わせたところでございます。また、山田農林水産大臣からは、処分に携わる獣医師や保定者の増員についての発言がございました。さらに、昨日の深夜、宮崎県西都市のワクチン接収地域以外の一農場におきまして、宮崎県が臨床症状及び飼養管理状況から疑似患畜と判断を致しました。直ちに当該農場の飼養牛33頭全頭の殺処分を開始致しておりまして、本日中には埋却を完了する予定であるという報告があったところでございます。

宮崎県東諸県郡国富町の農場(移動制限区域内・ワクチン接種区域外)において、家畜伝染病である口蹄疫の290例目の疑似患畜を確認

郡司農林水産副大臣記者会見

口蹄疫対策に226億円を予備費から追加支出することを閣議決定

山田農林水産大臣記者会見

宮崎県宮崎市の農場(移動制限区域内・ワクチン接種区域外)において、家畜伝染病である口蹄疫の291例目の疑似患畜を確認

第7回口蹄疫対策本部を開催

http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201006/18_p.html

alfaalfa 2010/06/04 02:20 えびの市の方は無事、終息したみたいですね。とりあえず一安心です。
種牛の方も潜伏期間を考えればもう安全圏でしょうねぇ。
あとは抗体が出来てない事を祈るばかりです。

今回は感染力が強いという話ですが、キチンと対応していれば防げるものではないのかとの感想です。発見時期や飼育環境も関係あるのでしょうが。

川南の場合は発見の時期や家畜の密度よりも、自治体の規模も影響したのではないか?と感じます。町が防疫計画のなかでどのくらいの任を負っていたのかはわかりませんが。

2010年04月22日
『口蹄疫にかかった牛は殺されて埋められるとのことですが、一緒に養われていた牛も総て殺され埋められるとのことで「先にねずみの駆除をしてから」にしないと「えさ」がなくなったら「ねずみ」が近所の牛舎や豚舎に移動して口蹄疫を拡げるので早く役場に「ネズミ駆除」の指導をするように頼んでくれと言うのが弟の助言でしたので、すぐ役場に電話しましたが、役場はそこまではできないとの返事でした。それと埋める場所が少し掘っただけで水が湧いて「ダメ」とのことで苦慮しているとのことです。』

一応24日の時点までに周知は行った?もよう

『自然界の動物(ねずみ・鳥)やはえ等の対策は畜産農家自身で行うようにと言われて弟(養豚)も消毒に追われて疲れきっています。』


土地の確保も指針では都道府県となってますが、移動を極力避けるわけですし、えびの市の場合でも県ではなく、でも市が確保していた土地を使用したようです。この場合は町が確保するはずなのでしょうか・・。町が確保すべきだった場合、確かに地図上では土地は広いようですし、田舎で地価は安そうですが、果たして町がどれほど確保能力があるのか疑問です。

また、規則的に確保する土地の広さ等の規定がみつからないので、もし規定が無いのであれば、今後は飼育規模に応じて必要な土地確保を規定していく必要がありそうです。

さらに、4月22日の時点で土地の選定に悩むという点。農家の土地なのか確保していた土地なのかわかりませんが、確保していた土地ならば今後は地質調査も必要になるのかと。農家の土地だった場合は、今後、地質的な問題も考えておく必要があるかもしれません。(焼却できるような方法を用意しておくなり。)

<おまけ>
6月1日分に地図情報。 
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2010/06/index.html

ソースとしては弱いけど、国道10号消毒問題・・・
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2010/05/post_1518.html
消毒についても国道10号線で徹底的にやるべきだった。僕はここまでおおごとになる前に早い段階で提案をしていた。それは、10号線そのものに消毒ポイントを設けるのではなくて、そこから伸びる幹線の入り口のアスファルトの表面をはがし、そこに消毒液を流し込む。そこを速度を落として通過してくれれば、とりあえずタイヤの消毒はできるわけ。それを提案したところ、国土庁はOKしてくれたのに、なんと宮崎県警が「GW中だから大渋滞する」といって停めた。

指針
(イ)規制の履行の監視及び共同車両消毒施設の円滑な運用を図るため、警察等の協力を得るほか、運送業者等への連絡を行う。

alfaalfa 2010/06/04 02:25 確か警察関連あったなと検索t途中にみかけちゃったんですが、危機管理体制の構築・・・。

こういうのって防災訓練なんかと同じでどこでも形骸化してるんでしょうねぇ・・・。1度全国的に点検しておいた方がいいかもしれませんねぇ。家畜伝染病に限らず防災とかイロイロ。

第3 防疫対応の強化
1 危機管理体制の構築
本病は、発生予防からまん延防止に至るまで、様々な関係機関が連携して対応することが必要となる。このため、日頃より本病発生時の通報・連絡体制を確認するなど、農林水産省、都道府県及び市町村の各段階で、危機管理体制の構築に努める。
また、都道府県は、万一の発生の際に、円滑な防疫措置を講じることができるよう、隣接都道府県及び都道府県内関係者の参加を幅広く求め、防疫措置についての打合わせ及び発生時を想定した防疫演習を実施し、まん延防止体制の調整、周知、点検及び改善に努める。

alfaalfa 2010/06/07 22:50 今となっては不思議な消毒薬の謎。

おなじみの、口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針によれば、
「都道府県は、緊急時の防疫資材の入手方法等を検討するとともに、初動防疫に必要な資材の備蓄に努める。」

そして、4月末〜5月頭で都道府県の確保能力の限界に達して国にSOS。確かに連休から連休後あたりには話題になったけど、そのご不足という話はついぞ聞かない。

使用量に関しては、消毒ポイントや発生状況、エリアを考慮すると数十倍、期間等も考慮したらもしかしなくても100倍超えてるのでは?

1都道府県の限界を越える何倍もの量の消毒薬を、一体どうやって確保してるんだろうか・・・。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/benitomoro33/20100527/p1
Connection: close