Hatena::ブログ(Diary)

すちゃもく雑記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-12

[]HRN報告書がスルーしたパンダリング罪(2252(A)(3)(B))について 18:13

HRN報告書『日本・児童ポルノ規制の実情と課題』に関して、HRNが挙げた「児童ポルノ」として挙げたビデオは表見児童ポルノであり児童ポルノではないと批判されている。また、HRNが「児童ポルノ」であるとした理由が小児科医の専門的な判定であったことに対してタナー法がCGポルノ裁判で否定的に扱われたことからこれも批判の対象となっている。

思うに、HRNはもっとも悪質とした作品について「仮にこれらの作品が児童ポルノではなかったとしても、米国法のパンダリング罪を考えればこれらの作品は児童ポルノ法で処罰すべきである」と主張すればこのような批判は受けなかったとは言えないまでも和げることができたのではないだろうか。*1

パンダリング罪(2252(A)(3)(B))は以下のように定義されている。

故意に、性的にあからさまな行為に関与する児童わいせつな視覚的描写、若しくは、性的にあからさまな行為に関与する実在する児童の視覚的描写が、当該物に含まれていると信じていることを示すような様態、または、他人がそのように信じるよう意図した様態で、州際若しくは国際取引において、コンピュータなどの手段によって、宣伝、頒布懇願する行為等を行った者

本規定についてはWilliams判決で合憲判決が出されている(ただし学説上は違憲説が強いようである。たとえば加藤隆之氏は「他人がそのように信じるよう意図した様態」については違憲としている)*2

なお、提言のなかにはパンダリング規制を想起される内容(出演者を小学生、中学生として宣伝したり、18歳未満の年齢を宣伝・記載した作品)が含まれている(P54)。

*1:論理的に隙はなくなるけれどもパンチが弱くなるので採用するかというとしないなと思う

*2アメリカ合衆国における児童ポルノ規制の新たな取組み : パンダリング規制の合憲性に関するWilliams判決を素材として

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/beniuo/20160912

2016-08-05

[]【コラム】ネクソン女性運動弾圧事態、人の顔色を窺わないでください 17:12

[京郷新聞]社会的弱者のための運動に参加したとして、ゲームに出演した声優の声が消された。メガリアを支持するウェプトゥーン作家たちの不買運動が行われている。これは私が今まで見てきた女性運動への最も直接的かつ非道な弾圧である。労働弾圧と政治弾圧という暴圧は、これだけでも遠慮なくメガリアを支持するべき理由を明らかにしてくれる。

しかし、進歩政党では、ゲーム会社を批判したコメントを「親メガリアか否か?という論争が発生して不当な労働権侵害という本趣旨の配信に失敗した」とし撤回した。大衆の人気に迎合せず、運動をリードするという進歩政党の義務を放棄したものと見られる。「メディア今日」という進歩媒体では、「過激派は私たちの信念を表してはいません」という文章に紙面を割いている。数多くの名望家たちも人の顔色を窺っている。

私の言葉を聞いて欲しい。男性が支配する社会では、男性嫌悪の表現という言葉は存在できない。嫌悪表現とは、忌まわしい表現や、誰かのために嫌悪感を露出するための表現ではない。

私たちが道義的または法的に制裁しようとする嫌悪表現は、社会的弱者に対する差別と暴力を起こす明白かつ現在の危険をもつ表現をいう。すなわち、嫌悪表現するかどうかは、その表現自体が、まるで電流が配線システムに沿って流れながら電子機器に反応を起こすように、その表現が発火したときに呼応して差別や暴力という結果を発生させる社会構造が存在するかどうかを見るべきである。

男性優位の社会では、男性を嫌悪する発言の可能性は第二次世界大戦時のユダヤ人たちが「ナチ党員を引き裂いて殺そう」と周りの人々を扇動してナチ党員に対する差別と暴力に満ちた電話をする可能性と同等といえる。

女性は私たちの社会では物理的弱者であるだけでなく、社会的弱者である。女性が男性嫌悪発言を聞いて男性に暴行や強姦しようとすることはなく、社会のほとんどの人事権は男性が握っている。

「メガリア」と「イルベ」を同等に見るのは、特定の表現に同調する差別的な社会構造が存在するかどうかを観点とせずに、嫌悪感の表現だけを見ているからである。「憎悪に嫌悪に対応している」と?メガリアは、ミラーリング戦略を使っているから当然である。ミラーリングは呼応する社会構造がある場合にのみ嫌悪の表現になるだけで、基本的に風刺であり、滑稽である。王様が実際には抵抗が不可能な状態で王を冒とくする仮面劇を楽しんだのと同じである。前者の嫌悪感と後者の嫌悪感が全く同じだとすることは、表面的にのみ正確な指摘であるだけであり、実体を知らない主張である。

なぜ我々は「嫌悪の表現」をそのように厳密に定義する必要があるのか?と水を差す人もいるだろう。なぜ、より広く定義して、さらに言語的に美しい社会を作ってはいけないのか。嫌悪の表現に呼応する差別的な社会構造がなければ、嫌悪の表現については何もしてはいけないのか。

憎悪は、私たちの大切な自由である。悪行に怒って抑圧を嫌悪するのは、私たちの大切な自由である。進化心理学的に嫌悪は愛や幸せよりもはるかに私たちの健康と安寧を守ってきた。それほど嫌な方には申し訳ないが、今や数十万年は遅れた議論だ。

憎悪は、個人の健康のためそして社会正義のための、あまりにも重要な感情である。嫌悪の表現は、1948年の世界人権宣言(UDHR)に「差別扇動」として正確に定義されている。なぜそのように厳密に定義したのか。まさに表現の自由思想の自由があまりにも大事だからである。「@2MB18nomA」と言うことができる自由、「Fuck the Draft」と言うことができる自由装甲車を見て「Fucking USA」と叫ぶ自由を考えてみよう。メガリアのおかげで女性運動は百倍強くなった。見て見ぬ振りはできない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/beniuo/20160805

2016-07-30

[]続続・ネクソン声優交替議論 10:35

本件に関してツイートしてきた人が本件を取り上げる割合が減ってきたので落ち着いてきたのか? 韓国漫画映像振興院への攻撃は主催者の賢明な判断により退けられ、ゲーム開発者連帯がネクソン批判する声明を発表したようだが、同人ネットワークが警備強化の声明を出すなど後遺症というべき事象が続いている。

[]同人ネットワークイベントの安全と対応方針について 10:35

こんにちは同人ネットワークです。

何よりもまず、イベントの安全と対応方針について心配してくださった方々に感謝いたします。来月、8月14日、15日に行われる第8回ディフェスタとチョムオ賞の行事進行についてのご案内をしたいと思います。

同人ネットワークは常に参加される方の安全と自由を最優先に考えています。したがって、根拠なく、イベント内では違法なこと行われているとする発言、創作者が創作倫理に違反したという内容の発言など、イベントの進行に支障を生じさせ、参加者に不利益を与えようとの目的の発言が持続する場合、強硬に対応する予定です。

また、本イベントについて参加者の安全が懸念されているため、コエックス側と協議して、イベントの進行に追加のセキュリティ規定を用意することにしました。詳細については、次のとおりです。

1.成人身分証明の強化

会場内に成人の身分証明書窓口を設置します。その窓口で身分証明書を確認させていただいた方々に、紙のブレスレットをお渡しし、認証されていない方と区別します。サークル参加者の方々は、ブレスレットと身分証明書の両方を確認した場合にのみ、成人向けコンテンツの販売をお願いします。

2.成人向けコンテンツを購入するためのガイド

会場のあちこちに、成人の身分証明書を確認させて頂いてブレスレットを腕に巻いた状態でのみ成人向けコンテンツを購入することができるという内容の案内板を設置する予定です。

3.成人向けコンテンツ管理規定を再読してください

参加者の方々は、成人向けコンテンツ販売規定http://dong-ne.kr/home/adult_guideをもう一度お読みください。

4.場内のセキュリティを強化。

セキュリティ会社に依頼して、会場に常駐するセキュリティ人員を増やし、場内をパトロールするようにしました。不審な行動を見つけた場合はすぐに、周辺の最寄りのヘルパーや保安要員に知らせてください。

暑さに注意していただき、参加される方に、楽しい記憶することができるように、安全なイベント進行のために全力を尽くします。

ありがとうございます。

同人ネットワーク

原文はDONGNEを参照してください。

[]私はメガロリアンである 11:05

「女性はなぜあのように怒り猛っているのか」をまず理解しなければならない

「女性は王子を必要としない」このフレーズが書かれたTシャツ一枚で大騒ぎが起こった。声優ギムジャヨン氏はこのTシャツの写真を上げた罪で録音した声を削除される災難に遭った。激しい批難がネクソンに集まり、騒々しい抗議をしたからである。Tシャツに書かれたフレーズは、政治的に完全に正しい。一体どこに怒ったのだろうか?問題は、そのTシャツが「メガリア」というサイトで作成されたという事実だった。

メガロサイトでは、私も「男根主義者(訳注。漢充はとりあえずこう訳してみた)」と呼ばれる。悪口を言われることは正直気持ちがいいとはいえない。さらに、私は悪口を「韓国人男性」という普通名詞ではなく、「チン・ジュングォン」という固有名詞に対して受ける。些細なことで「女性嫌悪主義者」のレッテルを貼ることがフェミニズムに役立つことかと抗弁しなければ意味がない。あえて女性に「フェミニズムとは何か教えよう」などというのは打撲ものだ。だから残念である。

しかし、感情は感情、判断は判断である。メガロを攻撃する男性の論理は、一言で「メガロは女性版イルベ」(訳注。イルベとは日刊ベストストア、韓国の匿名掲示板)というものである。彼らは社会的に排斥しなければならない二つの集団があると考えている。一つは、女性を嫌悪する集団、他の一つは、女性嫌悪を男性嫌悪に「ミラーリング」するメガロリアンである。彼らはこの両極端が消えることで、自分たちのように中立の(?)人から成る健全な社会が実現すると固く信じているようだ。

わからないことは、メガロの「ミラーリング」が、ただイルベだけを相手にしたものではない点である。メガロリアンがまさか社会から完全にはみ出した「子どもたち」だけのために行動するだろうか?さらに大きな問題は、自分はイルベとは違うと固く信じている人たちが日常茶飯事に行う性差別言動である。私を含めて、男性は多くの場合、自分が性差別言動をしたという事実自体も意識していない。こうした「一般男性」がメガロの「ミラーリング」の本当の標的である。

日刊ベストストアは「男根主義者」が日常的に犯す性差別言動の、匿名的で、より明示的なバージョンであるだけだ。水面上に現れた氷山の一角に過ぎない。日刊ベストストアの投稿者を支えるのは、自分はイルベと根本的に違うと勘違いしている氷山の巨大な根元である。メガロリアンの「ミラーリング」に腹を立てても、女性がなぜあのように怒っているかは考えない。

メガロの「ミラーリング」が投げかける男性嫌悪に怒る男性が知なければならないことは、大韓民国の女性はこれ以上の険悪な発言をこれまで常に聞いてきており、この瞬間にもどこかで聞いている、今後も一生聴いて生きなければならないという事実である。母たちは一生をかけてこれら女性嫌悪の発言を聞きながら生きてきており、さらにその子どもたちが一生聞いて生きて行かなければならないものである。

糸も複数本束ねればロープができるように、みすぼらしい陰茎が束になって大きな勝利を収めた形である。彼らは声優ギムジャヨンの声を削除し、歌手に謝罪を受け入れさせて、正義党の公式コメントを取り消させて、いくつかのウェブトゥーン作家の食い扶持を奪った。この輝かしい勝利を声優のボイス削除議論から得たとすれば、他人のメシの種を取り上げるというという卑劣な脅迫で得たチンピラのような勝利である。

声優も、歌手も、SNSで自分の考えを伝えることができなくなった。企業では作家がSNS活動で問題を起こした場合、契約違反とみなすと通知したという。誰が大韓民国を私の話もできない怖い国にしてしまったのだろうか?これらの精神感性のどこが日刊ベストストアと違うというのだろう。

私のような「男根主義者」の目から見ても、あまりのことにやっとメガロリアンの行動が理解できるようになったほどだ。聞けば、ウェブトゥーン作家の暗殺リストまで出回ったという。その暗殺リストにまだ残席が残っているのであれば私の名前も入れてほしい。メガリアを好きではないが、このクソな状況はわたしに中間集団に向かってこう叫ばせる。「私もメガロリアンである」

原文はこちら http://m.imaeil.com/view/m/?news_id=36285&yy=2016

[]ウェブトゥーン作家支持 20:00

2016年7月30日現在、「ウェブトゥーン」(訳注。韓国の漫画サイト)を検索したときにサジェスチョンされる単語は「メガロ」です。ウェプトゥン系に核爆弾級の騒動が持ち込まれました。声優ギムジャヨンさんの『Closes』降板事件の後に起こった支持宣言が原因です。タイトルを見て予想されるように、私は声優ギムジャヨン氏を支持し、彼女の降板に対抗して声を出した数多くの作家の宣言を支持します。この記事を見ているあなたはこのように質問されるかもしれません。「で、お前はメガロなのか?」

私はメガロなのか?

そうですね。答えにくい質問です。現在無差別に発散されている「お前はメガロなのか?」は、フェミニズムの基本的な価値からWebサイトメガリアの過激な(時には間違った)いくつかの発言まであまりにも広い範囲を指し示しています。この質問は私がウェブサイト「メガリア」のメンバーか否かを問うものではないと思います。

しかし、誤解を避けるために言っておくと、私は誰かが叫んでいる実体のない「正しいフェミニズム」に従う考えなんてありません。私は他の多くの仲間の青年たちと同じように「私が男であることから来る権力」を呼吸するように享受して生きてきたので昨今の「フェミニズム的怒り」にむやみに賛同することさえ恥じいりますが、しかし、その怒りが正当なものであるとは考えています。「フェミニズム的怒り」がやむまでは反省と連帯の努力を止めてはならないことくらいは同意します。

そう、私は「ミラーリング」の価値と効果を支持します。反撃から立ち上がる進歩を信頼します。たとえその中で起きている言葉や行動に同意することはできないとしてもね。たとえその言語によって私が「漢充」と呼称されてもね。(実のところ私が「漢充」であることには同意できる)私は「メガロ」と総称する広範な何かとフェミニズムの間に深い関連性があると信じています。

ここまでお読みになったあなたが私をメガロであると思うなら、それを否定するつもりはありません。

だから【支持レビュープロジェクト】を企画しました。「王子は必要ない」というフレーズを支持し、それを認証したギムジャヨン声優を支持し、彼女のために声を上げたすべてのウェブトゥーン作家を支持するからです。「メガロ」という短い言葉を問題視し、その一連の流れを否定するつもりはありません。

多くの作家がSNSに支持宣言を表明し、その後激しいバックラッシュに巻き込まれました。彼らは短い言葉から思想を勝手に断定されて、「メガロ」というフレームに無理矢理当てはめられました。評価テロ不買運動、脅迫と圧力、積極的な低評価レビュー、降板、さらに「YES CUT運動」という脅しに近いフィードバック。これに少なくない数の作家が釈明の文を上げました。しかし、最後まで意を曲げていない、読者と激しい口論をした作家たちはまだ、深刻なテロと言ってもいい攻撃に苦しんでいます。

ウェプトゥーン系のこの嵐がただフェミニズムだけが原因ではなく、読者と作家の間のコミュニケーションにまつわる複雑な問題が常に存在するということを知っています。作家が公開の場において読者に対して不適切な態度を見せた事件が深刻だったこともあるでしょう。にもかかわらず私は一次的に彼らの表現の自由フェミニズムへの攻撃が、その基底に敷かれていると思います。また、それに基づいて、現在の作家たちに不均等な圧迫が続いていると思います。

他の方式のレビューを指向する

フェミニズムに関心を持つメディアの一員として、そしてウェブトゥーンを楽しんでいる一人の読者として、私は(少なくともフェミニズム的発言によっては)彼らが排除されないことを願っています。作家の方の言葉通り、私たちが住んでいるところは、そのような社会である必要があります。

当社レビュープロジェクトチームは、「フェミニズム発言」(これは当然のことながら「メガロ支持」だけを意味しない)ウェプトゥン作家たちの作品をレビューしようとしています。彼らの発言の中で見ることができるフェミニズム的価値を、それらの作品から新たに発掘します。そして、アンチフェミニズム的な運動に少しでも対抗する他の方法のレビューを目指します。

もしかしたらあなたもウェブトゥーンが好きで、フェミニズムについて悩んでいるなら、もしくは「メガロ」が嫌いな「平等主義者」であったり「正しいフェミニスト」なら支持するという方も、「メガロの二分法」は、しばらく忘れてお楽しみください。あなたが私のアイデンティティに同意しないとしても、私たちがフェミニズムという関連性を介して作品に接することくらいは大目に見て下さい。最後に、私とあなたの間にフェミニズムという小骨があるとしても「私の言論を邪魔しない」ことを願って本記事を締めさせて頂きます。

原文はgoham20より。 http://www.goham20.com/51917

[]メガリアはイルベに組織的に対抗した唯一の当事者である 21:40

メガリア議論 - 女性学者ジョ​​ンフイジンの視点

女性ゲーム声優が「メガリア」後援Tシャツ認証写真を自身のツイッターに上げたことが彼女の仕事を奪いました。彼女を支持したウェプトゥン作家たちは「創作の自由の規制」を要求され​​る状況に置かれました。労働権侵害を批判した進歩政党はメガリアを擁護するかどうかについて内紛に陥りました。誕生以来、数多くの議論を経てきたメガリアが2016年の熱い夏に至って韓国社会の議論の最前線に立ちました。女性差別と嫌悪をテーマに、今のように熱く議論したことはありませんでした。

編集者より

去る18日、女性のゲーム声優が白いTシャツを着て撮った写真をTwitterにアップしました。Tシャツには「GIRLS Do Not Need A PRINCE」(女性に王子は必要ありません)というフレーズが書かれていました。この写真を「メガロリアン認証」として受容したゲームユーザーおよびSNS利用者の圧迫でゲーム会社ネクソンは、声優をわずか一日で交替して、彼女の声を削除します。

2015年の夏に登場したインターネットコミュニティサイトであるメガリアは「ミラーリング」(イルベなどで使用される女性嫌悪的な表現と言語をそのまま鏡映しに男性嫌悪的な表現に置き換える方式)を前面に出して「嫌悪」と「差別」という話題に飛び込みました。この戦闘的な言語戦略は「新しい女性運動」と「女イルベ」と両極の評価を受けて女性差別問題を可視圏に​​スライドさせます。少数者への嘲笑などが混ざったミラーリングの表現はメガロリアンの間でも意見の相違を生み、それぞれの指向に基づいて分化しました。フェイスブックのメガリアの場合は、メガリア2とメガリア3が削除され、現在メガリア4(ミラーリングよりも洗練された言語で、女性嫌悪フェミニズムを話す)が運営されています。Tシャツは、Facebookのページ削除に対応する訴訟資金を調達するために製作されたものでした。

事件そのものより「事件後」に広がった波紋が韓国社会を熱くしています。「反メガロリアン」は声優の交換に抗議したウェブトゥーン作家の出版物を手がけるウェブトゥーンプラットフォーム「レジンコミックス」の会員脱退などにつながり、作家の創作の自由を擁護しないという「イエスカット運動」(政府のウェブトゥーン規制歓迎)に移行しています。メガリア活動の趣旨に同意を示した歌手には非難が殺到、すぐに謝罪を表明しました。声優の交換を労働権侵害の観点から批判するコメント(20日、文化芸術委員会人)を出した正義党は内部紛争に陥りました。「メガリア反対」の世論に直面した党が文化芸術委員会が出したコメントを撤回(25日)して、ある党員はコメント投稿者の党からの排斥まで推進し、議論はさらに膨らんます。Tシャツ一枚で始まった議論が「メガリアを支持あるいは嫌悪するということ」の意味を争って嫌悪と差別をめぐる激論に転移拡散されています。

女性学者ジョ​​ンフイジン氏の論考は現状を眺める一つの観点でありながら、それ自体が非常に論争の的になるでしょう。意味のある議論のための基礎を願って記事を載せました。

セウォル号事件以上のニュースがあるだろうか。しかし、韓国社会の一部、特に進歩陣営を含む自称他称のオピニオンリーダーたちの社会的弱者への発想は、これまた衝撃の連続である。オンライン女性グループ「メガリア」を後援するTシャツを買ったことで会社の方から「降板」を受けた女性、これに対する正義党のコメントとその撤回。Tシャツ自体にたいする一部の男性の怒りは、私たちの社会の性別関係、進歩、社会運動メディアなどの新しい考え方を要求している。

正義党は、「第3者の介入」をしていない?

今回の事件の発端となったゲーム会社ネクソンは、男性消費者の抗議により声優ギムジャヨン氏を「措置」(7月19日の降板)したものだった。すべての消費者が男性であるはずはないが、消費者の反応に敏感にならざるをえない会社側の事情は理解する。彼女を「交替」することにより、どのように多くの利益を生み出せるのかは分からないが、企業も社会の空気(公器)として人権に関する基本的な判断能力を持っていなければならない。

現在ギムジャヨンさんのブログには、彼女の立場が正確にじっくりと整理されている(http://blog.naver.com/knknoku/220766463634)。彼女は「嫌悪に嫌悪に対応する」というメガロリアンに不快な感情をいくらか持っているが、常識的次元の性平等運動に参加するためにTシャツを購入した。彼女は「会社側から十分な配慮を受け録音は先月すでに終えた状態で、それに相応する正当な対価を受け取った。だから不当解雇という言葉はご遠慮くださいますよう切にお願いいたします」と書いた。私も彼女が今回のことで、もはや非難に上ったり厄介な立場にさらされないことを切に願う。私は彼女と似たような経験があり、個人レベルでどのような困難が起こるのかをよく知っている。彼女は何も間違っていない。しかし、その後の状況は、彼女の意思とは無関係に「歴史的事件」となった。

去る7月20日ネクソンの「措置」について正義党文化芸術委員会(なぜ労働委員会ではない?)は、「企業の労働権侵害」というコメントを出し、後に撤回した。撤回の理由と要旨は次の通りである。まず、当事者がその会社と円満に合意したので、当事者の意見を尊重する。第二に、最初のコメントはメガリアを支持するかどうかに焦点を置いたものではないにも関わらず、正義党が親メガリアか否かという多くの論争が生じて不当な労働権の侵害という本趣旨の配信に失敗した。第三に、コメントの発表過程の中で内部的に手続き上の問題があった(2016年7月25日正義党3期常務執行委員会)。

私は彼らの撤回の理由を分析する必要性を感じない。Tシャツ一枚で大多数の男性がそのように興奮して公党が立場を変えて、世論は沸騰し、こ​​の状況についてちょっとしたことでも言いづらくなった。「ちょっとしたこと」は第二の問題である。個人が衣類の購入したことは何故これほど問題なのか。何がそんなにも恐ろしいのだろうか。「消費者(男性)の立場を考慮している企業の精神」はともかく、これに対する抗議コメントを撤回した進歩政党は誰の顔色を見ているのか。もしこのようなことが再発した場合は、また当事者の合意を言い訳にするのか。当事者が企業に抵抗するなら抗議をするのだろうか。

労働界で長い間の議題であり、公権力が悪用してきた「第3者禁止法」はもう存在しない。ところが、女性は労働者ではないとでもいうのだろうか。正義党は「第3者」として行うべきことを放棄して「反省」している状況である。女性労働者には、どのようなことがされても介入しないとでも?正義党の原則、それこそ定義に違反しているのにただ当事者の意見を尊重してコメントを撤回するのであれば、この政党は個人主義政党であるか自由主義政党であり、労働者の党どころか労働政策政党と見るのは難しい。正義党が直面すべき対象は当事者ではなく、企業ではないか。

第二の理由は、以上である。不当な労働権侵害という本趣旨を伝えるためであれば最初の抗議コメントを撤回してはならない。この事件は、メガリアに対する正義党の立場とは全く関係がない。「政治的意見が職業活動を妨げる理由があってはならない」は、最初のコメントのタイトルのように、労働権の問題だ。この事件は、正義党がメガリアを支持するかどうかを問う問題ではない。正義党は明らかに労働問題をジェンダー問題として取り扱った。正確に言えば、女性労働者のTシャツの購入は、ジェンダーの問題であり、労働問題である。次に、労働者が受ける差別に焦点を当てなければならない。一般的な男性の「大衆政党」要求に一致しようとする姿勢は、進歩政党の活動を邪魔するのか。労働者、国民、市民に女性は含まれていない論理だ。正義党は自ら自分たちはメガリア支持ではないとする立場を証明しなければならないプレッシャーに苦しめられたようだ。

一部の世論(メガリアに反発する男性)はTシャツ一枚で企業と政党を振り回して、他人の政治的意見に対する裁判官を自任している。表現の自由と良心(?)の自由を独占し、「君は誰か?」というアイデンティティ尋問(審問)に正義党はぶるぶる震えあがった。そして、その「政治的意見」とは、「せいぜい」Tシャツを買った程度だ。Tシャツのフレーズは、せいぜいが「私たちには王子は必要ではい」(Girls do not need a prince)であった。このTシャツよりも数百万倍は多く着る普段着、「君は僕を欲しい?」(You want me?)、 「今夜君を感じたい」(I wanna feel you、tonight)、「PLEASE、FUCK ME!」と書いた「平凡な」服を着た女性が解雇されたというニュースは、まだ聞いたことがない。女性がこのような服を着たときに何の問題があろうか。

資本と進歩の強固な男性連帯は今回が初めてではないが、進歩は常に進歩である前に男性だった。私たちの社会では、「進歩」とは必ず再概念化されるべき用語だ。

イルベに対抗した唯一の集団、メガリア

私は「日刊ベストストア」(イルベ)が韓国社会に新しい文化権力と嫌悪産業を創出していると考えている。根本的には、メディアの発達が新しい話法と身体の拡張を作り出すという研究(メディアはメッセージである)を「今、この時点」で早急に進めなければならない。私のようにインターネットを使用していない人は最初から市民権を喪失する状況に至った。イルベによってオンライン(仮想世界)とオフライン(現実)の境界が崩れて以来、最も強力な影響力を見せてくれた事例だ。同時にオンラインでのみ可能な新しい政治(匿名性、同時性、極限の暴力性など)を実験している。

私はイルベを男性サブカルチャー、失業によるフラストレーション、女性の地位の向上への反発の産物として扱わない。イルベのヘビーユーザー出身の<韓国放送>(KBS)記者事件が示したように、彼らは韓国の平均またはそれ以上のレベルの男性である。イルベユーザーの中には「社会的地位の低い男性」もいるが、グローバル化の時代の大韓民国の地位を心配している新たな建国勢力が存在している。彼らは右翼市民社会を組織するために努力するイデオローグ、「エリート」である。韓国のような植民地支配後の社会(ポストコロニアル、post-colonial)では、左右を問わず、まだ完全な主権回復がされていない悩みから自由ではない。各自が考えている望ましい国家、建国(nation-building)戦略を提示して、政治的権力を独占する。政権交代期の新大統領の就任演説を検討してみると、一つ覚えのように、以前の政府と他の国を作るという強力な決意が登場する。

イルベは「重要な」集団である。イルベの主な嫌悪の対象は女性、湖南人、ゲイ、移住労働者、障害者等、韓国的でありながらも伝統的な社会的弱者(女性、障害者)​​である。注目すべき点は、一般的な福祉を要求する女性たちを「マムチュン」(母蟲)と呼称したりセウォル号の遺族まで嘲笑の対象としたという事実である。イルベにとって彼ら彼女らは社会的弱者ではなく、大韓民国繁栄の足首をつかんで邪魔している「虫」(蟲)として、間引きしなければならない非国民である。以前の軍事独裁時代や新自由主義体制という「構造」ではなく、自身を国の代表として自任する「個人」は、他の社会のメンバーを極端な嫌悪と軽蔑の論理で排除しているのである。

イルベが軽蔑するほぼすべてのアイデンティティーが重なる私は国の役割を問いたい。特定の少数が大多数の国民を相手にこのように一方的な暴力を行使しているときに国は、政党は、進歩勢力は、市民団体は何をしている。自分たちはイルベを嫌いではないからじっとしているのか。私は、彼らが怖い。イルベ現象を研究しようという仲間は多いが、みんな恐怖を感じてやめてゆく。今までどんな機関もイルベに対抗したことはない。誰もイルベに組織的に対応していない。メガリアはイルベが踏みにじった社会集団の中で組織的に対抗した唯一の「当事者集団」である。イルベの全羅道嫌悪に対して「慶尚道嫌悪」で対抗した事例があるが、当事者組織やコミュニティの形式ではなかった。絶食するセウォル号遺族に対抗してイルベが「暴飲暴食闘争」をして、光州民主化運動の死者の遺体を「エイ」と呼ぶのと同じことである。

女性の勇気がとびきり強いのではない。イルベが間引きしたい非国民の中で最も大きく、ある程度のリソースと認識を持った女性はイルベに対抗する社会的条件を備えているからだ。まさに「女イルベ」か「新しい女性運動勢力」かという議論を呼び起こしているメガリアだ。国および進歩的男性は、メガリアの後ろに隠れた。いや、国家と市民社会は、イルベのような男性として教えこまされた存在である。江南駅事件を経験した女性たちは言う。「誰も信じられない」

政府は女性を保護できず、進歩政党は批判コメントを撤回することでメガリアTシャツを購入した女性声優を降板させた企業に同意した。私が今回の「Tシャツの事態」に絶望した理由は、過去25年以上にわたって経験した国 - 右派 - 左派の間の理念(があることはあるか)とランクを超越した団結、つまり男性連帯のためである。

進歩政党は企業や無能・腐敗した政府ではなく、女性と戦っている。なぜ?彼らの好きな「政治経済学」の論理では「進歩」の前に「男」であるときに得することが多いからである。イルベの暴力、自信や信念はまるで無政府状態の荒くれものの主人公のように見える。このような観点から見れば、私たちの社会は、メガリアに感謝しなければならないのではないか?重ねて尋ねる。誰がイルベに合わせて生きているんだ?

女イルベかという問いに意味はない

これまでメガロリアンの活動で最も論争が起こったのは「憎悪に憎悪で対応する」というメガロリアンの立場だった。これは、社会運動抵抗勢力の論理と代替の問題のように見えるが、より本質的には、20〜30代の女性の性差別に対する怒りを共感しなければ理解できない問題であるということだ。私の同僚の40代の女性たちは、現在若い女性が受けているような普及した、均一な、近代的な教育を受けた。女性は、少なくとも公式には、男性と女性が平等であると学んだが、私は同時に(「男尊女卑」に同意していないがそのような文化があるということは知っていた)生き残るために男性との交渉が必要であることを本能的に分かっていた(私は女子中・女子高を出て女子学生が9%しかいない男女「共学」の大学に通った)。

今の世代の女性たちは、規範的な平等と実際に存在する差別の間の隙間に、積極的に問題提起をする世代だ。「私たち」とは異なり、我慢しない。しかし、社会は、この越えられない壁を越える方法を教えてくれなかった(女性学教育がなかった)。男性有利の家族制度、国家は変化がない。このような状況の中で表れた最も直接的な変化が少子化(晩婚、結婚忌避)である。このような状態で、これらの問題意識と怒りを表出することができる空間が現れたのだ。それがオンラインであり、SNSのような媒体である。ここでは、女性も男性と同等のことがdけいる。

イルベに対抗すると拳が必要だろうか。フェミニズム理論が必要なのか。それとも中産階級の女性性を溶体する教育か、エレガントな言語が便利か。いやいや、このすべてのことが可能ではないか。これまでメガリアをめぐる論争は、彼らの主な活動方式であるミラーリング(mirroring)に関するものであった。ミラーリングは、文字通り、相手の行為を鏡を介して戻して示すものである。一種の思想(鏡像)、写真を撮って「送信」する行為だ。したがって、ミラーリング方式が期待される効果は、相手にとって「あ、私の行動がそうだったんだ」という反省を触発するか、立場を変えて考えてみる共感能力である。

しかし、メガリアの戦略は、彼らが意図(認知)しているにしても意図していないにしても、一般的な意味のミラーリングではなかった。そもそも「メガリア」自体がノルウェーの女性作家ゲルドブランテンベルクの仮想小説「イガルリアの娘」とインターネットコミュニティサイトの「メールスギャラリー」の合成語である。インターネット上で男性の世界と言語を見守った経験を生かして、それらの文化の中に入って、私もその立場になってみようというゲームである。一般的に考えられているかのように「男性も経験してみろ」ではなく、「私たちも男性と同じように振る舞えば、彼らがどのように反応するか」の意味が強かったと思う。

米国の有名なフェミニストであるグロリアスタイノムの<男が月経をすれば>のように、「男に月経あると何が起こるか」という仮定の世界だ。男も月経を「しろ」ではなく「なら」である。「男が月経をすればどのくらいの遊説を使うか」のような風刺の意味だ。「実際の実践」を提案したものではない。メガリアは1983年に設立された「女性の電話」や1984年の「もう一つの文化」のような伝統的な意味の女性運動団体ではない。既存の女性主義社会運動の基準で見れば、これらを理解し解釈することができないだけでなく、とんでもない誤解に満ちた議論を繰り返すことになる。

これらの目的は具体的な性差別の被害女性「救済」ではない。今使われているメガロリアンのミラーリングの言語は、男性の立場ではもともと自由に使われていた言葉だ。重ねて強調すれば、これまでの男性の女性に対する嫌悪を返すというよりは、女性が男性と同じ言語を使用したときに、社会はそれ自体を女性運動だと思ったのだ。「美人局」について「ハンサム局」、「母蟲」について「漢充」などがそれである。

女性学者ギムヒョンヨウンは「メガロリアンがすべて女性なのか」「イルベは男性なのか?」と質問する。これは、「悪いこと」をする人は男性であるという意味ではない。近くはインターネットの過去10年余り、さかのぼれば過去数千年の女性の再現、すなわち男性の言葉を「コピー」して、社会に「源流」を見せてくれたのだ。源流を奪われた、あるいは無数の発生源を見せつけられた男性は慌て、怒り始めた。男性が最も感じたのは、自分たちだけができると信じ、他人を踏みつけことができる喜びの言語を思う存分許可されたその「権利」が女性にもできるようになったというフラストレーションである。鉄壁のようだった自分たちだけの空間に「女性」が侵入したのだ。さらに、自分よりも学歴が高く、高所得の女性が、自分を「漢充」と呼んだときの心情を考えてみよう。

メガリア活動を「女性イルベ」とし「にもかかわらず、意味がある」という評価は重要ではない。当然ミラーリングは成功しなかった。成功する必要もなく成功することもできない。メガリアが誤ったのでも失敗したのでもない。ミラーリングが成功するには、性差別の現実を認識し、お互いの経験や言語、社会的位置が異なっていることを男性が理解できなければならない。これが可能ならばすでに家父長制社会ではない。

問題(?)は今回のTシャツはもともと1千万ウォン程度の販売を目的としたが、1億を超え、1億5千万ウォン分が販売されたという事実が示すように、「予期せぬ」熱烈な支持があったことだ。それだけ韓国社会の性差別が非常識に深刻という意味だ。出発点とは異なり、メガリアは社会に呼び出され、社会とのコミュニケーションが不可避になった。責任が付与されたのである。したがって、私はメガリアは、これから始まると思う。メガリアが新しい波を作り出すことを望んで、またそのようになると信じている。

性差別意識のない差別社会

韓国社会の家父長制の特徴は「家父長のいない家父長制」である。韓国男性の責任感、扶養者/保護者の意識、自律性などの伝統的な西洋白人中産階級の男性性ではない。第3世界や被植民支配を経験した植民地帝国の男性性とは同じではない。男性が家長としての責任を果たさない、あるいはできない社会では、女性の労働と役割は多くなる。労働と役割を受け持つ女性はメディアによって過剰再現され、まるですべての女性が「出世」したかのように見えて、男性は女性上位時代(黒人上位時代という言葉が可能か)と勘違いすることになる。家父長のない家父長制社会の特徴は、性差別が深刻ななかで女性運動は複雑で難しいものになるという点である。

経済協力開発機構(OECD)は韓国の男女の賃金格差を発表した。韓国は2000年から不動の1位を守ってきた。2014年度も圧倒的1位だ。韓国女性は男性よりも36.7%賃金が少ない。昨年「エコノミスト」が発表されたガラスの天井指数でも、韓国は29カ国のうち最下位を記録した。世界経済フォーラムの性差別指数も145カ国のうち115位だ。韓国の女性の教育水準は世界1〜2位だが、労働市場での地位は最下位圏である。にも関わらず多くの男性は、韓国には性差別がないと思っている。この問題は、今回の事件を通じて今後の韓国社会を展望するために非常に重要である。

米国には人種差別がある。すべてのアメリカ人は人種差別に同意するかどうか反対かにかかわらず、そのような差別が「ある」という事実を認める。人種差別も激しいが、同時にこれに対する抵抗も活発で、社会全般の悩みや問題意識も深い。意味のない言葉だが、米国の人種差別は私たちの性差別よりも深刻であると言うこともできる。重要なのは、現実ではなく、現実に対する認識である。現実を自覚したときに改善も可能だからである。

大多数の韓国人男性は、規範的には、あるいは社会的に問題が生じたときには、「女性差別に反対して両性は平等でなければならない」と言うが、性差別の具体的な内容については知らず、社会構造の制度としての性差別の深刻さと広範囲性の認識がない。女性の問題は、いつでも「ちょっとしたこと」だというのだ。そのため、女性運動における運動の方法などを問題視し、実際には傍観したり、不快な態度を見せる。このような状況のもとで「性差別にもメガリアにも反対する」という二重の言説が可能になる。これは一般人、学界、政界、市民社会も同じだ。調査が発展するはずがない。差別に対する認識がないのにどのように知ることができだろうか。

性差別が動作することを意識(consciousness)しないため、多くの男性が頻繁に「ミス」する。性差別があるという意識を持ってはじめて、米国のように、少なくとも公式領域での「n word政策」(「ニグロ」「黒人」という言葉を使用しないこと)が可能にある。「注意」しなければならないという社会的合意があるのだ。しかし、私たちの社会は、そのような認識も合意もない。与党代表はカメラの前で黒人留学生に「練炭」と言うし、「オピニオンリーダー」の女性についての発言と行動に私はいまだに口が塞がらない場合が多い。

男性は、自分が何を言っているのか、自分の行動の意味が何なのかを知らない。だから指摘を受けたり、法的処罰を経験した人は「加害者の被害意識」で社会生活に困難を感じる。男性が受けるほとんどの傷は、男性と男性の階級の違いのためである。とにかく、これさえも女性の感情労働を購入して解決するものである。

自分が誰なのか知らない人が話題を独占する社会。これよりひどいコミュニティはない。だからなのか。女性が酒を飲み主に泣いたり愚痴ったりすると、「私には分かる」そう声を出しながら尋ねる。これは、自己を知りたいと無意識のうちに感じているのかもしれない。ジョンフイジン/女性学者

原文はハンギョレを参照のこと。 http://www.hani.co.kr/arti/society/women/754513.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/beniuo/20160730

2016-07-25

[]続・ネクソン声優交替議論 23:36

女性声優を擁護した作家が所属するレジンブックスに対して「ウェプトゥーン作家を法的規制する請願書」を書くよう奨める運動が行われている。 http://bbs.ruliweb.com/news/board/1002/read/2104025 作家への攻撃は韓国漫画映像振興院やカメブックスに対しても行われている。

また、(女性声優を擁護した)女性作家が男性向18禁同人誌を出したという理由で、警察庁に告げ口をする者もあらわれている。

[]ネクソン声優議論、記者への個人攻撃も 23:29

メガリア4 Tシャツを着たという理由でボイスが削除されたギムジャヨン声優の問題を報道した記者たちの身の上を公開して非難する事件が起きた。そのインターネットサイトには、記者たちの写真と一緒にルックスを卑下するスレッドが多数発見された。メガリアTシャツの非難が言論界でも拡散されるようだ。

「日ベストストア」「今日のユーモア」などネクソンの声削除に対する批判記事を書いた個人記者はオーマイニュースの記者と京郷新聞記者だ。

オーマイニュース記者はメガリアTシャツ事件と関連し「韓国のゲームがまた...ネクソンはなぜ罪のない声優を何故交替したのか(オーマイニュース19日)」という記事を書いた。この記事はギムジャヨン声優の事件を説明した後、メガリアのミラーリングすべてが適切なものではないが、フェミニズム運動での成果を認めるべきだという要旨を含んでいる。

この記事は「メガリアのミラーリングが適切な戦略とは思わない。しかし、個人的なメガリアの好き嫌いを除外すれば、彼らは多くのことを成し遂げ、今もより大きな価値のために奮闘している」とし「彼らは男女平等を達成するための最前線だったため、あらゆる侮辱と迫害を受けた。少なくともイルベと同一線上に置かれる集団やコミュニティではない」と説明した。

チェミンヨウン京郷新聞記者も「メガリアTシャツ着てクビを切られた女性声優」(京郷新聞19日付)という記事を書いた。この記事は、「ネクソン側の声優交換の決定は、異例の迅速という評価が出ている」とし「ネクソンの今回の措置こそ韓国社会の女性嫌悪を端的に示しているという声も出ている。」と指摘した。

先にネクソンは、自社のオンラインゲーム「Closes」のキャラクター「ティナ」の声優ギムジャヨン氏がインターネットコミュニティ「メガリア」が後援するTシャツを認証したという理由で声優の声を削除した。ギムジャヨンさんがコミュニティ「メガリア」の後援Tシャツを着て、自分のTwitterに認証写真を上げたことに反感を持ったユーザーが声優を交換してほしいと要求したためである。ネクソン内で議論があったのかどうかは不明だが、わずか一日で声優の交換が決められた。

記事が報道された後に、インターネットコミュニティ「日刊ベストストア」には、悪口と一緒に記者たちの写真が多数含まれている記事が上がった。記者たちの外見を卑下する文章も書かれていた。グァクオシン記者の「身上荒らし」文は原文が削除された状態だが、チェミンヨウン記者の記事は依然として残っている。

事件を経験した記者は、メガロリアンというサイト自体の普及が否定・非難されたようだと分析した。グァクオシンオーマイニュースの記者はメディア今日の通話で「日刊ベストのようなサイトではそのような反応が出てくるかもしれないと思ったが、いわゆる進歩に分類されるコミュニティでも似たような話が言及されているのを見て、左右を離れ広範囲に広がってと思った」とし「大衆にメガロリアンということ自体が否定的な烙印として使われているように思う」と語った。

チェミンヨウン京郷新聞記者も「メガロリアンの中でも様々な考えを持った人々がいるが、それぞれの個別性を無視してメガロリアン全体をラベリングする」とし「複雑な問題を単純な問題で置換して非難するのは差別であり、同時に、非常に知的に怠惰なことだと思えてならない」と指摘した。

チェ記者は「該当事案が間違っていると判断した自分や私が所属するマスコミの論調などを計算しても報道すべきことだと思っていた」とし「正しいことをしているものであり、メディアとして果たすべき役割をしたと思う」とと述べた。

「メガリアTシャツ」の問題が拡散された理由には、メガリアのアイデンティティの問題もある。いくつかのメガリア会員の嫌悪を基底とした方法に問題があるという指摘である。このため、普段の進歩と分類されたサイトなどでもメガリアの非難に参加したとみられる。

これに対してソンフイジョン文化評論家は「メガリアは他の運動と同じように限界があり、明らかに懸念すべき部分はある」としながらも「しかし、すべての運動に限界があるようにフェミニストが「完全体」としてフェミニズム運動をするのではなく、過程として運動をするものである」と説明した。

続いてソンフイジョン評論家は「フェミニズムの多数のオフセットのうちメガリアだけを、またはメガリアで最も刺激的な記事だけを見て、これをフェミニズム運動が変質したように話すのはフェミニズム嫌悪」とし「むしろ問題はTシャツ一枚という小さなできごとがこのように早くバックラッシュされ、待っていたかのようにすべてが非難される状況」と述べた。

社会の進歩のためのすべての運動にはいくつかの問題や限界が常に存在してきた。フェミニズム運動にだけ高い基準を突きつけているのではという指摘も出てきた。ソンフイジョン文化評論家は「運動がとる様々な戦略について、すべての戦略について同意する必要があり、そこまでしてようやく運動を承認するということか」と「フェミニズム以外の運動においても、いくらかの突出的行動は常に存在したが、フェミニズム運動のみそのような部分を目立たせるのは問題だ」と指摘した。

さらに、むしろメガリアの過激さがフェミニズム運動の成果を引き立てたという分析もある。上記ウェブマガジン「アイズ」の記者は、コラム「メガロリアン、怒りが勝つ」(2015年9月16日)を介して、「多くの人々がメガリアの方法について過激と懸念を示しているというよりも、その逆だ」とし「常にない人」扱いをされる存在(訳注、女性)にとって、時には過激さは主体になるための唯一の方法だ」と書いた。

続いてこのコラムは「しかし、これからの戦いでも怒りだけで勝つことができるかは分からない」とし「積極的かつ対等な戦いのための暴力は、最終的にその結果についても責任を負う段階に移行しなければならない」と指摘した。

原文はmediatodayを参照 http://www.mediatoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=131259

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/beniuo/20160725

2016-07-23

[]Jayeon Kim氏交替騒動とYES CUT運動 20:12

7/18 Nexton社のMMORPG『Closes』の声優Jayeon Kim氏がフェミニズム団体Megalianの「GIRLS Do Not Need A PRINCE」と書かれたT-Shirtsファンディングについてtwitterで言及 https://twitter.com/KNKNOKU/status/754982063258734593?ref_src=twsrc%5Etfw

7/19 Megalianは反社会的嫌悪サイトだから声優を交替しろというユーザーの声 http://closers.nexon.com/community/proposal/view.aspx?n4articlesn=50102

7/19 Nextonが声優の交替をアナウンス http://closers.nexon.com/community/free/view.aspx?n4articlesn=3464697

この交替騒動を機に、同声優を支持したウェブトゥーン作家たちの作品に低評価を付けることはもちろんサイト(レジンコミックス)から追い出してしまおうというYES CUT運動が開始される。また、声優もしくはMegalianもしくはフェミニズムを擁護する人のリストを作成するwikiが作成されている。

※日付は日本時間基準です。

[]メガリアとレッテル貼り 20:17

背景参考。ネクソンの声優交替議論2016年6月19日、ゲーム会社ネクソンオンラインゲーム「Closes」の新キャラクター「ティナ」の声を担当したギムジャヨン声優がフェイスブックメガリア4ページスポンサーTシャツを着て撮った写真をソーシャルメディアに掲載したという理由で交替したことで浮上した議論である。

メガリアは2015年6月に作成されたウェブサイトであり、ウォーマドは2016年1月にメガリアから分離した。メガリア4はFacebookでメガリアとは別に存在しているページであり、メガリアから出発したページである。メガリア4によるとメガリアの運営者との関連はないとしている。

ネクソン「Closes」声優交替議論で「メガリアは反社会的嫌悪サイトだ」との主張がなされた。ギムジャヨン声優はフェミニズムに通じる標語がちりばめられたTシャツを購入した。メガリアFacebookのページが削除されたことに対抗する訴訟に募金する趣旨だった。明示的な女性嫌悪性向の「ギムチニョ」ページなどは問題なく運営され、その反対側にあるウェブページだけが削除されること自体が不当である。加えて、このような状況を理由に声優をゲームで交替させることも無理である。「メガリアは反社会的嫌悪サイト」という説明はこの論理的な間隙を埋める役割をする。

反社会的嫌悪サイト」であるとする説明

反社会的嫌悪サイト」は、複表現である。嫌悪自体がすでに反社会的ではないか。このような繰り返しは、メガリアに悪いイメージを上塗りする効果を出す。反社会的であり、嫌悪的であり、流行の言葉でいえば「イルベ(右派・極右のユーザーが集う匿名掲示板サイト)とは異なることはない」ということだ。その表現は、インターネット男性世論における「メガロは女性版イルベ」だと主張することにすぎない。

反社会的嫌悪サイト」という命名には反論の余地が大だ。日常語としての嫌悪ではない社会的な嫌悪とは、社会的弱者への暴力である。少数者に向けた嫌悪が危険な理由は、そのような認識が少数者集団の実質的差別につながるからである。

女性であるというアイデンティティを持つ人の男性への嫌悪感と、男性であるというアイデンティティを持つ人の女性への憎悪は一概に同等であるとは言えない。嫌悪という概念をこのように勝手に混ぜこんで議題を扱うことができないと私は言いたい。

例えば、現実に発生した盗撮被害者の絶対多数が女性であり、盗撮者や盗撮写真・盗撮動画の消費者の絶対多数が男性である状況で、メガリアが盗撮者を敵と見なすという個別の事実を、女性による男性の弾圧一般化することはできません。もちろん、男性一人一人が行った人権侵害は犯罪ではなく断罪すべきでないと言っているわけではありません。

このように「男性嫌悪」は、簡単に論破することができる概念ですが、この簡単な話が簡単に合意されないことが韓国社会が直面している根本的問題だ。一方では異なる説明であると理解を拒否し、一方ではその違いを盾に、すべての言動正当化しようとする傾向がある。

メガリアの嫌悪的性向

メガリアには、嫌悪的性向が存在する。メガリア初期には同じく男性であるという理由でゲイを嫌悪する記事が上がっていた。メガリアのサイト内で論争が起き、ゲイ嫌悪をあきらめなかった一派は「ウォーマド」という名前で分離した。

この事件は言い換えれば、メガリアの中に嫌悪感に対する警戒心と連帯意識が分布しており、自浄作用が行われたという証拠だ。 反社会的嫌悪サイト云々する人の目にはこのような状況が見えず、メガリアの嫌悪を非難し初期の同性愛嫌悪というよりも「韓国人男性嫌悪」に焦点を向けている。 嫌悪を名分にメガリアを排除しようとする人々が、果たして嫌悪という議題にどのくらいの真剣な関心を持っているかどうか疑わしいところだ。

私は嫌悪感に関する議題でメガリアを警戒するとすれば、別の弱者に対してあらゆるタイプを嫌悪してもよいという自意識が生じることである。この点は、その兆しが見えるたびに指摘して批判するべきだが、存在自体を嫌悪サイトと規定することとは異なっている。先に述べた前例もあり、そのような潜在する懸念点がサイトで支配的であることもなく、可視化されたこともない。

反社会的傾向」≠「反社会的サイト」

メガリアは反社会的サイトなのか? それが理由で会員の私的領域にまで不利益を与えるべきだろうか?私は公共交通機関で妊婦の座席に座った男性の身元を流布するのは反人権的行為だと思う。メガリア掲示板が精緻されていない言葉が殺到する解放区の役割をしているのだろうと推測もしている。

私は同意することができる主張は、「メガリアに反社会的傾向がある」までだ。「メガリアは反社会的サイト」のような規定をするのであれば、「反社会的投稿」がどのような頻度で掲載されているか、「反社会的投稿」が主流に根付いているかを確認しなければならない。例えばソラネトのような盗撮映像を専門的に流布して消費するプラットフォームであれば、そのような定義は妥当であり、そのユーザーという理由で不利益が与えられることも理解できる。メガリアは果たしてそうなのか?

反社会的という表現も曖昧である。社会的価値はその社会の支配的、標準的な規範である。それ自体が正しいということもなく、規範を管掌する権力を持った者が他者を排除する目的で使うこともある。男性器を切る映像と「クソ野郎」の悪口を目撃したからといって、そのような言葉が出てきた文脈と真意を察する前に「反社会的サイト」というレッテルを付けたならば、それのこと自体が私たちの社会に男性的秩序がどれだけ支配的であるかということを自ら証明しているといえる。

メガリア、光と影

否定することはできない事実がある。メガリアにはフェミニズムというどだいがあり、その土台にふさわしい実践をしてきた。メディアにおける女性嫌悪スキャンダルから、地下鉄盗撮問題、ソラネト閉鎖、デートDV問題、オフライン女性団体との連携まで。メガリアは反女性嫌悪トレンドの最前線にあった。端的に言ってメガリアを除いて女性に関するこれらの流行は成立することができなかった。

そのような流れに意義があることを認めるなら、メガリアに存在価値があることも認めなければならない。メガリアが議論の標的にずっと上がるのもそのような存在感からである。いくら譲歩しても「反社会的嫌悪サイト」という全面規定は論理的に成立しない。メガリアが明と暗のいずれかの方法で規定することができるサイトであった場合の問題は、むしろ少ない。明暗が複雑に入り組んだものであり、そのような不可分性がメガリアを支持する人々が直面する問題でもある。

ここで提起することができるのはメガリアが抱く危険性が何であり、それはなぜ危険か、どのくらいの危険かについて評価することだ。これは文脈的分析を要する。いくつかの「反社会的投稿」のような断片的事例をもって一般化することができることではない。これは、レッテル貼りの欲求である。そのような一般化は、フェミニストを否定したい反女性主義者たちに銃剣を製錬することである。

レッテル貼りの境界

要はメガリアのどのような部分に対してどのような態度をとるのかであり、メガロに友好的な態度を取ったという単なる事実ではない。もしギムジャヨン声優がウォーマド式の同性愛嫌悪に公然と賛同した場合ならば糾弾するだろう。ギムジャヨン声優はメガロをフェミニズムサイトとして支持し、フェミニズムとその標語に同意しただけだ。「反社会的嫌悪サイト」という愚かな名付けは両者の違いを消してしまうのだ。

本当にメガリアがイルベとは異なることがないとしても、私は今回の事態は不当であると思う。今までイルベと関連付けられた人物が社会的非難を受けて職業活動に不利益を受けた前例はある。公共の場にイルベモニュメントが設置され、公職に合格した人のイルベ利用が発覚して仕事上の倫理感と接続された事項が暴露された。

しかし、今回のネクソン声優交替議論は特別な公益文脈の前例とつながりがない。イルベを排撃する理由は彼らがイルベだからではない。彼らは民主主義を否定して少数者を嫌悪し、地域差別扇動するからである。そのような発言をしたり同調していない状態で、イルベ会員であるとの理由だけで、クビを切るのは人権侵害の蓋然性がある。

イルベの「何が」「何故」悪いから「どのように」するかを論議したことのない人たちが、メガリアの何がなぜ間違っているかを自身の先入観はないか自問した後、連結点と批判点を結ぶ成熟した議論をしていないのは当然の帰結である。「反社会的嫌悪サイトメガリア」は、相手に汚名をかぶせ議論が不要な状態のまま排除しようとするレッテル貼りだ。そのレッテル貼りの世界ではメガリアは現実に存在するフェミニズムを包含する代名詞として使われる。

原文はslownewsを参照

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/beniuo/20160723