Hatena::ブログ(Diary)

いい加減にしろっ!


スポンサーリンク



2010-06-06

ValveX-SE レビュー


一週間ぶりに記事更新です。

今回はValveX-SEを購入したので、それについての感想を綴っていこうと思います。


f:id:bern-kastel:20100607090859j:image


まずは外観!シンプルザ・ベスト!まじでトースターです。

ジャックの挿入感は可もなく不可もなく、入れやすいし抜きやすいです。

ただ真空管アンプなだけあって、3時間すると触ると熱いです。

f:id:bern-kastel:20100607090858j:image

そして音質はというと。

低音が増強されるんですが、その仕方が空間全体の低音を底上げするみたいな感じなんです。

低音が強くなりすぎるということは無く、むしろ柔いかく包み込んでくれるイメージです。

「ドン」という響きかたの低音も若干ですが、強くなります。


高域ですが、伸びます。

ValveX-SEは中低音が魅力的と聞いていたので結構以外でした。

一応視聴もしたんですがその時は低音ばかりに目がいって、よく分かってなかったみたいです;;

伸びるというのは、高音が強くなるわけではなく綺麗な感じで鳴ってくれるという感じなんでしょうか。

ボーカルは綺麗に線が細く伸びます。ピアノ伴奏は残響感に近いものがあって聞いて最高です。


そしていい感じの艶ぽさもあります。

静かな曲を聞いているとすごい癒されます。ボーカルは艶ぽく優しい感じなのでこれはイイ!!



HP-A3と比べると、アンプの駆動力はかなりあると思います。

HD650もK601もラクラク鳴らしてくれてます。

HP-A3も頑張ってくれてるんですが、やっぱり値段相応なのかValveX-SEには勝てないと思います。

ただ石と球アンプのせいかHP-A3のほうが、音の輪郭や制動感が上だと思います。若干ですが。


f:id:bern-kastel:20100607090857j:image


ちなみに持ってるHPで個別レビューしてみました。


HD650 :このHPはもともと低音よりなので合わないかな?と思いましたが意外にいけます。

     苦手とする高域の音が伸びることによって、ボーカルの曲も聞いて楽しいです。

    そして音場が広いので残響感が増すと、音の一体感が半端じゃないです。

     ただ、やっぱり低音が膨らみすぎているという感じも否めないです。 

     たまに「 ああー、重苦しい!! 」ってなる時があるので、あまりオススメは出来ませんが('p`)

    

    

K601  :これは本当に相性いいと思います。

     HP-A3での組み合わせは、高域の音がキツすぎて聞くに耐えなかったんですが

     ValveX-SEで使ってみるとすごいいい!!(・∀・)!!

     高音が強くなるわけじゃなく、むしろ低音が増すので聴きやすい。

     欠点を補い、長所を伸ばすという言葉が、すごい当てはまります。

     


まとめ

高音は伸び、ボーカルは艶ぽくなり、低音は柔らかい感じで包み込んでくれる。

残響感も増すので、ライブ音源とかいいかも。

分離感やメリハリも、球アンプにしては頑張ってるほうだと思います。

アンプとしての駆動力も高いのですし、これはいろんなHPに合うんじゃないでしょうか?

参考

東京サウンド 真空管ヘッドホンアンプ VALVE-X-SE
東京サウンド
売り上げランキング: 245298

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bern-kastel/20100606/1275833287