美風庵だより

だらだらと書きつづる日々の記録。読んでもとくに人生に得はない。

2018年06月20日

尾張大国霊神社(国府宮神社)

f:id:bifum:20180616130811j:image:medium:left

f:id:bifum:20180616131317j:image:medium:left

赤貧です。

豊川稲荷熱田神宮には行ったことがあったのですが、以前から、尾張一宮とされる真清田神社というところに一度は行ってみたいと思っていました。

金山駅から名鉄急行に乗り換えたのですが、居眠りしてしまいました。すっかり寝ついてしまい、車掌のアナウンスで飛び起きたら、一宮駅のひとつ手前、国府宮駅で下車。階段を降りる途中で「一の宮駅ってこんなじゃなかった気が?」と、過去に出張で行ったときのおぼろげな記憶で疑いはしたものの、惰性で改札を出ます。

左を向くと、国府宮神社はこちら、と書かれた矢印がある。それで気づきました。間違えたのだと。

どれだけ居眠りしてしまったのでしょうか。

ふと気になる場所があり、右に折れると小さな神社。ところが、びっくりするほど雰囲気があります。googleで調べると、大御霊神社という境外末社だそうで、末社でこれなら相当なものなのだろうと期待は高まります。

……で、本社にお参りしてみたわけですが、たしかにすごいところではあるけれど、どちらかというと手前の小さい神社のほうが、ずっと力を感じます。

これが神社巡りの面白いところです。

ここでも試しに「お金ください(-人-)儲けさせてください。仲間由紀恵のような女性と仲良くなりたいです。お*ぱいが大きい女性とも仲良くなりたいです」とお願いしてみたところ、それまで吹いていた風がピタリとやみました。

ふざけるな、とお怒りになられたのかもしれません(爆笑)。

お客様の傾向

f:id:bifum:20180619044645p:image:medium:left

f:id:bifum:20180619044650p:image:medium:left

どのようなところからこの日記を見に来られているのか。

以前からGoogle Analyticsの設定はしているため、時々ながめてはいたのですが、全国意外とあちこちから照会されているのに驚きます。高知……縁もゆかりもないはずだし、全然高知ネタなんて書いたこともないのですが。

2018年06月19日

熱田神宮と太閤稲荷

f:id:bifum:20180616114920j:image:medium:left

f:id:bifum:20180616114518j:image:medium:left

f:id:bifum:20180616120637j:image:medium:left

f:id:bifum:20180616121517j:image:medium:left

赤貧です。

16日、久しぶりに名古屋に出ました。

中部フィルと秋山さんのブラームスを聴きに、今年は2回、名古屋遠征を予定していますが、そのうちの1回です。

空港から名鉄にのり、神宮前駅で下車して熱田神宮にお参りしました。昨年9月以来です。あらためて御神札をいただきました。

お参りを終えて地下鉄の神宮西駅に移動する途中、ふと道沿いにある市街図表示が目に留まります。高座結御子神社というのがあるらしい。どうやら神宮西駅からひと駅の西高蔵駅というところらしいので、立ち寄ってみることにしました。

行ってみると、まず、お稲荷さんがお出迎えしてくれます。太閤出世稲荷と書かれており、幼少のころ豊臣秀吉が母親に連れられて参拝したという言い伝えがあるらしい。

……すごいことではありませんか。ふと気づいた場所が、そんなすごいところだったとは……。

「出世はしなくていいので、食いっぱぐれのない人生を保障してください(-人-)死ぬまでこれ以上の貧乏はしたくありません」と、手を合わせてお願いをしました。そのまま神社を出ようとおもったのですが、赤貧の原因はこの謙虚すぎる姿勢にあるのだと思い直し、「毎週、BIGを買っていますが、去年からさっぱり当たりません。今度買うやつは、どかんと億を当ててください。世の中に出るには軍資金が足りません(-人-)」と、また神社に戻ってお願いし直しました。

劉家

https://tabelog.com/aichi/A2304/A230402/23029615/

http://www.toushomen.jp/shop/centrair.html

f:id:bifum:20180616105454j:image:medium:left

出かけるカネがあるのに赤貧を名乗るのかとショートメールで抗議が来た赤貧です。

九州・福岡にはない刀削麺のお店です。中部国際空港の到着ロビーにあります。行きも帰りも、ここに立ち寄り、刀削麺をいただきます。空港到着時は、五目そば、福岡に帰るときは、坦々麺をいただきました。

博多や久留米で、なかなか醤油ラーメンの旨い店に出会うことはありませんので、こうやって外出したときに食べないと、食べる機会がありません。

8月は、遠征の都合上、中部国際空港には立ち寄りませんから、次回はたぶん来年ということになります。

JRのほうが判断は正しい

f:id:bifum:20180619044638p:image:medium:left

名古屋に行ったときの記事がまだ手元にあるので、取り上げようかどうか迷ったのですが、JR九州が削減本数の見直しはしないことを表明しました。客が居ないのだから減らすのは、営利企業なのだから当然のことです。

それが嫌なら公営企業に戻すしかないわけで、前にもここで書いたと思いますが、九州各県の各地公体が、株を買えばよいのです。株主として出資はしない、口は出す、でも客を連れてくるわけではない。それじゃ、上場企業が動いてくれるはずがない。

株主となって、権利を行使する、正面からものを言う。

そういう動きが報道されないのは、この減便撤回要求もその程度のものだったし、JRもそれを見透かしてこの回答だった、というわけで、こんな茶番になんの意味があるのでしょうか。

2018年06月18日

中部フィル第62回定期演奏会

赤貧です。16日から17日にかけて、名古屋に行ってまいりました。

ブラームス・チクルスの第3回は、秋山さんの指揮によるブラームスの交響曲第3番とピアノ協奏曲第2番という組み合わせでした。すでに自主制作盤でピアノ協奏曲第2番のほうは録音が出ています。手元に1枚持っていますが、今日のほうが数段上です。感情表現がずっと深みを増しています。

途中、休憩を15分はさんで2時間超えの演奏会でしたが、たっぷり聴いてお腹いっぱいになったわりに解放感がないのは、2曲とも勝利の凱歌な終わりかたをしないせいでしょうね。この組み合わせをよしとするかは、かなり微妙だとあらためて感じます。

前半の第3番も、哀愁とか寂しさがよく出ていたと思います。たしかに過剰な演出はありませんが、何度でも聴き返せる、妙な小細工のない演奏で好感が持てました。

次回、8月は二重協奏曲に第4番の、超がつく大トリの組み合わせです。実演を聴いて満足するのは第1番ですが、いつ聴いてもブラームスのすごさにうなるのはやはり二重協奏曲と第4番。さあ、どうなるでしょうか。楽しみです。

----------------------------------------

http://chubu-phil.com/news_cat/c_2018/

第62回定期演奏会

秋山和慶ブラームス・ツィクルスIII

指揮/秋山和慶

ピアノ/北村朋幹

 

ブラームス:交響曲第3番ヘ長調Op.90

ブラームスピアノ協奏曲第2番変ロ長調Op.83

----------------------------------------

飛行機の機体番号

f:id:bifum:20180617183303j:image:medium:left

名古屋への行き帰り、座席は同じ位置にしました。翼の機体番号が見えるので気づいたのですが、行きも帰りも、同じ飛行機だったと思います。行きも写真を撮っておけばよかったな、とちょっと後悔しました。

2018年06月17日

昼食

https://ameblo.jp/hatanaka-lunch/

http://hatanaka-lunch.com/

いまの職場は近くにご飯屋さんがほとんどありません。弁当屋さんが複数販売に来るので、自分で弁当を詰めて持ってくるか、途中のコンビニで何か買ってくるひと以外は、訪問販売の弁当屋さんから、弁当を買うことになります。

 

基本的に、毎日さいしょに職場を訪ねてくれる弁当屋さんから買います。いわゆる日替わり弁当です。4,100円で、10枚つづりの回数券を購入し、1食1枚使います。毎月、勤務日は約20日ほどですから、月に8,200円で昼飯をいただいている計算です。

 

これに朝食が素麺ですから、どう考えてもそんなにかかっているはずはないのですが、集計してみると、意外とかかっている。ということは、夕食なんですよね……。たしかに外食とかもおおいですから……。ここを削減しないとしょうがないなあ。

2018年06月16日

「残像に口紅を」

残像に口紅を (中公文庫)

残像に口紅を (中公文庫)

高校時代に読んで驚愕した世界がなんと電子版で携帯できる時代になりました。すごいです。素晴らしいです。ぜひ、この調子で「虚航船団」や「夢の木坂分岐点」「虚人たち」も電子版化してほしいものですが……どうでしょう?