美風庵だより

だらだらと書きつづる日々の記録。読んでもとくに人生に得はない。

2017年09月24日

高倉稲荷神社

f:id:bifum:20170918132728j:image:medium:left小倉であった。晴れていたので帰路、八坂神社のなかにある高倉稲荷にお参りする。先日紹介したとおり、高倉稲荷とある祠がもうひとつ八坂神社に行く途中にある。どうやら高倉稲荷というのは複数あるらしい。

 

考えてみると以前、仕事のついでに足を伸ばした足立山妙見宮にも高倉稲荷の祠があった。この近辺では有名なお稲荷さんなのだろうか?

2017年09月23日

外付けキーボード

f:id:bifum:20170912134233j:image:medium:left

外付けキーボードを毎日使用している。これがないと外で仕事にならないと言ってよい。見てのとおりタッチパッドがついているのだが、Windowsでないと動作しないため、まだ使ったことはない。基本、これにiPhoneを接続して利用する。カーソルの移動は、直接画面をタッチして行う。

https://dynabook.com/pc/catalog/libretto/050420u1/index_j.htm

むかし、librettoU100という機種を使用していた。最終的に基盤がおかしくなり、キーボードが反応しなくなったので中古で売っぱらったのだが、じつによい機種だった。librettoで、小さめのキーボードにはもともと慣れているというのもあるが、あれから10年で、さらに軽量・小型の作業環境が手に入る時代が来たかとおもうと、なかなか感慨深い。これでもう少し儲かると、タブレットの購入といったことも考えないといけないのだろうが。

「箱根の坂」(下)

新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)

新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)

新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)

新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)

新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)

新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)

----------------------------------------

「いまは末世である。武権をもつ者は民を搾り、おのれのみ栄華をなし、ついに餓死する民も出ている。わが守護する国の民、ねがわくはゆたかであることを」と、いったりした。

 

日本国の公方、管領、守護でこのようなことをいった者はひとりもいなかった。

 

伊豆の民は、早雲の施政をみて、この人の世、永久なれかしとねがったといわれる。

----------------------------------------

やっと北条早雲さんのお話も、下巻にたどりつきました。

こうあって欲しいものですよ政治家さん( 一一)まあ、数百年歴史に残る人物と、そこらへんの俗物がいっしょのわけはないですけどね。

2017年09月22日

コイケヤ プライドポテト 手揚食感柚子香るぶどう山椒

https://koikeya.co.jp/pridepotato_item/index.html

f:id:bifum:20170905153640j:image:medium:leftどういう味わいなのか興味があったので買ってみた。開封してすぐ柚子の香りが一瞬だけただようが、確かめようとしても、二度目は感じない。ポテトチップスを口にいれると、ざくっとした食感。カルビーの堅あげポテトほど堅くはない。山椒の香り、とくに実の部分の感じがあっという間にひろがる。山椒の実を刻んだりつぶしたりして口に含むと、ピリッとした感じがする。あの味がよく出ている。

 

けっきょく、柚子の香りは一瞬だけで、山椒のピリッとした味わいと、ベースの醤油の旨みを味わう一品。ときどき、絶妙に酸味を感じるのは、おそらくは柚子の皮だろう。アクセントになっている。

 

しかし、「日本産じゃがいも100%」と、袋に大書してあるのはどういうことだろうか。関税の関係で、生のじゃがいもは国産ばっかりしか流通していないから、いまさら「国産」と強調する意味はなかろうに……(関税が見直されたのだろうか?)。まさかそこらへんのカラクリを知らない消費者に訴求しているわけではあるまい。湖池屋ともあろうものが、そんなことするかね……( 一一)

2017年09月21日

国内リートを組み込み直す

f:id:bifum:20170919080713p:image:medium:leftリートの個別銘柄を売り抜けて、投資信託の積立比率を再度いじってみました。

(a)株6:債券1:リート(不動産)3

(b)日本1:海外4

しばらく、この割合で積み立て直してみることにします。

 

「なにを積み立てているのか?」とLINEでもらいましたので、銘柄を列記します。

----------------------------------------

*国内株式

たわらノーロード 日経225

たわらノーロード TOPIX

<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均

<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIX

 

*先進国株式

iTrustロボ

たわらノーロード 先進国株式

たわらノーロード NYダウ

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式

 

*新興国株式

たわらノーロード 新興国株式

三井住友・DC新興国株式

 

*国内債券

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券

 

*先進国債券

三井住友・DC外国債券

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券

 

*新興国債券

eMAXIS新興国債券

 

*国内リート

<購入・換金手数料なし>ニッセイJリート

 

*海外リート

三井住友・DC外国リート

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリート

----------------------------------------

計18本。ピクテのアクティブファンドが1本だけ混じってますが、あとは信託報酬の安いインデックスファンドばかりです。レオスの「ひふみプラス」も混ぜるかどうか数十分考えたのですが、アクティブファンドは利益を出すだけあって差し引かれる報酬も大きい。さすがに2本もアクティブファンドを混ぜると、もったいない。

とうとう選挙か……

f:id:bifum:20170920191029p:image:medium:left赤貧なので、産経新聞の電子版を購読しております。いちばん安いのです。これは19日の夕刊ですが、とうとう28日に解散するという情報が駆け巡っております。衆院選ねえ……。

2017年09月20日

「続・道をひらく」

続・道をひらく

続・道をひらく

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-51318-8

f:id:bifum:20170913204954p:image:medium:left

「毎日が同じことの繰り返しのように思えることがある。しかし、昨日よりは今日の方が、それだけの体験を深め、それだけ賢くなっているのである。人生には、日とともに高まりはあっても、繰り返しはない。

 世界の動きが、また同じ歴史の繰り返しのように見えることがある。しかし決して繰り返しではない。さまざまの歴史の体験を経て、人類は一段一段、賢くなっているのである。繰り返しと思ったとき、進歩への道をみずから閉ざす。繰り返しではないのである」

 

再び、電車の行き帰りに松下幸之助さんを読みはじめた。素晴らしい。

リートを売る

いろいろと思案した結果、含み益が出ている現状で、リートの個別銘柄は売り払うことにしました。

 

最初は「リートは年2回配当金がくる。ETFで買い付けると信託報酬を運用会社が中抜きする。もったいない。直接個別銘柄を買おう」と考え、そのとおり実行しました。

しかし、当然ですが値上がりし続ける銘柄もあれば、想定に反して、右肩下がりも混じるわけです。

本当に、ちんこと心臓によくありません。

「全体でプラスであればよいではないか」と思うかもしれませんが、人間は意外とそういうものではないのです。プラスで当たり前だと考えてしまい、欠点(個別のマイナス)がどうしても目についてしまいます。

まるで欠点を探しまくる姑のようです。

 

とくに*岡リートに関しては、「キャナルシティに投資(^^♪」とうっかり一口購入してしまい、ずっと右肩下がりで値上がりの気配すらありません。塩漬け覚悟で所有するにしても、ほかの含み益をぜんぶ食い潰されたら、目も当てられません。

 

リートの売り抜けが終わったら、こつこつ、ブラックロックや日興のETFを買い付ける予定です。

https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/literature/press-release/ishares-20170825-press-release-ja-jp.pdf

https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/literature/press-release/ishares-20170908-press-release-ja-jp.pdf

http://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/asiareit

いろいろ面白そうなのがありますからね。

 

ETFもリート同様、値段の変動があるのですが、こちらは一方的な右肩下がりになりにくい(上下変動がある)ので、心臓にきません。かならず決算がらみの利確で投資家が放出して値下がりする時期が年に2回ほど巡ってきますから、そこを狙ってこつこつ買い付けておけば、よほど1口単価が高額なものでないかぎり、問題ありません。さあ、どうなりますやら。

売り抜け後

*岡リートの損を、ほかの銘柄も抱き合わせにして、とりあえずプラスで売り抜けました。ちなみに、赤貧が売ったあと、10分ほどで、さらに相場は上昇しました。数千円は取りこぼしたでしょう。

7時ごろに前もって指値で仕込まず、今日の相場をみてから、こつこつ売り払えばよかった……と後悔しましたが、まあ、こういうのはいつものことです(-人-)このおカネを、ほかで有効に利用しないと。

f:id:bifum:20170920090733p:image

今回売り払ったリートの銘柄はこちら。

※日付は「受渡日=証券会社から実際におカネが振り込まれる日or証券会社におカネを払う日」です。

5月に株をはじめたとき、

(1)配当金の利回りがよい

(2)1口10万以内(福*リート除く)

というだけで買い付けた(爆笑)怖いもの知らずの銘柄です。個別にみると、もっと値上がりした時期もあったのですが、個別銘柄の上下に一喜一憂するのに、つかれました。ちんこと心臓によくない。

この利益は、すべて投資信託の積立orETFの購入代金にさせていただきます(-人-)感謝

 

では、着替えて出かけてまいります。

よい儲け話に出会えますよう。