Hatena::ブログ(Diary)

WEB学習|大豆変身記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-04-10

Photoshop 写真をコミックのように加工する

写真をコミックのように加工する

f:id:bigbig-apple:20120410114433j:image:w150   f:id:bigbig-apple:20120410114434j:image:w150
      Before               After

【作成方法】

  1. フィルターメニュー→アーティスティック→「エッジのポシタリゼーション」を選択。プレビューを見ながら人物の輪郭が太くなるように各パラメーターを強めに設定してOKする。

    f:id:bigbig-apple:20120410123053j:image:w150

 2. さらにフィルターメニュー→アーティスティック→「カットアウト」を選択。細かい汚れがなくなるよう各パラメーターを調節してOKする。

    f:id:bigbig-apple:20120410123126j:image:w150

 3. 色調補正パネルから「2諧調化の調整レイヤーを新規作成」を選択、2諧調化パネルにパラメータが表示されるので、「しきい値
    スライダーを調整しながら人物のディテールがつぶれない程度にモノクロ化する。
    
    f:id:bigbig-apple:20120410123207j:image:w150   f:id:bigbig-apple:20120410123206j:image:w150

 4. 新規レイヤーを作成し、不要な部分をツールパネルのブラシツールで白く塗りつぶす。逆に消えてしまった線は黒で描き足す。
    ここまでで、コミック風の画像は完成。

 5. 次にスクリーントーンを作成するために、新規レイヤーを作成。編集メニュー→「塗りつぶし」を選択して、ダイアログボックスの「使用」を
    「50%グレー」に設定。全体をグレーに塗りつぶす。

 6. さらにフィルターメニュー→ピクセレート→「カラーハーフトーン」を選択し、「最大半径」でドットの大きさを設定し、各チャンネルを
    同数値に設定する。5,6の作業でスクリーントーンが作成できる。

    f:id:bigbig-apple:20120410123330j:image:w150

 7. スクリーントーンレイヤーの「描画モード」を「乗算」にし、不透明度を下げて設定すると半透明になって人物画像と重ねられる。
    Altキーを押しながら「レイヤーマスク追加」ボタンをクリックすると、一時、スクリーントーンが隠れるので、白に設定したブラシツールで
    先ほど追加したマスクをドラッグすると、その部分にスクリーントーンが表示される。

    f:id:bigbig-apple:20120410123436j:image:w150

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bigbig-apple/20120410/1334029224