Never Too Late

2011-08-26

JobsがGoogleのロゴを気に入らなくて修正したとかの深いい話

| 23:47 | JobsがGoogleのロゴを気に入らなくて修正したとかの深いい話を含むブックマーク JobsがGoogleのロゴを気に入らなくて修正したとかの深いい話のブックマークコメント

英語に挑戦。

元記事はここ。またまた新たなJobsのエピソードが。

https://plus.google.com/u/0/107117483540235115863/posts/gcSStkKxXTw


2008年1月6日、日曜の朝、礼拝に参列していたときに携帯のバイブがなった。出来る限り控えめに私は携帯をチェックしたが、発信者は不明だった。だから私は無視することに決めた。


礼拝が終わり、家族とともに自分の車に向かって歩いていたとき、私は携帯の留守番メッセージをチェックした。メッセージはSteve Jobsからだった。

「Vic、電話できるかい? すぐにでも話し合いたいことがあるんだ」


車にたどりつくまえに私はSteve Jobsに電話した。私はGoogleの携帯アプリの責任者で、いつもSteveと交渉をしていた。これは仕事の特典みたいなもんだ。


「Steve、Vicだよ。」と私は言った。「すぐに電話に出れなくてごめん。礼拝に出てたんだよ。それに、誰からの着信かわからなかった。だから電話に出ないことにしたんだ」


Steveは笑った。「そりゃそうさ、Vic。礼拝のときは、”神”と表示されない限り電話に出るべきじゃない」


私は神経質に笑った。Steveは何か混乱することがあれば、週のいつかに電話してくるのが習慣だった。けれど、日曜に私に電話して、私に電話するよう頼むなんて普通じゃない。何かそんなに重要なことでもあるんだろうか?


「Vic、喫緊の問題がある。すぐに君に提出するよ。君の手助けをするよう、既にうちのTeamの奴を任命した。明日までに修正してもらえるとありがたい」


iPhone上のGoogleロゴをこれまで見てきたんだけど、iconが気に入らない。ロゴの2番目の"o"の黄色のグラディエーションが良くない。駄目なんだよ。だから、Gregに明日直させることにしたんだけど、いいかい?」

f:id:bigeyez:20110826233858p:image


もちろん、OKだった。電話の何分後かに、私はSteveから”アイコン救急車”という件名のメールをもらった。アイコン修正のためにGreg Christieと一緒になってやってくれ、と指示があった。


11歳でApple2にめろめろになってから、私はアップル製品についてたくさんの物語を語ることができる。何十年にもわたって、アップルは私の人生の一部になっている。マイクロソフトでBill Gatesのために15年働いたときでさえ、Steveとアップルが送り出してきた製品に対して多大なる敬愛の念を抱いていた。


最終的に、リーダーシップや情熱、細部に至るまでの注意について思うとき、私は、1月の日曜の朝、Steveからもらった電話のことを思い出す。それは決して忘れちゃならない授業だったのだ。CEOは細部にまで注意を払うべきなんだ。たかだか”黄色の陰影”についてだとしても、その日が”日曜日”だとしても。


私の中の最高の指導者の一人であるあなたへ、祈りと希望はあなたとともに-Steve。



以上終わり。翻訳難しい。間違いが多々あると思いますが、トライしてみました。今年に出るかも、と言われているSteve Jobsの自伝楽しみです!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bigeyez/20110826/1314370024