びん5の気ままな日記 このページをアンテナに追加

168210

2004-10-24 (Sun)

[]今週のビー玉クラブ回覧書籍

今週は、4冊を読了。

時期的に早いですが、クリスマスに関する絵本が3冊ありました。

アメリカでは、ハロウィーンサンクスギビング、そして、クリスマスとなる

のでしょうか。


まずは、TOUCH and FEELとSCRATCH and SNIFFのCHRISTMASを2冊。

サンタのヒゲが触れます。トナカイの鼻も触れます。

ツリーのニオイがかげます。

Christmas (Touch & Feel)

Christmas (Touch & Feel)

Christmas (Scratch & Sniff)

Christmas (Scratch & Sniff)



「Disney's THE LITTLE MERMAID」

次に、ディズニーのよく見るタイプの本のシリーズ。リトル・マーメイド

このシリーズ思ったより難易度の高そうな単語が出てくる。

調べないで、読み進んで、内容は理解したつもりでいる(^^;)



Harvey Slumfenburger's Christmas Present

Harvey Slumfenburger's Christmas Present

この絵本。すごくいいです。

サンタさんが、プレゼントを配って帰ってきました。

2頭のとなかいも、かなり疲れてる。サンタさん自身もお疲れ。

さあ、寝ようと思ったら、ベッドの上にプレゼントが1個残ってる。

それを、サンタさんが、疲れたとなかいには乗らずに届けようとする。

いろんな乗り物に載せてもらうが、さあ、無事に届けられるか...


乗り物が次々替わるところの英文の表現が、繰り返しになっていて、

音読して楽しい本でした。

絵もいい感じです。

[]Magic Tree Houseシリーズ第1巻

快読100万語!ペーパーバックへの道 (ちくま学芸文庫)」でも紹介されているMagic Tree Houseシリーズを

4巻パックの物(Magic Tree House Volumes 1-4 Boxed Set)を購入しました。

YL2、総語数5000語までの本をもっと読みたいと思っていたところ、あきさん

(id:akimirakuru)のお薦めもあって、読むことにしました。


木の上の小屋に魔法の本があり、ジャックとアニーの兄妹がその本を見ながら

行きたいと願うだけで、その世界に行くというのが基本のストーリーです。

第1巻では、恐竜の世界でした。

妹のアニーが、恐竜に近づいて、話し掛けたり名前を付けたりして、ジャック

を心配させます。

草食の恐竜はおとなしくやさしいのですが、やはり肉食の恐竜が出てきて...


この小屋は、誰が作ったのかなど、いくつかなぞが残り、次巻以降で解明され

るのだろうかと思わせる部分もあり、おもしろそうです。

絵が話の展開に合せて、数ページごとにあるので、わかりやすく読みやすかっ

たです。

シリーズとして、30巻ぐらいあるようですが、まずは4巻読みます(^^)

Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))

Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))

YL:3 総語数:5200

akimirakuruakimirakuru 2004/10/25 11:08 こんにちは。マジックツリーハウス届いたんですね。
わからない単語もわりとでてきますが、イラストで
読めちゃいますよね。
単語の意味が本に解説されているという内容なので、
自分もジャックといっしょに覚えられます。
全部で28巻でていて、すべての話が4巻でひとまとまり
の謎解きになっているみたいです。
ジャックとアニーの口語の会話がいきいきとしていて、
「You are nuts!」なんて書いてあると
けんかするときには、こんないい方するんだ!
って楽しくなります。
まあくさんが楽しく読めるといいな〜と思っています。
私は5巻目を読んでいるところです。
5巻目は、忍者の話で日本へ行くみたいです。

bin5bin5 2004/10/25 13:22 あきさん、情報ありがとうございます。
そうですか。4巻でひとまとまりなんですね。
後の3巻がますます楽しみになりました。
「You are nuts!」って「君はナッツだ」って、何言ってるんだ
と思ってましたが、俗語の意味あったんですね。
辞書調べちゃいました(^^;)
実は、他にも何言ってるんだろうって言葉あります。
今度、メモっておきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bin5/20041024