Hatena::ブログ(Diary)

女性と貧困ネットワーク

ブログの情報

女性と貧困ネットワーク

女性と貧困ネットワークのブログです。

  • ユーザー登録から本日までに日記をつけた日数:147

ブログの詳細説明




女性と貧困ネットワークは2008年9月28日に「貧乏でも安心。女性でも安心。」を合言葉につくられた団体です。





女性と貧困ネットワークが生まれた経緯



「女性の人生は、ひとりでは不安定で不安で安心できないのがあたりまえ」というこの社会通念に異議をとなえる女性たちが集まって、「女性で安心」という豊かな社会を切望するネットワークを2008年9月に立ち上げました。
2008〜9年の「年越し派遣村」が象徴するように、不安定雇用・失業・ひいては住む家や人間関係をも失うという「貧しさ」が、「豊か」と思われてきた日本において顕わになった昨今です。しかし「女性」はいわばずっと貧しかったのです。

「男は妻子を養うもの」、そして「女は夫に養ってもらう存在」という、これまでの社会に広く浸透してきた価値観。そこから生まれてくる社会制度や生活保護費以下の女性の低賃金、雇用の調整弁としてパート労働や事務派遣労働に女性を据え置いていた問題や、男性の扶養に入らないシングルマザーたちの経済的困難は、事実上この日本社会のなかで放置されてきました。

そして今、「女・子どもを養うことができない」男性の貧困が顕わになりましたが、「女性」が「貧困」であるということは、当初マス・メディアからも、ほとんど注目されませんでした。それならばと自ら声を上げ、誕生したのが、このネットワークです。


女性と貧困ネットワークの連絡先


  • 【電話】03-3261-3397(留守電・FAX)
  • 【メール】binbowwomen@gmail.com
  • 【HP】http://d.hatena.ne.jp/binbowwomen/
  • 【郵便振替】口座番号 00130-2-472572 加入者名 「女性と貧困ネットワーク」

プロフィール

binbowwomen

一行紹介

女性と貧困ネットワークのブログです

メールアドレス

自己紹介


女性の人生は、ひとりでは不安定で不安で安心できないのがあたりまえ」というこの社会通念に異議をとなえる女性たちが集まって、「女性で安心」という豊かな社会を切望するネットワークを2008年9月に立ち上げました。2008?9年の「年越し派遣村」が象徴するように、不安定雇用・失業・ひいては住む家や人間関係をも失うという「貧しさ」が、「豊か」と思われてきた日本において顕わになった昨今です。しかし「女性」はいわばずっと貧しかったのです。


「男は妻子を養うもの」、そして「女は夫に養ってもらう存在」という、これまでの社会に広く浸透してきた価値観。そこから生まれてくる社会制度や生活保護費以下の女性の低賃金、雇用の調整弁としてパート労働や事務派遣労働に女性を据え置いていた問題や、男性の扶養に入らないシングルマザーたちの経済的困難は、事実上この日本社会のなかで放置されてきました。


そして今、「女・子どもを養うことができない」男性の貧困が顕わになりましたが、「女性」が「貧困」であるということは、当初マス・メディアからも、ほとんど注目されませんでした。それならばと自ら声を上げ、誕生したのが、このネットワークです。


プロフィールをもっと見る