Hatena::ブログ(Diary)

bingo_nakanishiの他言語出身者のためのPerl入門

2009-05-20

第97回 これだけは押さえておきたいエクセルの知識  前編

23:30 | 第97回 これだけは押さえておきたいエクセルの知識  前編を含むブックマーク

新社会人になって、業務を与えられるようになると

エクセルをガシガシ使っていくことになると思います。


今回は、これだけは押さえておきたいエクセルの知識です。


その1. 絶対参照 と 相対参照

絶対参照と相対参照を理解するには、

九九の表をつくってみると良いでしょう。

1*1 = 1
...
9*9 = 81

と小学生のときに必死に覚えたアレです。


f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520225631j:image

右上の、数式バーに注目してください。

=C$2*$B3

となっています。$は、固定をあらわしています。



なんで $ なの??

「Sに縦棒が刺さって、固定しているみたいに見えるから$」

と、私は強引に覚えてみました。

この$が使いこなせるとエクセルを使うのが楽になります。


絶対参照とは

セルをフィルで選択してコピーしても、同じ場所を指していること


相対参照とは

セルをフィルで選択してコピーすると、指しているところが変わっちゃうこと(インクリメンタル、デクリメンタルにコピーされていく)


どこを固定するかが大切

厳密には、

相対参照 B1

絶対参照 $B$1

複合参照 $B1 または B$1

というように、$がある位置で、呼び方を変えるみたいですが、

肝心なのは、どこを固定するかということ。



その2. エスケープキー

Excelを使っているときに、

エスケープキー(esc)は強い味方。

viのエスケープぐらい重要。

今の選択中を解除したり、入力をはじめからやりなおさしてくれたりする。




その3. =

=B1+B2

と書くと、

「B1とB2のセルの値を足して、これを書いたセルに代入して」

みたいな意味になる。


= より右は数式とみなされているもよう。

それが嫌なら、セルの書式設定から表示形式を文字列にすると吉。



その4. 関数の書式の理解

SUM関数の説明では、

書式

SUM(数値1,数値2,...)

と書かれていたりするが、これは、

SUM(B1,B2,B3)

とも書けるし、

SUM(B1:B3)

とも書けると言う事を表している。



その5. B1:B3 という書き方

セルの1つ1つをあらわすなら、

B1 とか B2 とか書けるけど、

以下の図のように複数のセルを表したいときは、

f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520230946j:image

B1:B3

このように、:(コロン)を使ってあらわす。

どこで、使うかというと、関数引数に与えるときとかに使う。



その6. 「今日の日付」と「今の時刻」をすばやく入れる

Ctr + ;

Ctr + ; をおもむろに入力してみよう

2009/5/20

こんな感じで、今日の日付が入力されるはずである。


Ctr + :

Ctr + : をおもむろに入力してみよう

23:12

こんな感じで、今の時刻が表示されるはずである。



その7. 簡単にdiff

IFを使えば、diffることができる。

数式バーに注目してほしい。

f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520231344j:image

セルB2とセルB3が同じなら、○を表示、ちがうなら×を表示という意味である。

あとは、この数式をフィルで伸ばしてやればよい。

ここで必要になる知識は、もちろん絶対参照と相対参照。



その8. シフト表を作る

シフト表を作るなら、

WEEKDAY関数

表示形式 aaaa

コンボを使う。

f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520231632j:image

f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520231648j:image

このように、

WEEKDAY関数を書いたセルの表示形式をaaaaにする。



その9. データがあるところまで一気に選択する方法

データが入っているところまで一気に選択したいなら、

Ctr + Shift + 矢印キー

を使えば良い。

f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520231947j:image



その10. 上とか左の項目を固定してスクロールする

扱うデータ量が多くなってくると、

せっかくどんなデータであるか示した部分がスクロールすると見えなくなってしまう。

そんなときは、

ウィンドウ枠の固定

を使えば良い。

f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520232251j:image


ウィンドウ枠の解除

を使えば解除できる。

f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520232245j:image


もらったファイルがウィンドウ枠の固定になっていることも

ちなみに、渡されたエクセルがこの「ウィンドウ枠の固定」してあると、

「ええ! なにこのエクセル!!?」

と慌てふためくことになるので、知っていると慌てず騒がずで吉。



その11. Shift + クリックで矩形選択のように一気に選択

あるところを始点とし、

あるところを終点とする。

なんといったらよいのか、矩形選択みたいな選択は、

始点のセルをクリックしてから、終点のセルの上で Shit + クリック

でできる。


f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520232633j:image

セルC4をクリックした後で、


f:id:bingo_nakanishi_perl:20090520232619j:image

セルF9で Shift + クリック

auientauient 2009/05/21 23:35 >その7. 簡単にdiffる
ですが、diffだけならexact()を使うとより簡単ですよ。

bleis-tiftbleis-tift 2009/05/22 10:14 >その3. =
行とか列単位での指定じゃない場合は、シングルクォートに続けて = 以下を入力したほうが楽です。

chunchun 2009/05/23 18:23 >その1 絶対参照
絶対⇔相対はF4で切り替えるとより早いですよ。

bingo_nakanishi_perlbingo_nakanishi_perl 2009/05/25 01:09 >auientさん
ありがとうございます。 その関数は知りませんでした。

>bleis-tiftさん
ありがとうございます。 確かにその方法がありました!

>chunさん
ありがとうございます。 確かにおっしゃる通りです。
おもむろにF4を押して切り替わるのを確認すると、楽しいですよねw

htzhtz 2009/05/25 18:45 シートの移動は
Ctl+PageUp/PageDown
仕様書なんかでシートが複数あると良く使う!

通りすがり通りすがり 2010/04/04 11:34 >WEEKDAY関数を書いたセルの表示形式をaaaaにする
これは間違い。シリアル値の先頭「1900/1/1」がたまたま日曜日だからWEEKDAY関数の1と同じになるだけ。
WEEKDAY関数の結果1〜7に表示形式のaaaaを設定するのは理屈的におかしい。
日付(シリアル値)を入力してあるセルに直接aaaaを設定すれば曜日が表示される。
この場合B3セルには「=B2」と入力してaaaaを設定する。