Hatena::ブログ(Diary)

ECCジュニア 桜本町&藤之宮 このページをアンテナに追加 RSSフィード

August 10(Fri), 2012 ダイエット中に食べる野菜はこれ!

低炭水化物ダイエットの実践方法と成功のコツ!
低炭水化物ダイエットの実践方法を詳しく解説します。お米が主食の日本人にとっては大変辛いダイエット法になると考えられますので、今回は、もっと気軽に長く続けられる低炭水化物ダイエットのコツもご紹介します!


ダイエット中に食べるべき野菜はコレ!!
野菜はダイエットのためにも健康のためにも良いことは分かっていますが、野菜だけを食べていればOKというわけではありません。今回は、野菜がダイエットに役立つ理由や、ダイエット中に積極的に食べたい野菜、おや…


June 23(Wed), 2010 Hi, Hi, Hi ! & Birthday

D

D

May 31(Mon), 2010 初めての児童相談所

昨夜、教室の郵便受けに現金が投函された。

紛失した金額には到底及ばない額だったけど、

生徒の改心する気持ちがとても嬉しかった。

警察沙汰にしなくて本当に良かったと思った。

が、反面、気に掛かるのはこういう事態を招いた本当の原因。

DV、いじめ、恐喝、そしてリストカット、列車を止めたこと。

大人の私が聞いても驚くようなことばかり・・・。

ちょっとこれは一講師の私が対処できることじゃないと判断し、教室運営の将来を含め、ECCの教育研究所長にまず相談した。

やはり見解は同じ。

教室としての今回の対処は正しかった、と。

そしてDVや恐喝に対する生徒保護のためにも、同じ事案を多く処理する公営機関、児童相談所の助けを借りることを薦められた。

で、その足で名古屋市の児童相談所へ。

一通りことの経過を説明。追って連絡があるとのこと。

恐喝に関しては犯罪=警察の管轄ということで取り上げられなかった。(参考までに、ということだった)

自分の生徒が教室のお金を遊興費に使ったならまだしも、

それが見ず知らずの不良少年(少女?)に渡っていると思うと、怒りがこみ上げてくる。

そしてそのために、うちの生徒が盗みや自傷行為にまで及んでいる。

その怒りが私を今日の行動に駆り立てた。

現金紛失で発覚した、まだ子供だと思っていた子の想像外の日常生活。

お金欲しさに手っ取り早く売春をした生徒もいると聞いた今日、明日では遅すぎる、今日何かすべきことがあると思った時、相談者のいる場所へ向かう腰は軽かった。

何とかして彼女を今の負のスパイラルから救ってあげたい。

ここで踏みとどまれば、もっと良い将来が待っているから。

頑張ろう○○ ちゃん! 先生と二人三脚で。(^^)

May 30(Sun), 2010 現金盗難事件のその後

今月に入り教室から消えた現金数万円。

教育の場であり、かつ対象者が未成年という性質上、

良心に訴えた自主的な返還を期待して、その道を開く努力をした。

まずは、事実の告知。(1週目)

しかし、進展なし。(−−)

 

で、次のステップへ。

過失を問われない、かつ人知れず返還可能な方法「教室のポスト投函」の提示。(2週目)

これも、動きなし。(−−;)

で、次は心理面に。

個を特定せずクラス単位で、今回の件に対する個々の反応&考えに耳を傾ける。

で、その結果。 ↓

■ 幼児=非常に正義感が強く、同情心も厚く、即断即決の感あり。かつ捜査協力を申し出てくる。非現実的な部分も見られた。(汗)

■小学生低学年=基本的に幼児の見せた反応に近いが、

その弱点や盲点を指摘した上級見解を披露する。

その見解は非常に厳しく、ちょっと冷酷さも感じた。

■小学生高学年=正義感はあるが、問題の大きさ驚き、躊躇を見せる。実際的な対処方法には迷いが見られた。

■中学生=事実認識が鋭く、仮定やシミュレーションが上手い。過去の経験からくる見解を展開。かなり実際的で個人的。

そして、彼らの中からこんな発言が出て、新たな悩みが増えてしまった。

プチ家出、幼少からの体罰、学校でのいじめ&恐喝、学校の教師&カウンセラーの上辺だけの対処、リストカットに気づかない親の無関心、そして名鉄電車の線路内で列車を止めたこと。

そして、いつもの授業日にやって来た一人の女生徒の左手首には、複数の切り傷があった・・・!

心を開いてここまで話してくれたけど、英会話教室の一教師の私には正直言って荷が重過ぎる。

帰り際に彼女が言った一言が心に引っかかっていた。

「誰でもいいから、力のある強い大人が必要・・・」って。

そして今夜、仕事を終え、施錠をしながらふと壁面の郵便受けが気になった。

開けてみたら、封筒が1通。

手に取ったら、ずっしと重い。

閉めた教室に戻り開封すると、二千円札や千円札、そしてたくさんの硬貨が出てきた。

教室で紛失した金額とは違うその半額にも満たない額だったが、投函主は容易に想像がついた。

その決断と行動に安堵したのもつかの間で、

その封筒の中に、今はほとんど流通していない二千円札が複数入っていることに一抹の不安が。

親のコレクションだったのではないだろうか・・・。

彼女の身が案じられるけど、性急な行動に出ることも躊躇われる。

警察は民事不介入じゃないけど、生徒の家の事情に踏み込むことは越権行為じゃないか・・・。

一言電話して「よく決心したね。えらいよ」ってねぎらってあげたい衝動に駆られるけど、それでは犯人を特定しないために「ポスト投函」を促した意味がなくなる。

でも、彼女の身の安全を確認したくてたまらない。

あぁ・・・、どうすべき?!

April 23(Fri), 2010 IEがブラウザーを広げ続ける

相変わらずIEはプログラムファイルのダウンロードを

要求しながら、何百というブラウザーを広げてます。

PC起動と同時にこれが始まるので、コントロールパネル

も開けられません。LANケーブルは抜いてあるので

ネットにはつながりません。

起動するたびにブラウザーの数が増えています。

今はもう留まるところを知らぬ勢いです。

昨日の夜の時点でもうかなりの数のプログラムファイル

の破損がありました。

パソコンレスキューで名古屋のオススメあったら

教えてください!