ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ヴィーナスの誕生(金星のマスター サナト・クマラからのチャネルメッセージ)

2016-07-01

観音経、長行(散文編)2

f:id:birth-of-venus:20100518081234j:image

金星女神学校スペシャルワーク≪観音クァン・イン≫

http://shanti-flare.ocnk.net/product/53


無尽意。若有人。受持六十二億恒河沙菩薩名字。復尽形供養飲食。臥具。医薬。於汝意云何。

(むじんに。にゃくゆうにん。じゅじろくじゅうにおくごうがしゃぼさつみょうじ。ぶうじんぎょうくようおんじき。えふく。がぐ。いやく。おにょういうんが。)

是善男子。善女人。功徳多不。

(ぜんなんし。ぜんにょにん。くどくたふ。)


無尽意よ、ガンジス河の砂粒ほどの数の菩薩の名を覚え、それらの菩薩全てにお供えすることを続けるような、そのような男女が受ける、功徳はどれだけのものでしょう。


無尽意言。甚多世尊。

(むじんにごん。じんたせそん。)


無尽意は、もちろん多いことと思いますと、釈迦に答えた。


仏言。若復有人。受持観世音菩薩名号。乃至一時礼拝供養。是二人福。正等無異。於百千万億劫。不可窮尽。

(ぶつごん。にゃくぶうにん。じゅじかんぜおんぼさつみょうごう。ないしいちじらいはいくよう。ぜににんふく。しょうとうむい。おひゃくせんまんおくごう。ふかぐうじん。)


けれど、ある人が観世音菩薩の名を唱え、一心に祈ったなら、この人も同じような福徳を得られるのです。

約千万億の時を経ても、それくらい観世音菩薩の恵みは尽きるということがない。


無尽意。受持観世音菩薩名号。得如是無量無辺。福徳之利。

(むじんに。じゅじかんぜおんぼさつみょうごう。とくにょぜむりょうむへん。ふくとくしり。)


観世音菩薩の与える福徳は、尽きるということがないのです。


無尽意菩薩。白仏言。

(むじんにぼさつ。びゃくぶつごん。)


無尽意菩薩は、釈迦に問う。


世尊。観世音菩薩。云何遊此娑婆世界。云何而為衆生説法。方便之力。其事云何。

(せそん。かんぜおんぼさつ。うんがゆうししゃばせかい。うんがにいしゅじょうせっぽう。ほうべんしりき。ごじうんが。)


観世音菩薩は、現世において、どのように人々に問いかけ、導いているのでしょうか。


仏告無尽意菩薩

(ぶつごうむじんにぼさつ。)


釈迦は答えた。


善男子。若有国土衆生。応以仏身得度者。観世音菩薩。即現仏身。而為説法。

(ぜんなんし。にゃくうこくどしゅじょう。おういぶつしんとくどしゃ。かんぜおんぼさつ。そくげんぶっしん。にいせっぽう。)


すべての国において、恵みを得たい人があれば、誰の前にも観世音菩薩直ちにその姿を現す。


応以辟支仏身得度者。即現辟支仏身。而為説法。

(にいせっぽう。おういびゃくしぶっしんとくどしゃ。そくげんびゃくしぶっしん。)


仏を求めるものには、仏の姿で。


応以声聞身得度者。即現声聞身。而為説法。

(おういしょうもんしんとくどしゃ。そくげんしょうもんしん。にいせっぽう。)


知識人には、知識人として。


応以梵王身得度者。即現梵王身。而為説法。

(おういぼんのうしんとくどしゃ。そくげんぼんのうしん。にいせっぽう。)


梵王を求めれば、その梵王として。


応以帝釈身得度者。即現帝釈身。而為説法。

(おういたいしゃくしんとくど。そくげんたいしゃくしん。にいせっぽう。)


帝釈を求めれば、帝釈として。


応以自在天身得度者。即現自在天身。而為説法。

(おういじざいてんしんとくどしゃ。そくげんじざいてんしん。にいせっぽう。)


自在天を求めれば、自在天として。


応以大自在天得度者。即現大自在天身。而為説法。

(おういだいじざいてんしんとくどしゃ。そくげんだいじざいてんしん。にいせっぽう。)


大自在天を求めれば、大自在天として。



応以天大将軍得度者。即現天大将軍身。而為説法。

(おういてんがいしょうぐんしんとくどしゃ。そくげんてんだいしょうぐんしん。にいせっぽう。)


大将軍を求めれば、大将軍として。


応以毘沙門得度者。即現毘沙門身。而為説法。

(おういびしゃもんしんとくどしゃ。そくげんびしゃもんしん。にいせっぽう。)


毘沙門を求めれば、毘沙門として。


応以小王身得度者。即現小王身。而為説法。

(おういしょうおうしんとくどしゃ。そくげんしょうおうしん。にいせっぽう。)


世間的な王として求めれば、王として。


応以長者身得度者。即現長者身。而為説法。

(おういちょうじゃしんとくどしゃ。そくげんちょうじゃしん。にいせっぽう。)


お金持ちとして求めるならば、お金持ちとして理屈を教える。


応以居士身得度者。即現居士身。而為説法。

(おういこじしんとくどしゃ。そくげんこじしん。にいせっぽう。)


一人で悟ろうとする者には、そのような者として。


応以宰官身得度者。即現宰官身。而為説法

(おういさいかんしんとくどしゃ。そくげんさいかんしん。にいせっぽう。)


役人には役人として。


応以婆羅門身得度者。即現婆羅門身。而為説法。

(おういばらもんとくどしゃ。そくげんばらもんしん。じいせっぽう。)


特権階級には、特権階級として。


応以比丘比丘尼優婆塞優婆夷身得度者。即現比丘比丘尼優婆塞優婆夷身。而為説法。

(おういびくびくにうばそくうばいしんとくどしゃ。そくげんびくびくにうばそくうばいしん。にいせっぽう。)


修行者の男女、在家信者には、修行者の男女、在家信者として。


応以長者。居士。宰官。婆羅門。婦女身。得度者。即現婦女身。而為説法。

(おういちょうじゃ。こじ。さいかん。ばらもん。ふにょしん。とくどしゃ。そくげんふにょしん。にいせっぽう。)


つまり、それぞれに応じた姿で、助けに現れるということです。


応以童男。童女身得度者。即現童男。童女身。而為説法。

(おういどうなん。どうにょしんとくどしゃ。そくげんどうなん。どうにょしん。にいせっぽう。)


幼い男の子や女の子としてだって、助けに現れます。


応以天。龍。夜叉乾闥婆阿修羅迦楼羅緊那羅。摩猴羅伽。人非人等身得度者。即皆現之。而為説法。

(おういてんりゅう。やしゃ。けんだつば。あしゅら。かるら。きんなら。まごらか。にんぴにんとうしんとくどしゃ。そくかいげんし。にいせつぽう。)


神として、龍として、夜叉として、阿修羅として、迦楼羅(鳥)、緊那羅音神)、摩猴羅伽(蛇)、人の形ではない存在としても、助けに現れる。


応以執金剛神。得度者。即現執金剛神。而為説法。

(おういしゅうこんごうしん。とくどしゃ。そくげんしゅうこんごうしん。にいせっぽう。)


金剛神としてなら、金剛神として。


無尽意。是観世音菩薩。成就如是功徳。以種種形。遊諸国土。度脱衆生

(むじんに。ぜかんせおんぼさつ。じょうじゅにょぜくどく。いしゅしゅぎょう。ゆうしょこくど。どだつしゅじょう。)


このように功徳を成し遂げた観世音菩薩は、ありとあらゆる姿で、ありとあらゆる場所で人々をその苦しみから解放することができる。


是故汝等。応当一心供養観世音菩薩

(ぜこにょとう。おうとういっしんくようかんぜおんぼさつ。)


だから、みなさん、観世音菩薩を一心に求めてください。


観世音菩薩摩訶薩。於怖畏急難之中。能施無畏。是故此娑婆世界。皆号之為施無畏者。

(ぜかんぜおんぼさつまかさつ。おふいきゅうなんしちゅう。のうせむい。ぜこししゃばせかい。かいごうしいせむいしゃ。)


観世音菩薩は、この世の怖れや困難において、怖れから守ってくれる。


無尽意菩薩。白仏言。世尊我今当供養観世音菩薩

(むじんにぼさつ。びゃくぶつごん。せそんがじんとうくようかんぜおんぼさつ。)


無尽意菩薩は、わたしも観世音菩薩を讃えたいですと釈迦に伝えた。


即解頸衆宝珠瓔珞。価直百千両金。而以与之。作是言。仁者。受此法施。珍宝瓔珞。

(そくげきょうしゅうほうじゅようらく。げじきひゃくせんりょうごん。にいよし。さくぜごん。にんしゃ。じゅしほうせ。ちんぽうようらく。)


そして、首にかけていた宝珠の首飾りを、差し出しました。


観世音菩薩。不肯受之。

(じかんぜおんぼさつ。ふこうじゅし。)


けれども、観世音菩薩は、受け取ろうとしません。


無尽意。復白観世音菩薩言。仁者。愍我等故。受此瓔珞。

(むじんに。ふびゃくかんぜおんぼさつごん。にんしゃ。みんがとうこ。じゅしようらく。)


何度も、どうか私を憐れんで受け取ってくださいと願いましたが叶いません。


爾時仏告観世音菩薩

(にじぶつごうかんぜおんぼさつ。)


そこで釈迦観世音菩薩に告げました。


当愍此無尽意菩薩。及四衆。天。龍。夜叉乾闥婆阿修羅迦楼羅緊那羅。摩猴羅伽。人非人等故。受是瓔珞。

(とうみんしむじんにぼさつ。きゅうししゅう。てん。りゅう。やしゃ。けんだつば。あしゅら。かるら。きんなら。まごらか。にんぴにんとうこ。じゅぜようらく。)


すべての存在のために、あなたはそれを受けなさい。


即時観世音菩薩。愍諸四衆。及於天。龍。人非人等。受其瓔珞。分作二分。一分奉釈迦牟尼仏。一分奉多宝仏塔。

(そくじかんぜおんぼさつ。みんしょししゅう。ぎゅうおてん。りゅう。にんぴにんとう。じゅごようらく。ぶんさくにぶん。いちぶんぶしゃかむにぶつ。いちぶんぶたほうぶつとう。)


観世音菩薩は、すべての存在のためにそれを受け取り、それを二つに分けて、一つを釈迦に、そして、もう一つを多宝仏塔に備えた。


無尽意。観世音菩薩。有如是自在神力。遊於娑婆世界。

(むじんに。かんぜおんぼさつ。うにょぜじざいじんりき。ゆうおしゃばせかい。)


無尽意よ、このように観世音菩薩は、この世において、自由自在にまるで遊んでいるかのように、その力を使うことができるのです。



金星女神学校スペシャルワーク≪観音クァン・イン≫

7月4日(月)新月開催

特別料金 18,000円(通常価格 25,000円)

お申込み締切は、7月3日(日)夜10時まで

お申込みは、シャンティフレアサイト↓からお願いいたします。

http://shanti-flare.ocnk.net/product/53



シャンティフレア 北鎌倉

http://shanti-flare.ocnk.net