biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2004-08-18 気の迷いということもある。

[]近頃遊んだ-1 近頃遊んだ-1を含むブックマーク

●カンガルーカップ

schmidtの子供向けゲーム。手番のプレイヤーが色ダイスを振るまえに、他の人々が黄色か緑に賭ける。で、出た目に応じて正解していたら自分のカンガルーが前に進んだり戻ったりする、軽いダイスゲー。なんというか丁半博打。他人がいるマスは飛び越えたりできるので、かすかに戦略の余地はある。まあ普通。次に出してくることもきっと・・・あるかなあ? 微妙

[]アダムとイブ アダムとイブを含むブックマーク

ラベンスバーガーの最近の二人用ゲーム。木に実った4色のりんごを奪い合う。相手にカードを提示して相手がそれを受け取るか拒否されるか。カードはそれぞれの陣営に配置されて、その大小でどっちのりんごを受け取るか決める。残りの手札の行方がキモ

システムシンプルながら悩ましさがあるよ、という感じの内容。カードは毎ラウンド、リシャッフルされるのでカウンティングしようもないので運の要素も強い。相手の出方で手札を推理しないといけないのだが、正直、根拠ない推理にしかならない。同じ数字のりんごを全て集めるとボーナスが付くのだが、終盤になるまでは意識しようにもできないので、結構どうしようもない。ラウンドを繰り返すにあたって、さあ次!という勢いが付きにくく、なんとなく進んでいく。他にもあるけど微妙

ルールはいいと思う。興味深いとも思った。やり取りを楽しめるので、してやったり感に快感を見出せる人にはオススメ。けど、個人的には地雷

http://www.boardgamegeek.com/image/43925

[]ホースショウ ホースショウを含むブックマーク

Gamewrightのちょっと昔ゲーム。最近再販。馬カードやらアシストカードやらで構成された各々に配られたカードを個人大手札をして、そこから毎ラウンド5枚を小手札に選ぶ。ラウンドで提示される乗馬各競技種目に対して、自分の馬を出場させていって、優勝させた数で勝敗を競う簡単ゲーム。馬にはそれぞれ得意不得意、競技によっては特定の馬にマイナスプラスがあるので、選んだ小手札によって一喜一憂がある。

これ、楽しいルールを読んだときはちょっとどうかと思ったが、カードのプレイのアヤでちょっとした駆け引きもあるし、小手札の組み方を考える楽しさもある。競技種目の登場はランダムながらも枚数には限りがあるので、大手札を無駄にしないやりくりも必要。

運の要素はもちろん強いが、それがあるから面白くなる類のゲームなのだろうと思う。

サックリ遊べて盛り上がるので、今後ちょくちょく合間を見ては登場しそうな予感。

http://www.boardgamegeek.com/image/51777