biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2004-08-21 疲弊と疲労は違うものだろう。

[][] を含むブックマーク

検切れしてたクルマをこっそり車検に出しに行きがてらドライブ

ワンウェイドライブ。

不安要素は満載だが、無事車検から帰ってくることを祈ろう。

安く済みますように。

[][] を含むブックマーク

ふらりとイエサブへ。なんだかいろいろ欲しいものがあったが、グっとこらえて立ち去ろうとすると「デスカード」なるゲームが目についた。夏コミの同人モノなのだそうだ。値段もそう高くはないのでせっかくだし購入。開けてみると2人用の120分推理モノとの説明アリ。

・・・結構、長いですな。むむむ。ちょっと失敗か。遊んでみて面白ければ良いのだけども。

[]近頃遊んだ−4 近頃遊んだ−4を含むブックマーク

”「パラディン(Paladin)」”

キダルト低価格ゲーム3種のうちの一つ。場に何枚か出てくるクエストカードを獲得するために手札の騎士たちを送り込む。全てのカードは裏向きに出されて行く。すなわち、誰がどのくらいの強さのカードを出したかわからない。で、最終的にクエストカードごとに各プレイヤーの出した騎士を、戦うか、撤退か、自主敗北か、の3択から選択しつつラウンドを繰り返す。

人数が多いと面白くなるかもしれない、ならないかもしれない。いや、ほかにもちょっとしたルールがちょこちょこあるのだけども、どうにも盛り上がりがない。一度クエストを達成した騎士は使いきりで、二度と場に出てこないため、騎士の強弱がゲーム中に変化していくあたりのアイディアは面白いのだけども。もう一度だけ人数増やしてリトライしようかなとも考えましたが、現状では地雷(中)。「バナナ共和国」や「コラプション」などのシステム劣化コピーという感が否めません。なにか精彩に欠ける感じ。カード絵が雰囲気良くてイイだけに。・・・参りました。

”「ビューロクレイジー(Buro Crazy)」” ”「ビューロクレイジー(Buro Crazy)」”を含むブックマーク

FXのちょい昔ゲーム。トーナメント方式で自分のキャラクター達を戦わせていく出世競争ゲーム。勝負は1対1の握りこみ秘密入札方式。勝ったキャラは社長の座に近づき、負けたほうは握りこんだ差額分だけ臨時給料みたいなのが出る。会社の前の階段から始まり、最終的に社長に登りつめたキャラが出た時点でゲーム終了。ゲーム中に使用したお金は全て別山としてストックされており、最終決算時に地位が上の人間から分配還元されていく。お金をたくさん持っている人が勝ち。

予想外にオモシロ。握り込んでは比較するだけのシンプルゲーなだけにつまるところ心理戦なのですが、これがたまらなく熱い。他のプレイヤーの勝ち抜き具合、懐具合を見ながら、足元を見たビットが決まったりすると猛烈に嬉しいですね。勘違いしそうですが、勝利条件が地位ではなく「お金」なので、攻め際引き際の探りあいなんかもオモシロ。読み合いを堪能できるは、なのに進行はシンプル&スムーズでサッパリと遊びやすいしで、かなりステキゲーです。こういうゲームを待っていたんですよ。

OooooooooooooooOoooooooooooooo 2004/08/22 04:11 お世話になりました。ばいばい♪

Connection: close