biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2004-10-05 うげごげご

[]やっぱり・・・・。 やっぱり・・・・。を含むブックマーク

近頃更新がおろそかになっているのは、

やたらと呑んだくれているからだ、なんて、口が裂けても言えませぬ。

[]呑んだくれ慕情 呑んだくれ慕情を含むブックマーク

なんぞゲームの話でもと思ったのですが、どうも面白い話もありません。

ということで近頃遊んだゲームの感想でも。

今日も今日とて酒を片手にゴー。

”「ゴースト(Gespenster)」” ”「ゴースト(Gespenster)」”を含むブックマーク

Hexagamesの昔ゲーム。1990年ということなのでかれこれ14年前。A.R.Moon作のトリックテイクです。カードにはやけにカラフルなオバケが描かれています。これがなかなかマヌケというか、腹立たしいくらいに自由奔放な感じのイラストです。今時ではこんなセンスはありえませんが、まあ味わいがあると言えなくも無いですね。ちなみにこのゲーム、一言でいうと有名なトランプゲーム「ハーツ」のバリエーションなんですけども。変更点といえば、スート(オバケ)が5色、カードの構成、変則マストフォローといったところ。

各色1〜11までのオバケ各11枚なんですが、白いオバケだけ16枚もあります。なぜ16枚もあるかというと、「7」がなんと6枚もあるんですね。ちなみにこの白いオバケを取ると失点になります。失点が200点を超えた時点でゲームが終了して、失点が少ない人が勝ち、という次第。通常1枚1〜5点の失点なので、これは先が長そうだと思いがちですが、この「7」だけは取ると10点の失点となります。・・・・それが、6枚もあるんですよ。もう、ゲンナリです。

次にゲームのキモであるところの変則マストフォローです。通常のリードの色縛りの他に「別の色のリードと同じ数字」を持っている場合もフォローしないといけないルールになっています。なのに、リードと同じ色でないと勝敗に関わることができません。そのため、変則的に色が枯れていったりします。ふとしたカードが他プレイヤーの温存していたカードをぞろぞろと引きずり出したりと、少し風変わりな感覚でわりかし楽しめます。

ただ、昨今のゲームの複雑さに慣らされたカラダにはあまりにシンプルなゲーム。私は比較的シンプルなブツでもダラダラと遊んでしまうほうなのですが、付き合わされる他のプレイヤーは厳しいかもしれません。特にトリックテイクというカードプレイ命のジャンルだけにこの辺は死活問題なのかもしれないですね。

ちなみに知られてはいませんが、このゲームは81年「ブラックスパイ」のリメイクだったりします。テーマとイラストが変更された以外、内容は同一のゲームです。まあどちらにせよ、よほどのことがない限り、買う必要はないでしょう。というより、このゲームと出くわすかどうかが疑問ですが。

時代なりのオモシロさを懐古できるゲーム、ということで。・・・・・カードのダサさのみ、必見、ですかね。

”カードの画像”

soba8soba8 2004/10/06 10:53 Hexagamesといえば、怪作「ブラックマンデー」のせいで、私の中ではトラウマゲームメーカーになっている会社さんですね。てか、このカード…味だなぁ…

bis_cobis_co 2004/10/06 17:51 きっとsoba8さんならこのカードのダサさに共感してくれると思ってました。個人的にはHexaはこれからも詰めていきたいゲームメーカーです。・・・ブラックなマンデーはともかく。

Connection: close