biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2004-12-30 納めまくり。

[]12月26日歳末ゲーム会、その顛末3号 12月26日歳末ゲーム会、その顛末3号を含むブックマーク

引き摺るように3号まで延びましたが今回で最終。

次もありますから。ということで早速。

「ホークスポークス(Hokus Pokus)」 「ホークスポークス(Hokus Pokus)」を含むブックマーク

HABAの新作。前作「海賊の決闘(Piraten Duell)」に続く、瓶詰めゲー第2弾。あまり期待していなかったものの、実はかなりオモシロだったという「拾い物ゲー」です。

前作「海賊の決闘」ではビンの使い方がダイスを発展させたものに過ぎず、まあアリですね、楽しいし、くらいの感じでしたが、今回は違いますよ。振り方は一緒ですが、意味合いが違います。えー、「アンドロメダおみくじ」みたいな感じといえばご理解いただけるでしょうか。中身は毎回のプレイヤーの主張度によって変化し、それがかならずしも功を奏するとは限らないのですよ。

ゲームの進行としては4段階で成り立ってます。ビンに自分の材料をいくつ入れるか秘密入札する、実際にビンを振ってみる、ダイスでその効果を適応するか決定する、各自の駒を進めたり進めなかったり、という流れ。ボードはなく、カード十枚で道中を表現しています。

入札できるカードの総数には限りがあるので無駄遣いしたくありません。しかし「今回は入札自体を無効にして、使用したカードを全員捨てさせる」という酷い効果のカードを各自が持っているので一筋縄ではいかないようになっています。自然、読みあいかわしあいの入札になるわけです。

入札が無事に実施されたら、主張したカード数に従い、材料をビンに投入して振ります。で、その結果次第で、誰の駒が進めるかが決定されたり、誰がカードを補充できるかが決まります。で、ダイスはその効果をどの程度適用するか、ビンを振りなおさせるか、すべてを無効にして入札自体をなかったことにするか(!)を決めます。

ここまでの説明でお気づきかと思いますが、このゲーム、とてつもなく運ゲーです。意思でどうにかなる部分は最初の入札の時くらいのもので、あとはひたすらに運が要求されます。ですが、なんといいますかこの運の部分がですね、バースト系の面持ちといいますか、祈りにも似た想いが介在するとても良いゲームだと思うわけです。「ブラフと運で前に進む」とは良く言ったもので、前半戦の駆け引きだけでも後半戦のビン運&ダイス運だけでも進むことができません。勝ち負けもさることながらすごく楽しめるゲームだと思います。感覚としては「クラウド9」と同じ系統のオモシロさ。ちょっと言い過ぎたかも。しかし、期待する一体感、ワーワーやってるうちに勝者が一人決定するみたいなところは良く似たオモシロだと思いますよ。

子供ゲーだからイラネー」なんて思ってスルーするとあとできっと後悔するくらいにはオモシロなので、ここは一つ騙されたと思って。

オススメ

”「ヒスパニョーラ(Hispaniola)」” ”「ヒスパニョーラ(Hispaniola)」”を含むブックマーク

Pro Ludo発、M.Schachtのボード有りトリックテイクゲー。システムのメカニズムがとてもイヤラシくて、激しいせめぎ合いが強要されるようになってます。トリックテイク好きにはたまらない仕上がり。リードカラー海賊船の関係がイイ縛りになっています。これにより、「より多くのトリックを取るため」以外にも、戦略的にリードプレイヤーになることの意義が生じています。またラウンドを繰り返すことによってボード上に動きが出る系統のゲームなので、意味無くラウンド複数回、ということもなく遊びやすいです。私の記憶では、本作はたしかシャハトにとって初の正統派トリックテイクゲーだったはず。ああ、こういう素敵なまとまり方もできるんですね、といったところ。ともあれ、あくまで私がトリックテイク好きだからこの発言が出てくるわけで、特に「判断材料が増えて、思考が多岐にわたる傾向のトリックテイクはあんまり・・・」という方にはオススメできないのですけどね。

また箱絵にも問題アリ。嗜好は様々なので一概には言えませんが、こうした作風を好むという方は多くないのでは。これを見て購入を躊躇してしまう人も少なくないことでしょう。かなり損をしているように思います。そんな感じ。

[]更新予定。 更新予定。を含むブックマーク

そんなこんなで2004年もあと少し。

明日からは「12月28日忘年会in自宅 その顛末」を予定しております。

きっと年を跨いでしまうでしょうなあ。むむむ。

にしても早いですねえ、月日が経つのは。

あ、そうそう、新年2日3日は自宅ゲーム会の開催確定。

きっと山のようにゲームができるのだと思うと、ゲームをすること自体は楽しみなれど、猛烈にマニュアルを読まなければなんて考えたりもして、ちょっとゲンナリもしてみたりするそんな歳の瀬。

来年もよろしくお願いします。と挨拶なぞしてみる。