biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-01-31 りんごしか食べません。

[]1月23日自宅ゲーム会にて。その顛末 4冊目。 1月23日自宅ゲーム会にて。その顛末 4冊目。を含むブックマーク

”「クレイジーレース(Crazy Race)」”

M.Schachtの鉄道三部作の一つ。鉄道でクレイジーにレースするゲーム。久しぶりの投入です。三部作の中ではムガルが一番オモシロという世評がどうも一般的のようですが、このクレイジーレースもかなりの実力を持っていますよ。なにせ「クレイジー」ですから。

まず、手札からなにから全てが不足気味のバランス。しかも全員が同じくそんな状況に置かれているわけです。とにかくカツカツ。先を争うレースゲームなだけに誰かが得するようなことがあれば、まず間違いなく誰かがゲンナリさせられてます。この小さな箱によくこれだけ歯をギリギリ言わせる要素を詰め込んでくれたものです。特に「裏向けビッド、パス有り3周」の攻防がかなり熱い。3周もビッドできるのか、と一瞬でも思ってしまった過去の自分に大甘の烙印。甘い考えを微塵に打ち砕く厳しい取捨選択。自由を与えてくれているようで、そのじつ与えられたのはキツキツ感だったという無常の仕打ち。

その主なる原因となるのは手札。ギリギリ過ぎです。これだけしかないのになぜ一度しか補充させてくれないのですかと、天を仰ぎ叫びたくなります。悶絶しそうです。また、バッティングの処理も「先置き優先」と判りやすいながら、手札の数字構成や3周ビッドとの相乗効果でかなりのジレンマを生んでくれちゃってます。必勝の勢いでビッドしたものの、見透かされてただ一枚。放置されるままにむざむざと勝利した日には、一人で勢いづいていた自分を悔やみ、「ああ、なぜこんなに大きな数字を先置きしてしまったのか」と事あるごとに思い出す始末です。

とにかく心理戦、ちょっとカウンティング、ボード上の状況を見据えた判断。害ない時には譲り合い、争う時には必殺の構え。常に明確なスタンスを求められる、小箱ながらかなりタフなゲームです。なんだか胡散臭いまとめですが、とにかくオモシロ。結構キツキツ部分をアピールしましたが、小箱なりに軽いゲームに仕上がっているので、心配は無用です。ムガルも勿論ステキゲームですが、クレイジーレースの熱さもかなり侮れないものがあります。ぜひ一度お試しください。

こりゃあルールの詳しいところが気になりますな、という方はバネストさんの「いんぷれっしょん」を一読されるとなお理解が深まるかと。

ところで余談ですが、FXにも同名ゲームがあるので要注意。これはあくまでTimbuktuです。あ、そうそう、あまり話題に上らない三部作残りの1作であるステマネ(略)ですが、あれは別にいいです。まあ、これもあくまで参考としての意見。

”「バスタ!(Basta!)」” ”「バスタ!(Basta!)」”を含むブックマーク

またですよ。もうサイコーです。ラウンドを繰り返したくなるオモシロさがあります。なんですかね、これ。「ゲシェンク」を遊び始めた頃どうしたものかと手探りだった時、「そうか、これはこう締めていくのか」とコツをつかんでから更にゲームがオモシロくなっていった感じに似ています。とにもかくにも派手な展開。必死にかわして、必殺のカードを打ち込むあの楽しさ。カウントアップ系なのにチャンバラになるとあまりカウントが動かないくらいに飛び道具まみれ。猛烈な勢いがふと浮かぶ些細な疑問を吹き飛ばしてくれます。慣れてくるとコンビ打ちさえも可能です(オオゲサ)。これは全く以ってミラクルゲー。遊ぶほどにアタマが朦朧としてくるオモシロがあります。偉大なゲームです。

罷り間違って再販とかしちゃいませんかね、これ。

[][]ということで買いました。 ということで買いました。を含むブックマーク

正確には「手配しました」と言います。

方々で注文したので、時間差こそあれ徐々に私の手元に届くことでしょう。

あと、ちょっと惹かれているブツがあるのですが、どうにも良くわからないので保留中。保留して何が変わるというわけでもないのですが。

限り有る資源、大切にしよう。というスローガンを先ほど掲げました。

よくわかりませんね、なんだか。

[]重たいゲームしたい病。 重たいゲームしたい病。を含むブックマーク

近頃総じて軽めのゲームばかりしていることに気づきました。

ちょっと重たいゲームが恋しい今日この頃。

皇帝の影」とかオモシロかったですねえ。「カレー!カレー!」とか言って。

そんなに重くないですが、「フィノ」とか「王冠と剣」とかもいいですねえ。

そういえば長時間ゲームの名高い「ディ・マッヒャー」も未開封のまま眠っています。

今度そういう場でもつくって、重点的にそういう重めゲーでもやってみますかねえ。

結構影響されやすいです、私。