biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-02-11

bis_co2005-02-11

[]クイズ!入れ忘れました(仮)−第11問。 クイズ!入れ忘れました(仮)−第11問。を含むブックマーク

さて、前回の正解は”「ツタンカーメン(Tutanchamun)」”の「通路タイル(すなわち得点タイル)」でした。1993、R.Knizia作。どこまでも進めるが、進むには限りないジレンマをともなうという変わりスゴロク(?)。プレイヤー間の駆け引きしかない、とても突き詰められたゲームなので、結構キツキツ。でもオモシロ。甘く見てるとズタズタにされそうなくらいに切れ味鋭いゲームです。去年初夏くらいよりOut of the Box社からリメイク発売されるとのアナウンスはでているものの未だに発売されていません。近頃再販された「クラウド9」と同じシリーズなんですけどね。もうそろそろ出る・・・・、のかな?


といったところで本日の出題。

この謎の物体を山盛り使って遊びます。

ヒント:猛烈にクサイです。


この臭いのおかげで、我が家ではあまり取り出されることがないです。

[]本日予定。 本日予定。を含むブックマーク

顛末3杯目と入れ忘れの11問。です。

[]2月2日二人ゲーム会にて。その顛末 3杯目。 2月2日二人ゲーム会にて。その顛末 3杯目。を含むブックマーク

”「香港(Hong Kong)」”

1999、R.kniziaの2人用陣取りゲーム。最近やたらとkniziaづいてますね。このゲームでは香港らしいギュウギュウの摩天楼を造ります。25マスの建築予定地にビルを建てあって、最終的に自社ビルが多いほうが勝ち。自分の手番にできることは手元の建築ブロックをひたすら配置するだけ。ブロックの中にはいくつか特殊なものが混じっていてそれが「屋根ブロック」と「高速建築ブロック」です。通常ブロックと区別がつくように屋根は三角、高速建築は白いドットが両面に印刷されています。ゲームはどちらかのプレイヤーが高速建築以外のブロックを使い果たすか、全てのマスになんらしかのブロックが配置されたら終了。

で。

このゲームでは相手ビルの乗っ取りが可能です。自社ビルと縦横に隣接する相手のビルが自社ビルに比べて低かった場合、手番に自分の建築ブロックを相手のビルの上に配置して「乗っ取り」完了。隣接して建てる際は常に相対的な高さに注意しなければなりません。そこで重要になってくるのが特殊ブロックの「屋根」と「高速建築」。屋根を配置すると相手はその上にブロックを配置することができません。これは見た目にも三角なので明らかにブロックは乗らず、わかりやすいです。そして高速建築ですが、これを使うことで「高速建築+通常(もしくは屋根)」という2手番分の働きかけが可能になります。なので、隣接する相手のビルが自社ビルと同等の高さだったとしても「自分のビルに高速建築(結果、相手の高さを上回る)+そして相手ビルを乗っ取り(これが屋根なら再乗っ取り不可)」というような攻撃を仕掛けることができるのです。もちろん、攻防を兼ねることができる強力なこれらの特殊ブロックはそんなに数がないので、使いどころが実に難しいです。

ここで注意したいのが、勝利条件。とにかくゲーム終了時に自社ビルが相手よりも多ければ勝利するわけですから、乗っ取りを警戒して常にビルを高く積み上げてばかりでは、消費されていくブロックもそれを配置した手番も含めてムダになりがち。でも低いと高速建築を絡めたコンボですぐにヤラレて困るという典型的なジレンマ。相手のビルを乗っ取りながら自陣を広げてどれだけ無駄なく終了条件まで辿り着くかというゲーム。

四方に睨みを利かせるような一手を要求される点や相手ビル乗っ取りまでの布石、高速建築の使い方なんかが同作者の「サムライ」をアブストラクトに純化させたような感覚。初手有利にならない為の「初手配置制限」とゲーム終了時に同数だった場合の「タイブレーク規定」がわかりやすくかつ非常に効果的に活きていて、この25マスの盤面が実に悩ましいものに仕上がっています。特殊ブロックのおかげもあってプレイ感はかなり軽め。限りなくアブストラクトっぽいですが、これは間違いなく陣取り。先の手を読む感じより、相手の思惑を叩く感じ。同じようですが、ちょっと違います。

プレイ時間も短め、手軽くジレンマを堪能できるので、たまに取り出してきては「ぐぬぬ」と楽しんでいるお気に入りゲームです。キツキツアブストラクトも楽しいですが、これくらい緩い感じで遊べる思考系な陣取りもオモシロ。でもたいていはじめて遊ぶ人に説明する時には「kniziaのアブストラクト」っていう言い方をするのですけどね。陣取りというと変に期待される気がして、どうも。かなりイケイケなゲームです。

[]すなおにうらやましい。 すなおにうらやましい。を含むブックマーク

先日話題にさせていただいたWEIRD WORKSのずーあーさんの手元に「盗賊の親方」が到着した模様。まったくもってうらやましい。

にしても「縦28.5cm・横32cm・高さ22cm」とは、やっぱり結構なサイズですね。レポート画像など楽しみにしてます。独訳も頑張ってください。

とこっそり応援してみたり。

[]本日祝日ゲーム会。 本日祝日ゲーム会。を含むブックマーク

ということでゲーム会。今から準備します。っていうか部屋の掃除とか洗いものとかします。あーいそがしい。

[]モニタ気持ち悪い病。 モニタ気持ち悪い病。を含むブックマーク

相変わらず気持ち悪い病を患い中。ここ数日の限度は1時間くらい。それ以上になると気持ち悪くなってアタマいたくなって、何も出来なくなる始末。一体なにが原因なんでしょうかね。はてなで聞いてみようかなあ・・・・。