biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-03-07

[]ゼンドー開眼の話。 ゼンドー開眼の話。を含むブックマーク

前回プレイ時はオモシロさはわかるものの、全く何も見えず、何がこの人たちをこれほどにゼンドーへと駆り立てるのかという印象。これはオモシロ云々を話する以前に、私とは相性が悪いのだと思っていました。

が、今回突然開眼。見えました。なるほど、たしかにこれは楽しめます。真理を探るべくアタマはフル回転ですが、一見するとダラダラと時間が過ぎているような感じがいいですねえ。設問設定早解き型ですが、瞬発力を要さないので差し迫る焦りがない。ソロプレイのゲームに全員でよってたかって試行錯誤を繰り返すような、珍しいタイプの楽しさです。

ドカンとくるオモシロはないですが、ジワリと浸透してきます。末永く遊べそうな感じ。

ということで、ちょっくら買ってきます(今さら)。

[]jinni昔話。 jinni昔話。を含むブックマーク

jinniを譲り受けました。全く以ってありがたい話。

感無量。嬉しさのあまり、受け取りの際傍にいたゼンドーS師にブワっとあれこれを捲くし立ててしまいました。失礼。

そして、この僥倖を空に感謝。実に良い一日です。


ということでちこっとjinniの昔話。

このjinniは、10年くらい前に私が始めて買ったトリックテイクなカドゲです。トランプ(しかも大富豪くらい)しか知らなかった当時、トリックテイクという概念など知るはずもなく、街のおもちゃ屋で売られていたコレを本当に何気に手に取り、「ジャケ買い」したのでした。

ルールを読んでもよくわからないし、小難しい制限が多くて「なんだこれ」なんて思いながら、でも折角買ったからと手探りで遊んでみたらすごくオモシロ。その後は人が集まった時には「ちょっとjinniでも」ってな感じで延々遊んでいたものです。

さきほど改めてルールを読んでみましたが、そこにはなんてこともない平凡なトリックテイクのルールが、しかもかなり噛み砕いた書き方で説明されていました。・・・・思えば遠くへ来たもんだ、な心境です。

その後、私のjinniは友人に貸与され、その友人とは疎遠となってしまったので、結果的に失われてしまいました。

思えば、私の「トリックテイク好き」はこの時の記憶に端を発しています。なにせオモシロ、目からウロコの楽しさでしたからねえ。言ってしまえばルーツみたいなものですから、そりゃもう必死に探したくもなります。再び手に入れることができて、本当に良かったです。

ちなみに。「jinni」のゲーム内容ですが、切り札なしのマストフォロー、獲得したトリックの中に含まれる特定のカードが失点になる、一言でいうと「ハーツ」の亜種です。

でも、当時。私にとって「jinni」は、とてもオモシロで斬新なカードゲーム「jinni」だったのです。

[]あー。 あー。を含むブックマーク

ゲーム会に参加したりしてまとまった量を遊んだにもかかわらず。

十傑やらなんやら更新できていないのが気になる今日この頃。

S師(他称S師(他称 2005/03/08 12:40 ゼンドーよろし。
実はルールを少し違えてますんで、いつもピースが足りない気味。
一度、オリジナルでもやってみようかと思います。

メタルルーギーもよろし。


たけのこ踏ん張れ〜>十傑