biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-03-28 夜が明けて

bis_co2005-03-28

[]クイズ!入れ忘れました(仮)−第18問。 クイズ!入れ忘れました(仮)−第18問。を含むブックマーク

いやあ久しぶりですね。ついに戻ってまいりました。

気が付けば前回から約3週間ぶりの復活となります。あわわ。

さて、前回の正解は”「パンケーキゲーム(Die Leibkoche Seiner Majestat)」”の「パンケーキタイル」でした。過去所感はコチラ。フライパンを使ったユーモラスな移動判定方法が特徴的。アクションなのか、推理なのか、パズルなのか、ジャンルの特定が難しい謎なゲーム。かといって支離滅裂ということでもなく、かなり遊べてしまうあたりステキ。とにかくフライパンを振ってるだけでもう幸せ。床にパンケーキをばら撒いたり拾い集めたりしながら、王様お抱えのコックが多彩なパンケーキを手早く献上しようというお使い系な展開。それにしても、床に落ちているパンケーキを食べさせられたりして、王様はお腹壊したりしないのでしょうか。強靭なお方です。


といったところで本日の出題。

紫の球です。

これだけだとまるで判りませんが、傍に樽があるので関連付くはず。

ヒント:パステルカラーのにくいヤツ。



視認性はアレですが、かっちりマネジメントがステキ。

[] を含むブックマーク

昨日はゲームマーケットにも行けず、一日ゲームしてました。良いのか悪いのか。むぎぎ。

今日の更新は所感と例のアレですよ。久しぶりに。

[]虫まみれ。 虫まみれ。を含むブックマーク

”「ピクニックパニック(Picknick Panik)」” 

地味にシールを貼って「作らされた」本作投入。

ピクニック先で、アリ・クモ・ハエの嫌な感じの虫達に持参した弁当をやられないようにするゲーム。良く考えると結構荒んだテーマですね、これ。

先に説明しておくと、このゲームにはカード製品版(スタンダード)と麻雀牌みたいなブロック製品版(デラックス)の2種類があります。何が違うって、カードで遊ぶかブロックで遊ぶかの違い、と値段。内容は一緒。あ、ブロック版には混ぜる為の大きめ布袋も付いてます。

さらに先に愚痴をひとつ。袋にごちゃっとブロックを入れると、箱に入らないようになってます。収納するときは袋には戻さず、箱に整然と並べなければなりません。それでもギリギリです。麻雀牌を収納するような感じ。ゲーマーなものですから、出来ることならきちんと袋に入れて、さらに箱に収納したいのですよ。っていうか、箱をもっと大きく作ってくれていれば・・・・。

で、内容はですね。自分の手元の虫を場に出していって、同種同色が複数揃ったら、ソイツ達がアクティブに。時計回りにプレイヤーを襲っていきます。手元に専用の退治アイテムがあれば退治できますし(でも点数少ない)、無理なら同種同色の虫をさらに加えてさらに他のプレイヤーにまわすもよし、それも出来ないなら降参して弁当(高得点)を差し出すという三択。相手が持ってなさそうな虫を上手く送り込むことがカギです。とても簡単。

序盤から中盤にかけては膨れ上がっていく虫の大群にワーワー言う感じ。それを漠然でもカウンティングしておくと非常に有利。終盤に至るまでに残数少ない虫を如何に手元に残しておくかがカギ。相手が対象の虫を持ってさえいなければ少量であろうが一撃必殺なので、簡単に高得点な弁当を奪えてしまえるのです。

全体通して言えば、「今できることをする(現状で最大の効果)」ではなくて「できたとしてもしない、流されない(温存、蓄積)」が重要なゲームなのではないかと思います。案外計画性を要求されるという印象。・・・・とはいえ、引き運が悪いとどうにもならない気がしなくもないですが。

しかし、「バカゲーっぽいのに、実はそうじゃないかも」という期待感が私にとってはとても大切なオモシロ要素だったりするのです。褒めて伸ばす感じ(?)。

そして。ブロックをカチャカチャさせるのはとても楽しいです。麻雀牌ほどではないですが、それなりに重量感もあり、手先で愉しむ感覚。テーブル上に手牌とばかりに並べても良し、パシッと打ち込んでみるも良しと、これはナカナカのものですよ。この質感のおかげで確実にオモシロが増しています。

ところで余談。この質感溢れるブロックですが、先だって紹介した「バウベルク」に流用されています。ゲームを発売するにあたって勢いよくブロックを作り過ぎたのではないかと推測しているのですが、どうでしょうか。

いや、もちろん本気で言ってはいませんけども。・・・・とはいえ、「作り過ぎ」が結果として「新作開発」に繋がったと仮定するならば、むしろ作り過ぎを推奨さえしたいものですね、受け手側からしてみれば。

けがわけがわ 2005/03/28 12:45 クイズの答えってここに書いちゃまずいですよね。パステルカラーの綺麗なボードですが色が判別しずらいのが欠点かな。これには半透明のチップが5色40枚ずつ入っていてアッティカのプレイマットで建てたビルを示すのによく使ってます。

bis_cobis_co 2005/03/28 18:27 いやはや、スバラシイ模範解答ありがとうございます。正解です。最近ご無沙汰ですが、たまに遊ぶとキリキリするオモシロで好きです。ちなみに私もアッティカの建築済に使ったことありますよ。あのチップは実に有用ですねえ。

カワサキカワサキ 2005/03/29 09:11 クイズのアレ>ウチではタイルに地域の番号と対応した数字のシールを貼り付けて、プレイアビリティを向上させてます。
ところで、「カルタゴ」はきとう選手に託しました。無事受渡が済んだら、よろしくプレイのほどお願いいたします。今のところ4人より2〜3人がお勧めです。

きとうきとう 2005/03/29 09:47 昨日はお疲れ様でした。
確かにカルタゴをいただきました。
また夏に上京する予定なので、その時にはよしなに。
カルタゴは次回のプラッツにて受け渡しいたします。

bis_cobis_co 2005/03/29 21:54 カワサキさん>なるほど。数字シールとは名案ですねえ。たしかに地域がはっきりするとラクですなあ。
ところで、「カルタゴ」ありがとうございます。受領次第遊んでみますゆえ。
きとう選手>お手間かけます。カルタゴよろしゅうに。