biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-03-29

[] を含むブックマーク

巷はゲームマーケットの話題で大盛り上がりの様子ですが、私はいつもながらの更新

本日は十傑&コメント、そして所感とてんこ盛り。

それにしても久しぶりですな。

[]ローゼンケーニッヒ(Rosenkonig) ローゼンケーニッヒ(Rosenkonig)を含むブックマーク

”「ローゼンケーニッヒ(Rosenkonig)」”

KOSMOS二人用。良い評判を聞いてはいたものの、なぜか入手しそびれていたゲーム。

先の先まで手筋を読んだりして、かなりイゴイゴしているのではないかという先入観があったのですが、さにあらず。愕然としたほどのオモシロぶり。

手元に広げたカードを各々交互に使って、共通のクラウン(王冠)を移動させて自領を拡大していくという内容。縦横に隣接した領地数を二乗するという得点方法をとっているので、自領の連結と敵領の分断は常に意識。相手の領地を乗っ取ることができる数枚のパワーカードの使いどころが勝負のカギ。選択肢であるところの手元のカードは消耗する一方なので、時に攻撃を控えて補充に努めることも必要だったり。

想像よりもずっとカードが見やすくて驚きました。存外デジタルな趣で、双方にカードが最大数並んでいてもストレスにならない理解精度。

危惧していたイゴイゴ感についても全く問題のないレベル。考慮要素が増えてしまうパワーカードの絶対量が少ないのもありがたかったです。最初は手探りでしたが、双方の領地が拡大されていくにつれて、「移動不可」による絞込みが容易だということに気付きました。また、手札は常に最大数あるわけでもないので、慣れれば自然と手筋や思惑が見えてきます。終盤に向かうほどに静かに軟着陸するような収束の仕方がステキです。

よくよく考えてみれば、「ハンザ」を好む私がコレを気に入らないわけがないのでした。アブストラクトな傾向も似ていますし、アレの手幅の広がり方を思えば、このゲームはシンプル極まりないですからね。ゲームのポジションとして、2人用「ローゼン」、3人用「ハンザ」という住み分けが確立しそうな感じです。

今まで入手しなかったことを激しく悔やむほどにケッサク。ドカンとくるわけではないですが、ジワリと沁みるオモシロがあります。スバラシイ。

[] を含むブックマーク

を久しぶりに更新。あやうく月一更新になってしまうところでした。

こういうのは間が開いてしまうとダメですねえ。後回し不可。

前回よりの休止期間が長い中、珠玉のオモシロが数々ありましたので十傑に絞るのもアレでしたが、印象が未だ鮮やかなものを優先して選出。もちろん、最近ほど有利。

ということで以下。1位から10位へと。コメントあります。

政治献金ゲーム(Stimmvieh) 政治献金ゲーム(Stimmvieh)を含むブックマーク

先日より絶賛している渋いドラフトゲー。とにかく渋く、思わず唸ってしまうオモシロさ。積み重ねの重要さを思い知らされつつ。損得勘定でアタマをグルグルまわす楽しさ。巡り運もあるので、気が重くならず遊べてイイ感じです。

カピトール(Capitol) カピトール(Capitol)を含むブックマーク

「クロックタワー」の元となったボドゲ。カドゲもいいですが、やはり本作はより深く上質なジレンマ。攻防に付きまとう不安感が秀逸。建築の縛り、手番巡回の兼ね合いとカードプレイ、オークションへと温存する備蓄の悩ましさ。この苦しさはクセになるオモシロ。システム構造が隅々まで関連づいて機能していることが驚異的。ただ如何せん攻防が見た目地味なので大衆受けはしないでしょうねえ。コンポーネントも木製ブロックが山盛りでスバラシイだけに残念。

ローゼンケーニッヒ(Rosenkonig) ローゼンケーニッヒ(Rosenkonig)を含むブックマーク

ケッサク二人ゲー。詳しくは本日の所感で。

バスシュティヒ(Was Sticht?) バスシュティヒ(Was Sticht?)を含むブックマーク

異端なるトリックテイク。果てしなく狭い懐。トリックテイク好きにしかオススメできませんが、それでもなおこの位置。過去所感はコチラ

命中(Volltreffer) 命中(Volltreffer)を含むブックマーク

マネジメント重要トリックテイク。ラウンド制が苦にならないその構造に脱帽。過去所感はコチラ

ビバ・パンプローナ(Viva Pamplona) ビバ・パンプローナ(Viva Pamplona)を含むブックマーク

牛追い祭りを題材にした騒ぎゲー。自由奔放に走り回るウシが数々のドラマを生み出します。基本は運。そして可能性を広げる選択。あとは野生の勘に従って、自分の勇気を見せ付けるゲーム。ワーワー言いながら「このチキンめ!」などと罵りあいつつ、勢いよく遊ぶことを推奨。非常に痛快です。思うように物事が進んでくれない、悶絶しそうな歯がゆさがオモシロ。アワアワします。

楽しい動物園(O Zoo Le Mio) 楽しい動物園(O Zoo Le Mio)を含むブックマーク

動物園経営の厳しさを満喫。「前回はそちらさんだったから、今回はうちへ」というダイブレークの処理方法がとてもリアルかつ機能的でイイ感じ。3種の得点源を考慮したタイル配置も楽しいです。熾烈な客の奪いあいをほのぼのと遊べる、握りこみゲーの佳作。

スローフレイト(Slow Freight) スローフレイト(Slow Freight)を含むブックマーク

パウチしたことによって弱点を克服。しかし今度は収納に困ることに。あいかわらずサックリ気軽に遊べるオモシロでイイ感じ。手仕舞いをいつから始めるかというチキンレース。ギリギリのめくりが熱い。過去所感はコチラ

スーパー5(Super 5) スーパー5(Super 5)を含むブックマーク

運に立ち向かう強い意志力が必要、というのは大層な言い方。敗北スパイラルから如何に抜け出すか。窮地から転じたときのあの喩えようも無い開放感がたまらなくイイです。過去所感コチラ

ハイパーロボット(Ricochet Robot) ハイパーロボット(Ricochet Robot)を含むブックマーク

ダラリと続けてしまう思考活動。説明不要の中毒性。名作パズルゲー。

ciaoakiociaoakio 2005/03/30 00:06 ほー、ローゼンケーニッヒを傑作と書くとは、やりますなあ。
益々あなどれん。
というか、ここでおもろないとあまり読んだ記憶がないんすけど?
2つ3つくらいしか記憶にないような気が……
私もカルタゴをゲッツしましたぜ。これはかなり、いけそうなルールです。驚きですわ。同人レベルを明らかに越えてる。

けがわけがわ 2005/03/30 03:25 ローゼンケーニッヒ好きって結構いるんですね。もとになったテキサスだとチーム戦で4人プレイもできるようです。嫌いではないけどあの得点システムに問題があるような気がしませんか? 結局一番大きい領地を作ったら勝ちとだけのような。そんなことはないのかな?