biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-04-21

[]コードX(Code-X) コードX(Code-X)を含むブックマーク

”「コードX(Code-X)」”

木製ベースを橋で繋いで、繋げなくなったら負け、という至極単純なルールの謎ゲーム。個人的にはマッタリ系の新境地ではと感激した次第ですが。

あとでわかったのですが、このゲームは「枝のゲーム、アルボス」の会社の製品でした。総木製のコンポーネントにも納得。

ということで詳しい話をば。驚きの連続。

ベースとなるのはしっかりとした重量感ある木製ブロック。サイズは標準的なキーボードのキー、4×4サイズ。厚みはキーよりちょっと厚め。なので、掌サイズ。その4隅には穴。その4隅の穴の間に更に穴があるので、計8個開いてます。

このベースにはそれぞれにアルファベットが割り振られていたり、1から4の数字が書かれて(共に焼印)いますが、特にゲームに関して何かの意味があるというわけではないです。・・・・まずここで、私は度肝を抜かれました。意味ないのかよ!みたいな。

そして棒。というか箸。扁平なので、箸ですよ。で、その両端にはまた穴。これがゲーム中はベース同士を繋ぐ橋になります。以下、橋と呼称。この橋はムジャーと大量にあります。いろんな距離に対応できるよう、長さも様々。同じ長さの橋には同じ数字が割り振られて機能的です。

しかしその数字自体には、これまた意味がありません。使われている数字は1から始まって昇順なのですが、数字が増えたからといって橋が徐々に長くなるわけでもないのです。5が長かったかと思えば、6はその半分以下、でも7はその中間の長さだったりと、謎が多いです。まあ、画期的といえなくもない斬新さ。私は思いもよらず腰砕けです。

話、戻します。

この橋をペグ(丸い刺し棒、釘みたいなの)でベースに挿します。これでベース同士が繋がりました。しかし1点固定では、まだ「固まりません」。それぞれのペグを支点に、ベースの位置から何からグルグル動かすことができてしまうのです。

本作のオモシロなところは、まさにこのあたり。相互関係によって盤面が確定していく、という点。ゲーム中は誰もが好き勝手にぐりんぐりんと動かしますし、実際、動かす行為そのものや、他のベースと繋いで固定点を増やすというのはとても楽しいのです。おりゃー、それはこっちだー、で、ここからこう引っぱってきて、よーし、これはここで固めてみよう、みたいな楽しさ。

あ、そういえば。

ペグには、ベースに挿した後もある程度の長さが露出しています。ちょうど橋を3つ重ねることができる程度の。これにより、一点のペグに3本の橋を固定する事ができます。

とここでゲームの制限らしい制限が一つ。ベースを繋ぐには同じ高さで橋を渡さなければなりません。橋が斜めになるのはダメってことです。高さが揃わなければ橋は渡せません。

そうそう、もう一つ制限ありました。基本として、同じ長さの橋を上から見て重なるようには置けません。もちろん例外もありますが、この際どうでもいい話。

まあ、これらを大胆に要約しますと。高さが異なる橋が複雑に交差しながら、ベースを繋ぐ。繋ぎ方は好き勝手、とにかく繋げるだけ繋ぐ、繋げなくなるまで繋ぐ。ただ、それだけのゲームなんです。



いや、ゲームという言い方をするとアレなのですけどね。もはや。

自由度が異常に高いですし、中盤過ぎても何がどうダメになって負けるのかということが全然判りません。ただ漫然とベース同士を繋ぐことしかできません。

たしかにシビアにやれば、残りの橋の数を考えて理詰めで云々できるのかもしれませんが、遊んでいるとそういうことは結構どうでもよくなってきます。

なんというか、マッタリタイム。ちょうど積み木を試行錯誤しながら、あっちでもないこっちでもないそっちがカッコイイと、全員で積み上げていっているかのようなオモシロがあります。共同作業の楽しさ。ダラリとした時間、童心にかえるマッタリ感がとてもイイです。

もう繋げるところないなあ、と誰かが諦めたあとに、テクニカルに繋がる立体交差を探したりするのもまた楽しい。それが見つかると更に嬉しい。

何かを期待するようなこともなく、誰かを陥れることもなく、ただ繋ぐ。もうゲームではないのかもしれません。が、重いゲームの後なんかに、ふとこれを取り出してアレコレするのはかなりの和み。こういう「抜けた」感じもアリではないかと。私はかなり好きですね。これ。

[] を含むブックマーク

pmnjさん。

pmnjさん、はじめまして。こんな地味なところを見てくださって、なんだかすみません。いやはや。

それはともかく。

ステキ回答ですねえ。正解です。にしても、これ、微妙に使うような使わないような感じなんですよねえ。私などは使うことすら忘れがち。渡す手間もアレですしね。まあ、かわいいから別にいいんですが。

[]片付け、その後。 片付け、その後。を含むブックマーク

昨日お伝えした、ゲーム片付けの一件、その後、ですが。

結局、あのあとゲンナリしながら作業を続け、途中ピザを食べたり、ゴロリと横になったりしながら、夜中には完遂することができました。まあ、終盤はかなり投げやりでしたが。

一部の地域において、なんだここはどこの国か、というくらいに「グチャラ」とした危険ゾーンがありますが、あれはまた改めてなんとかする予定。

とにかく、このあと棚卸し、っていうかリスト改めの作業が待っているのかと思うと、既にゲンナリ。

業者でも呼ぶべきか。

[]注目したひ。 注目したひ。を含むブックマーク

とりあえず、現在期待&注目していることを各方面にアピールするべくリンク貼ってみます。

「乳酸くん(仮)」

Amigoの新作カドゲらしいですよ(嘘)。

pmnjpmnj 2005/04/22 00:00 いやいや、いつも参考にさせて頂いております。
また、勇気づけられてもおります。
「盗賊の何某」という工芸品を個人輸入したのは私一人かと不安になっていたときにこちらを拝見し、よかった……と胸をなで下ろしたのでした。今後とも、よろしくお願いします。

S師(他称)S師(他称) 2005/04/22 15:36 英語ルールによると
Code-X is a game for anyone that enjoys fiddling around.
らしいですので「マッタリ系の新境地」とはその通りだと思います。
ゲームというよりは、積み木で遊ぶ面白さに似てるなぁと思いました。