biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-04-27

bis_co2005-04-27

[]クイズ!入れ忘れました(仮)−第24問。 クイズ!入れ忘れました(仮)−第24問。を含むブックマーク

さて、前回の正解は”「そっとおやすみ(Schlafmutze)」”の「おねむちゃんマーカー」でした。注意力が必要なリアクションゲー。全員でぐるぐるとカードを回し、同じ顔が4枚揃ったら準備OK、そっとカードを伏せます。それをキッカケに、気づいた人からとにかく我も我もと、いやしかし、こっそりとカードを伏せていって、最後までボーっと気付かないでいるとダメ、というゲーム。この手の仕組みを用いたゲームは様々ありますが、根本的に異なるのは「全てがさりげなく行われる」という点。気づかず取り残されたりするとかなり悔しくゲンナリします。大人が無言で本気になるのは全く大人げないですから、概してヨタ話が飛び交うことに。意識が散漫なころが狙われやすいんですよ、これまた。しかもハマると立て続けに負けてしまったりして爆笑。多人数で楽しむパーティゲー。テンポよく遊べて、とにかくオモシロ。



といったところで本日の出題。

なんですかね、このニヤリとした動物は。

ヒント:「竹」って、どういう関係があるんですか。



茶筒と箱の2通りあるそうですよ。ちなみに私は茶筒。

[] を含むブックマーク

「本日の所感(乗車券)」は、なんだか普段と趣が異なる感じ。

民間戦を考察しています。

こういうのもアリかも。と勝手に得心。

ダラダラと長文なのは最近の私的流行です。あいかわらず。

それと「入れ忘れ」。盛りだくさん。

[]こんなところでこっそり こんなところでこっそりを含むブックマーク

ということでこっそりニュース。


さきほど気が付いたのですが、

funagain「ポラリティ(Polarity)」プレオーダーが始まってますね。

いよいよですよ。で、実際の発売は5月からくらいらしいです。


・・・・・という内容でお知らせしようと事実関係を確認したところ、

既にドイツではいくつかのショップで発売が始まってました。

気付くの遅いなあ、という話。

絶版になって久しく、テクニカルかつ不可思議な内容から伝説となっているこのゲーム。

日本への導入が待たれます。

っていうか、先だって輸入でもしますか。

いや、そんなに急く必要もありませんかねえ。どうでしょう。

[]乗車券(Ticket to Ride) 乗車券(Ticket to Ride)を含むブックマーク

”「乗車券(Ticket to Ride)」”

遊んだのは、受賞マークもなく、ミステリートレインもない、素の乗車券アメリカ。噂によるとシリーズ作となり、乗車券5まで出す構想があるそうです。ちなみに2作目となる乗車券ヨーロッパが先日発売されたところ。日本でも既にいくつかのゲーム系サイトで紹介されています。いまいち時流に乗れない私。それはともかく。

大賞受賞しちゃったこともあり、世の中にはいくつかのファンサイトで自作マップを公開しているところもあります。ドイツ、ベルギー、イギリス、スイス、ハンブルグ、ヨーロッパ、などなど。全て基本となる乗車券アメリカのシステムを踏襲していますが、今回本家版元にてヨーロッパが発売されてシステム面でも新要素が生まれたことですし、ファンサイトでもまた新たな動きがあることでしょうねえ。ちなみに私も、いまさらながらベルギーとイギリスを自作しました。ま、単にパウチな機械と裁断機を使いたかっただけともいいますが。

そんな余談はもういいですね。


先日、民間の方と遊んだ際、このゲームのステキさ加減が非常に良くわかったので、報告がてらの所感ということで。


ルールが整然としていて、しかも良い意味で大雑把。結果、わかりやすいので導入も容易。手軽なジレンマ、待ちと攻めのメリハリに唸る、程よい手応え。長期的な目的と短期的目標を見失いにくいので、「どうしたらいいかよくわからない」という漫然とした打ち筋になりにくいのです。


もうちょっと細かい話。

「路線を引くのは早いもの勝ち」ということと、「長い路線を引けば得点が高い」ということの周知さえ徹底しておけば、自然とゲームの勘所に至るように思います。目的地は手元のカードで明らか、常に確認できますから、あとはそれをどういう経路でつないで行くかの話。相手が行きたいところは良く分からない。でも「とにかく自分はつなぎたい」というとてもシンプルな思考で、なんとかなる。見れば経路の選択肢はそう多くない。早く引かないと、遠回りさせられる。こうなると、早く路線を引きたいとばかりにジリジリしますよねえ。

すると、早く目的のカードを集めないと、という話になる。場になければ山引きもするし、時には場のワイルドカードを1枚だけとわかっていても引いたりします。「集める」ことについて、もしくは、早く路線を引く事について、いかに効率を高めるか、を否応なく意識してしまう。で、もちろん、その意識や選択の中でジレンマを楽しめてしまう。

なかなか目的の色を引いてこれなければ、誰かが貯めているのでは、と勘ぐることもします。そういえば、「同じ色のカードには限りがある」と言っていた、誰かが使わなければ出てくるはずもない。相手の手元を見れば、中身はわかりませんが、大量の手札がありますからね。そりゃ、自然にその思考に至りますよ。そういう風に出来ている。

山札尽きてリシャッフルされるのが、とてつもなく待ち遠しかったりする。だもんで、どの札がどのくらい使われたかってのも、アタマの片隅に残っていたりする。なにせ、他人が線路を引いているのはとてもうらやましいこと、ですからね。じっと見てしまう。気にしてしまう。

それが自分の引きたい路線だったら、とても悔しい。ゲンナリする。そして、これからどうしようと考える。柔軟に対処しなければならない。新たな経路を模索しなくては。

自分の経路とは関係のない路線だったとしても、ああ、あそこに線路引かれなくて良かった、と胸を撫で下ろす。でもすぐに、次はダメかもしれないとドキドキする。他人の挙動が自分の損得に直結していることを思い知ってしまう。

その他にも、目的地カードでは、可能性の開拓を知りますし、時には既に完成した自分の路線を踏まえてギャンブルする感覚みたいなのも味わえてしまう。盤面に広がるあの色の路線は誰か、っていうのも相手の手元見れば山のように列車駒があって明らかですし、それを見るたびにゲームの終了が近づいていることを意識してしまう。急がないと、と焦る。どこまで頑張れるか、と粘る。


こうしてダラダラと考えていくと、とてもゲーマー的な思考を要求するゲームだということがわかります。しかし、それぞれが上手く関連づいているので、プレイヤーは自然とそういった思考に至ります。そう導かれる感じ。その道筋がとても明快でスムーズだから、遊んでいてあまり負担にならない。だもんで、アタリがやわらかいし、それでいて民間の方にもゲーマーな楽しみが堪能できてしまうという良さがあります。

考えるほどに、とてもいいゲームです。広がりを感じます。ムーンらしい、いつかどこかで見た、よくある感じのゲームですが、今回のような機会を持つと、その「真意」や「作りの上手さ」を痛感しますね。今回プレイ時も、遊び進むに連れて、民間の方とは思えない、まるでゲーマーのような発言が飛び交っていた状況がそれを物語っています。

私個人としてのこのゲームのオモシロ具合は「ホドホド」なのですが、こうした状況下に限って言えばとてもオモシロです。ボドゲの楽しさを満喫してもらえるというのはとてもスバラシイ。ボドゲを遊んでみて、不完全燃焼のままよくわからず終了というのが一番いただけない状況ですが、このゲームならそういうことも少ないでしょうし、安心してお勧めできます。駒もたくさん、ボードにドンドン配置できたりもして、とてもボドゲらしいオモシロに溢れてます。

これが大賞とって良かったですよ。いまさらながら、その選択に納得。これで確実にボドゲ人口増えましたね。そういう意味でも、とても偉大なゲーム。

とはいえ、いきなり「乗車券を遊ぶ」ってのは厳しいかも、ですけどね。無論、段階を踏みつつ。


でも、シリーズ5作構想ってのはどうかと思う次第。商魂豊か過ぎ。カタンやアルハンブラやカルカソンヌみたく、追加マップ、追加ルール、追加駒で十分。あんな大きな箱、5つも棚に並べる気にはなれないんですが。さすがに。

個人的には、5作が出揃って一段落したあとに、シリーズ全作品を一緒くたに取りまとめたコンプリートBOXみたいなのが出ることを期待しているんですが。無駄なコンポーネントを省いて3個分くらいの値段で巨大な一箱にまとまったりする感じの。無理ですかね、そんなのは。

っていうか、企画ポシャったりして、予定の5作全部は発売されませんかね。どうなんでしょうか。

pmnjpmnj 2005/04/27 14:20 こんにちは。連続回答、失礼します。
サイとアンテローブ、ですね。ビンゴ!?

けがわけがわ 2005/04/28 12:35 僕は茶筒の方です。ってこれじゃ答えになってませんね。たしか箱の方のレポートを書いた記憶があります。