biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-05-05

[]なんだか なんだかを含むブックマーク

通常更新に戻ってる風ですが、まだ忙しいには違いなかったり。

雑記と、所感と、返信。

[]ゼンドー絶版 ゼンドー絶版を含むブックマーク

play:game情報。ゼンドー絶版ですよ。ゲンナリですよ。なぜか私の周りではコアな信奉者というか愛好家が多いので念のための周知。皆さん、3個目を買うラストチャンスですよ、とか言ってみる。

まあ、やたらにお得なセットでしたからねえ。アイスハウス単体購入に比べて、かなりのバリューセットぶりでしたから。

ゼンドーを、買うなら今しか、ありません。

とか、謎標語で言ってみたり。・・・・っていうか、Fluxx売れすぎ。

[]ミューティニー(Mutiny!)  ミューティニー(Mutiny!) を含むブックマーク

”「ミューティニー(Mutiny!)」”

賄賂を贈って海賊に気に入られること(?)を目的とした握りこみビットゲー。地味なので、日本ではあまり取り沙汰されていない模様。わりに遊べるにも関わらず。


ということで、今回の注目。そんな意義ある紹介になれー(願望)。

プレイヤーに与えられるのは8枚のコインとウィスキー数個。共にビット時に握りこむものです。

コインはイベントで失われない限り、何度でも再利用することが可能です。しかも色分けされていて、誰のものかわかります。ウィスキーは共通の形と色で、コインの代わりにビット使用できるが、ラウンド終了時には失われてしまう、という違いがあります。

場には5人の海賊が陣取っています。それぞれが異なる能力を持っていて、より多く賄賂を贈っっているプレイヤーに対して、なんらかの特典を与えてくれます。

ゲームの終了はプレイヤーの誰かが勝利マーカーとなる「刀剣」を規定数だけ集めたら、その瞬間に終了。集めた人が勝ち。

流れとしては、海賊へ賄賂(ビット)、各特典の処理、使用したコインの回収(仕掛けあり)、次のラウンドへ、みたいな。

これだけ聞くと、まあなんとありきたりな内容かという話ですが。しかし、案外いいとこありますのでね。

ともかく続き。


海賊の特殊能力は様々。ビットされたコインを移動させたり、刀剣を獲得できたり、ウィスキーを得たり、他の海賊に損得を与えたり、タイブレーカーの権利を与えられたり。

それぞれの海賊は、ビットの最多1位と2位に、程度の差こそあれ、特典を与えます。もちろん1位の方がより強力。海賊によっては1位と2位で内容が異なることも。


で。まず変わっているのが、その特典処理のタイミングとか、の話。

場にいる5人の海賊には番号がわり振られてまして(イメージは「あやつり人形」)。で、一番から順番に、一斉握りこみでビットしていきます。

しかし、ビットの結果が明らかになっても、即座に各特殊能力を解決することはしません。海賊5人全員のビットを一通り終えたうえで、改めて一番から順に、その能力の処理を行うという流れになっています。

そのため、ビット後のコインやウィスキーは、海賊ごと、プレイヤーごとに並べておきます。一目瞭然に。

この「一気にビット、一気に処理」は、海賊特殊能力の前後の兼ね合いを活かす効果があり、なおかつ繰り返されるビット部分をサックリ終わらせて、それ以外の思考部分を引き立たせる感じで、ナカナカに好印象なんですよね、これが。


次に、ビットされたコインやウィスキーの扱いの話。

ウィスキーは前述の通りラウンドを終えると消滅します。で、コインはというと。手を出さない限りは、ビットした海賊の場に残り、永続的に影響を与えます。毎回、ゼロからビットするわけではないんですね。

では、今後のビットはどうするのかというと、ラウンド終了時に、使ったコインのうち3枚だけを回収します。残したコインは今後の各海賊でのビットに「加えて」計算しますから、その残し方からプレイヤーの思惑を推し量れることができるわけです。

以後のラウンドは、コインをケチって節約でもしてしない限り、「3枚のコイン」と「新たに獲得した(もしくは温存している)ウィスキー」を使っての握りこみビットになります。

恒久的なコインによる勢力と、一時的にその数が増減するウィスキー。特殊能力をどう活用していくか、その順序や計画性が問われます。ただの競りゲーってわけでもないんです。


あと触れておきたいのが、タイブレーカーの存在。これ凶悪。コイン数に限りがあり、1個差が存外重いゲームなので、ビットではしばしばタイの状態になります。それに白黒判定をつけるのがタイブレーカーとなる「見張り役」という存在。

この役割は海賊の特殊能力として与えられるのですが、誰かにその役割を新たなビットで奪われない限り、自然消滅しません。こを持っている限り、自分絡みのタイブレークについては無敵。さらには1位2位の損得勘定から戦況を操ることもできますし、あげく、タイブレークに融通を利かせるかわりに(交渉)、他人からウィスキーをせしめることだってできます。なにかにつけてお得なんですね。

しかも。見張り役になった際に受け取る「望遠鏡」型見張り役マーカーは超巨大。箱の長辺と同じ長さがあります。思わず、覗いてみたりも。・・・・・平面ですが覗き甲斐あり。

とはいえ、タイブレークだけでも勝てないんですけどね。その維持にコインを割く必要がありますし。まあ、そういうのもあるということで。



5人いる海賊のどこに力をかけても善し悪しあり、一長一短でどうにも難しい兼ね合い。他人の残存コインを見据えて、出方を窺ったりしながら、最小の労力で最大の効果、海賊に上手く取り入らなければなりません。

握りこみビットの形式ながら完全な読み合いだけにもならず、なんとも奥ゆかしい雰囲気でアリ。肩入れする海賊を状況によって替えたりする柔軟さも必要だったりして結構戦略的な感じもイイ。

難点は、劇的なドラマやイベント性に欠けるので、単調に思える可能性があります。長くて、ちょっと疲れるかも、ということですね。まあ、何かに特化したゲームってのは概してそういう仕上がりのものが多いので、それをどうこう言うのもアレなんですけども。

この印象の大きな原因となりえるのは、おそらく終了のタイミング。「刀剣を規定数獲得した瞬間」という終了条件のおかげで、「中盤」と思いきや実は「終盤」だという罠。終わりどころを見極めておかないと、かなりアッサリ終わらされます。

「あー、まだ中盤だなー」と思っていたら特殊能力の組み合わせが爆発して終わってしまいますからね。あれを終盤と認識できれば、もっとゲームは快速な印象で遊べるはずです。これ、要注意ということで。

とにかく渋い握りこみビットゲー。遊んでみれば、なるほど良く出来た作り。イケてることに気付くはず。手応えは「何気に重い」ので、そうちょくちょくとはいきませんが、わりに遊べるゲームだと思います。

箱絵とコンポーネントがショボめですが、そこは気にしたら負け。戦う前から敗北ですよ。

[] を含むブックマーク

puppiさん

たしかにゲームを始めるセッティングから、既にゲームになってますね。このあたり、敷居の高さを感じさせますが。

しかし。私は過酷な訓練により、機敏かつ鋭い初期設置ができるBamboleoマスターになりましたので、今では5秒で安置です。フラーっと。

・・・・なんの自慢にもなりませんが。

あと、アクエリアスはとてもイカスゲームです。同意。と、なぜかこちらで返信。

あきおさん

お、Zendo購入を決断されましたか。英断ですなあ。

で、和訳ルールですが、公開するも何も、テキトーに遊ぶ分にはネット上のゲーム紹介で十二分に事足りますよ。「ゼンドー」でググってみてください。念のため、さきほどググって確認しましたが、少なくとも私が遊んでいる程度なら、これで全く問題ないはずです。puppiさんとこで話してた通り、ルールなんて結構どうでもいいゲームなもので(笑。

ということで、遊んだらまた感想聞かせてください。あきおさんがどうコメントするか楽しみです。

あきおさん追記

いや、一応ちゃんとしたルールあるんですけどね、やたら長いんですよ。困った話。

にしても鬼よばわりとは。その鬼ぶり、一度拝見してみたいものです>けがわさん

そういえば、オールドタウンが好きなあきおさんなら、Zendoはありですね。良く考えればそうかも。で、ゲーム大賞はナイアガラと。私もアレが受賞すると思います。っていうか、それ以外にコレという感じのゲームないですからね。それに今のボドゲ界の流れを考えればとても自然な選択に思えます。

Puppiさん

Zochはかなり来てますねー。ナイアガラといい、マニラといいとてもイカスゲームです。しかし、マニラはノミネートは難しいでしょう。内容がギャンブルづいてますし、弱者に厳しい作りがアレです。そのぶん楽しいとは言えますが、選考する側としてはそのあたりを評価しないと思います。万人に優しくて楽しい、これ重要ファクター

ルイ14世は間違いなくノミネに絡むでしょうね。ゲーマーの方々を黙らせるための選考として必要不可欠です。80日については私はかなりゲンナリめ。あれはダメ。カンベンしてください。

にしても、こうして思い返してみると、飛びぬけてスゴイと思うものが少ないのも確か。ノミネは5作でしたっけ? でもしみじみ考えてみても、ナイアガラとルイ14世、あとの3作は何?という話。どうなるんですかねえ。5月8日のノミネート作発表が楽しみです。

ciaoakiociaoakio 2005/05/05 07:48 ほな、Zendo買うんで和訳ルール公開してちょんまげ

ciaoakiociaoakio 2005/05/05 19:03 ちゃんとしたゲームとしてのルールあるんかなーと思ってさ。
ほな、鬼に頼んで買いますわ。
多分ね、これすっげえ、好きやと思います。分析するの大好き。だからオールドタウンが好きなんですよ。
でもね、ゲーム大賞、ナイアガラだわ、うん。

puppipuppi 2005/05/05 21:32 Zoch来てるっぽいですねー。マニラはどうっすか?ダブルノミネートとかありそうじゃーないですか。ノミネートだけならルイ14世とか、あとは僕は全くきてないですけど、80日間世界一周とか結構良い噂ききますなー。

puppipuppi 2005/05/05 22:24 うーん、あと3つですか?ピラニアペドロ、ダイヤモンド、カリブとかどうです?みんな軽いなあー。 w なんか重そうなのも一つ二つ欲しいところですね。オーストラリアとか 皇帝の影かなー<時期的なことを考えて。

ciaoakiociaoakio 2005/05/05 22:24 そんなんオールドタウンとピラニアペドロに決まってるやん。
ルイ14世は未プレイやから解らんけど、それがきたとしたらあとひとつは意表をついてゲシェンク……
当たったらなんか頂戴!

puppipuppi 2005/05/05 22:25 と色々書いて当たったためしがない。w