biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-05-17

[] を含むブックマーク

とあるゲームを買いたいんですが、それだけのために送料を払うのはちょっとなあ、とか思いつつ。かといって、それ以外のゲームは全く欲しいというものがなく。

案外、ケチくさい性格なもので、こういうジレンマにはいつも困っていたり。

少しでも安く、そして生じた余剰を別のゲームとして。

それが私の合言葉。

[]カメのかけっこ(Schild Kroten Rennen) カメのかけっこ(Schild Kroten Rennen)を含むブックマーク

”「カメのかけっこ(Schild Kroten Rennen)」”

年間子供ゲーム大賞ノミネート記念で投入。

カメ達の、のんびりレースゲー。クニツィア作。Wining Moves製。

ゲームの内容は簡単。ブラフ系に分類されます。5色のカメがいて、ゴールまでかけっこ。ゲーム開始時、プレイヤー秘密裏に自分が担当する色を決定。自分の担当色を最初にゴールさせることが目的。

与えられた手札で、カメを前進させたり後退させたり。特定の色のカメを動かすものもあれば、何色でも動かせるカードも。あとは、色問わず、最後尾のカメを動かすといったものも。自分の担当色ばかり動かすこともできないので、色々なカメを万遍なく動かしつつ。

行ったり戻ったりするので、ゴールできるのかな?と一瞬不安になるかもしれませんが、「前進する」というカード内容が割合として多いので、もつれながらも自然にゴールするようにはなっています。

まあ、自分の色をできるだけ前に、他人をできるだけ戻すように、カードを出したいところですが、あからさまにやるとバレますし、あげく邪魔カードはそう多くないので、結局当たり障りなく他人のカメを動かすことになります。あたかも自分の色のように。

そこで活躍するルールがこのゲームのキモとなる「背中に載るぞ」ルール。カメだけに、カメ同士が重なることができます。「コブタのレース(ラッセルバンデ)」ばりに。下にいるカメを動かすと、上に載っているカメも一緒に移動できると。これを利用することで、自分の色を欺きつつ、前に進ませることができます。

で、なんだかんだしながら、ゴールを目指すわけですよ。ちなみにゴール時にカメが重なっている場合は、一番下になっているカメ、すなわちカードを出して動かされたカメが勝利します。なので、最終的には、自分だけしか信じられませんから、自分の色を動かすカードをほどほどに温存しながら、ここぞというチャンスで前に出て、ゴールインというのが、基本戦略。っていうか、全貌。


当日は何度か遊んだんですが、いずれもまあ同じような結末。私が試した方針(戦略?)は二通り。

基本に忠実な「万遍なく動かして、最後にカメ群を抜けてサッとゴールする差し型」と、ダイナミックに「最初から欲望の赴くまま自分の色を動かしまくる先行型」と。

前者の場合、なんとなくカメが一塊になりながら移動。終盤で、手札がどうしようもなくなり「あげざるを得ない」トス。そして、当然持たざるものは負け、持つものが勝ちました。

後者の場合、序盤からカメ群を後ろにグングン走っていけるかと思いきや、カード構成というか手札の巡りに限界があるため、すぐに息切れ。結局終盤は前者と同じような展開に。っていうか、特定の色を動かすカードがそう多くないので、仕方ないのです。ワイルドの数もたかが知れています。

ということで、バランス調整の段階から「誰が勝つのかな? 君かな?私かな? 最後まで勝負はわからないぞう」というお子様に優しい設定になっているのだ、という結論。行ったり戻ったりしながら、まず間違いなく終盤まで勝負はもつれこみます。少なくともゲーマーが遊ぶ限りは、終盤のカード運勝負になりがち。

まあ1ゲームがほんの10〜15分くらいで終わるので、サクッとブラフ系レースゲーを遊びたい時なんかは最適ではあるんですけどね。説明も簡単ですし。

ニヤニヤしながら、「なるほど、青がお好きなようですな」「いやいや、そちらこそ、緑にご執心のようだ」などとグダグダ言いながら、のらりくらりとカメを動かしあい、最後の最後でキラリと目を光らせて、電光石火のゴールインを決めたりするのが正しい遊び方ではないかと。楽しみ方を知ってゲームに臨めば、わりにオモシロ。

コンポーネントについても、カメ駒といい、カードイラストといい、かわいさ満載。それでいて、ゲーム内容は、なんとも「ボドゲらしさのあること」ばかりなので、子供向けといわず、初心者の方を交えて遊ぶ際にも活躍しそうな気はします。味を薄めてあるとはいえ、クニツィア。駆け引きも楽しめつつ、素直にオモシロー、という感想をいただけるはず。そういう点では、案外、使いでのあるゲームなのかも。


まあ、ゲームの内容としては大体そんな感じなんですけどね。

っていうかね、これを5歳児に遊ばせようとするWining Moves恐るべしですよ。5歳の時からクニツィアがチューンしたゲームを遊ぶ。もはや英才教育の域です。しかもこの内容。まったくもって、末恐ろしい話。Wining Movesの攻めの姿勢が見て取れますね。

で。最後に。

日本でも既に取扱いある本作なんですが。決して「大箱ゲー」ではありません。メーカーはWining Moves。カリブ、カルタヘナ、トランスアメリカとかのメーカー。本作はこれらより若干小さい箱サイズ。ちなみに現地での販売価格もこれらより若干安め。コンポーネントは確かにカワイイですが、カードとボード、そしてカメ駒と色表示のタイルくらいしか入ってません。重量は軽め。

で、何が言いたいかといいますと。・・・・・・えー、そこはほら、察してください。

今回、ノミネートされたことにより国内流通も次第に充実してくるかと思いますので、さして急ぐ必要はないと思います。という、濁し気味な提案でいかがでしょうか。

[] を含むブックマーク

あきおさん

いやいや、水臭いもなにも、海外からじゃあないですよ。国内です、国内。

送料1000円というのは、個人的にすごくデリケートな問題であり、値段であったりするのです。これまた。だもんで、ためらうったら、ためらいますねえ。

まあ、Zendoがないわけでもないお店の話なんですけどね。今は品切れ、かな?


で、地雷ゲーム大賞の話ですが。にしても、この言い方はアレですねえ(笑。

ちなみに川は下ったりしないです。しかも既に所有していたり。たしかにアレですが。

件のゲームについて。先ほどキチンと調べてみたところ、大賞受賞ではなく美術賞受賞でした。早とちり失礼。ガセネタ失礼。

puppiさん

協力・・・・。たぶん正解。チーム戦で遊んだときの話ですね。あれは個人戦よりチーム戦の方がオモシロですから。

まあ、かなりにクセがあるので、掴みにくいゲームですよね。勘所はわかっても、その特異なシステムに感覚が合わせ難いというレベルで。私はだいぶ好きゲーなんですが、賛同者が少ないの困りもの。むぎぎ。

ciaoakiociaoakio 2005/05/17 12:15 水臭いですな。
一緒に輸入したらええですやん。Zendoある?

puppipuppi 2005/05/17 13:18 26問 > 協力してる感ってあります?深そうなゲームだけど、面白さが掴めてないゲームです。

ciaoakiociaoakio 2005/05/17 18:58 あ、そういう意味か。
違います。川下りは地雷ゲーム大賞の方です。

pmnjpmnj 2005/05/17 23:11 こんにちは。初めてプレイしたのは、puppiさんとでした>26問。斥候とか大砲とかの効果がわからず、将軍も使えず。で、puppiさんチームに惨敗。。。

Connection: close