biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-06-28

[] を含むブックマーク

雑記「どうしようか話」

そこから派生して「プレゼント企画」

あと、久しぶりに。所感「ポラリティ」。

まだちょっと長めな感じから抜けきれませんが、まあ徐々に。

返信ってのはもう当日分のコメントにて。慣れますとも。

巷では年間大賞の話題がもしゃもしゃしているようですが、ここでは敢えて触れず。

[]どうしようか どうしようかを含むブックマーク

酒の話とプレゼント企画の話。

あきおさんの煽りを受け、急激に高まる「飲み会やりたい」熱。

っていうか、こんな場にどれほどのゲーマーが集まるというかは謎。いや、別に帽子とかTシャツは必須ではないのですけどね(笑。

まあ何が目的というわけでもなく、ただ濃いメンツで呑んで新たな交遊に繋げる、みたいなのが趣旨の。まあ誰が参加するんだとか、どうやって募集するんだとか、こんな辺境のブログ主催で本当に開催されるのか、なんてこと処々が浮かんでは消えますが。

あれですかね、やっぱりメアド晒して募集とかしたらいいんですかね。でも、それするとなんだか大変なことになりそうだしなあ。関西系でサイト公開してるとこにお誘いメールでも打てばいいのかな? むむむ。前途多難。


昨日の雑記中で触れたプレゼント企画ですが、ネタ思いつきました。ということで早速実施してみようかなんて思ったんですが、よくよく考えてみたら、「何記念なのか」が謎。

4万アクセスってのは中途半端だし、1周年でもないし。でも思いついたからには早くはじめたいというのもありつ。「もうすぐ5万アクセスで1周年になりそう記念企画」とかにしておけばいいんでしょうか。っていうか、それに決めた。

ということでトピック変え。

[]プレゼント企画。 プレゼント企画。を含むブックマーク

ルール説明についてはまた後日。

「もうすぐ5万で1周年になりそう記念企画」略して「5万年記念」でプレゼント企画を実施することにしてみます。日頃、こんな地味なブログに足を運んでくださる方々へのせめてもの感謝の意を含めつつ、単に企画で遊びたいという個人的な願望もありつ。

企画自体の期間は1週間を予定。クイズもの。全7問出題。1問につき1人1回解答権があり、答えは一つではないはずなので、なんとかガンバって考えよう、みたいな。問題に気付くタイミングによって損得があるかもなので、出題時間は全日統一する予定です。解答にはコメント欄を利用いただく予定。

プレゼントは家にあるゲームをいくつか。なぜか複数あったりするものがあるのでそれを。フリークの方々にはもう持ってるよ的なものもあるかもしれませんが、わりに手に入れにくいレアめな感じのラインを検討中。参加者の状況次第で、詰め合わせになるかも、バラにするかも。いや、お得感からして詰め合わせの方が熱いですかね。

開始時期は7月入ったくらいから。正確な情報はルール説明の時にあわせて。


こんな感じでいきますったら。

[]ポラリティ(Polarity) ポラリティ(Polarity)を含むブックマーク

”「ポラリティ(Polarity)」”

届いちゃったので遊んでみました。なぜかドイツ語版。仕様に違いはなさげな感じ。

目に見えない磁力を感じとり、時には活用して、時には回避するようにどうこうするってのが新感覚でイケてます。オモシロ。

予想はしてましたがだいぶとシビア。確実なスキルが要求されます。何かの競技みたい。私はオモシロなんですが、適性&相性によっては、あまり楽しめない人もいるはず。好き嫌いがパッキリ分かれそうな感じ。

手番には盤面にある自分のディスク(オセロみたいな駒)の磁場に寄りかかるように、新たなディスクを配置していくだけ。もちろん磁場は目に見えないので、指先で「もわもわとした雰囲気」みたいなのを読み取りながらの地道な作業。経験と勘が問われます。磁力相手ですから、ふとした拍子にまわりのディスクにも影響が出たりして。一瞬たりとも気が抜けません。

プレイそのものは結構戦略的。磁場の広がりを考えた配置が大切だったりしてナカナカ。終盤になるにつれ、小さなミスが大惨事に発展しがちなので、逆転劇なんかもあり、負けていても「投げずに」遊び続けることができます。若干のスキル差ならば、精神力でカバー、ってな感じ。

ひとつ気になる点をあげるとすれば、ディスクの状況処理のルール。これ結構煩雑。他がシンプルなだけに。ルールの8割はこれですからね。ディスク配置に成功した/しない、ディスクの状態はどうか、まわりはどうなったか云々。複合的な状況が発生するとちょっと悩みます。とはいえ、このルールをどう活用するかがキモだったりもするので、省くわけにもいかず。滅法多いというわけでもないので、慣れるまではガンバレ、の方向で。

厳格なジャッジを意識して真剣に遊ぶとなんやかやと面倒なので、まあ、良い意味大雑把にプレイ前に取り決めて遊べば問題もなくスムーズ。あまり気にしすぎないのが吉。ギリギリしちゃ駄目。

見た目も謎で独特なゲーム性を持つこの「ポラリティ」。昔のゲームらしく、近頃にはない硬派な仕上がり。禅の道にも通じる精神世界、指先で戯れる感じがとてもオモシロ。再販されて良かった。

ciaoakiociaoakio 2005/06/28 18:21 そしたらば、うちと共同企画で飲み会やりますか。
ええー!! Tシャツとか帽子とかカバンが無ければ、何の飲み会か解らんやん。ここはいっちょアニメの集いを真似てですなー

けがわけがわ 2005/06/29 05:29 ポラリティーはdextarityが要求されるゲームでは五指に入ると思います。これくらいの難しさでないと長く遊べないですよね。以前友達にすごくポラリティーを気に入った人がいて15ゲームくらい連続でプレイしました。ルールでちょっと改良した方がいいのでは?と思ったのは直径だけ移動できるルール。まああれは目分量ですね。相手にコンタクトできるときだけ移動可能の方が見た目も分かりやすいしいいかなあと思いました。奥深いですよ、ポラリティーは。

bis_cobis_co 2005/06/29 08:02
あきおさん>そーですね、こうなったら飲み会やりましょう。関西ゲーマーが集う夕べ、みたいな。とはいえ、局地的な格好はカンベンしてください(笑。カドゲ片手に参上くらいでなんとか。

けがわさん>全くおっしゃるとおり。技術的に難しいからこその「続くオモシロ」というのがありますね。煩雑とはいいましたが、ルール量そのものはさして多くもないですし。いいゲームですなあ。奥が深い。でも万人向けではないので、褒めすぎ注意と自戒。