biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-07-04

[] を含むブックマーク

ってことで、気を取り直すかのように更新

更新強化週間。

なにせ明後日にはアレが始まるわけですからして。

所感「ツインズ」と雑記と。

[]そりゃもうね そりゃもうねを含むブックマーク

上にも書いてますが、ダラダラと酒呑みませんかとばかりに「7月15日」ですよ。

日付まで決まっちゃったので、関西ゲーマーの方は折角ですからどうぞ。

あげく「7月6日」からはオンライン企画「ルドネット」が開催ですよ。

絶版ゲーム詰め合わせが当選するかもなチャンス。千載一遇。

ってな感じで。

[]メビウス便遊びたい・・・・。 メビウス便遊びたい・・・・。を含むブックマーク

各所で次々と今回のメビウス便の話が挙がってますねえ。

なのに、私は未プレイ。ゲームはあれど遊ぶほどのまとまった時間はなし。

なんと悲しい事態かと。

涙を呑んでグっと堪える日々が当分続きそうです。

仕方ないので、翻訳でもします。ルールの。

オモシロいのかな、これ。謎。

[]ツインズ(Twins) ツインズ(Twins)を含むブックマーク

”「ツインズ(Twins)」”

クニツィアのやたらと熱いギャンブルゲー。巷での言及はさほど多くないですが偉大なるオモシロ。しびれるジレンマ。長文は止めるつもりでしたが、折角なのでルールとかも説明してみることに。

ゲームとしては簡易ポーカーみたいな感じ。地色と文字色が色々と異なる数字カードを使って、4つの出来役を作り、チップのやりとりをします。これだけ聞くと普通っぽいですが、もちろんヤツのゲームですから、ヒネリあり。

特徴的なのは、最初に手札8枚を配りきって、2枚ずつ4回戦を連戦させるというスタイル。しかもそれぞれのラウンドでは出来役の強弱はそのままながら、異なるルールにてチップの出入りがあります。人数によって違うんですが、一例として4人時の場合をば。

1、下位2人が2金払う。

2、トップが3金受け取る。

3、下位一人が1金払って脱落。

4、トップが残っているお金を全て受け取る。

ってな感じ。だもんで、事前の「どこでへこんで、どこで頑張るか」計画が重要。

で。

ちょっと、上の一例の「金の流れ」に注目。見れば、実は最後まで生き残った「トップ」は「2金しか」得ていません。激戦を勝ち抜いてきたのにですよ。2回戦で勝つほうが儲かるという。このままではゲームとしてオカシイわけですよ。

まあ、タネを明かせば、これら以外にもさらなる配当ってのがありましてね。それが一連のラウンド開始前に支払われる「カードを買ったお金」。

手札8枚以外にもカードを買い足せまして。「これじゃ勝てない」だの「ここは勝負に出るか」だの、理由は様々ですが、1枚なら1金、2枚なら3金でカードを追加購入できるんです。買い足しても使う枚数自体は変わらないので、可能性が広がるってな感じ。で、このお金が追加されて配当に回ると。

言ってしまえば、参加者の「不安感」や「ギャンブル心」がより大きな博打へと転換されるという仕組み。なんですが。裏を返せば、自分で自分の傷口を広げるようなシステムってことですよ。でも皆、そのことには気付かないフリをして「勝てばいいんだ、勝てば・・・・」なんてブツブツ言ってるわけです。ギャンブルの暗黒面が垣間見えますねえ。

とはいえ。

勝負どころまで生き残るためにはそれなりの代償は必要で、全てを勝つなんてことはできません。ギリギリでかわして無駄がないように画策するわけですよ。どこで相手が勝負に出るか/出ないか、凶悪な心理戦です。浮き沈みが激しいですからね。もう必死。スゴイですよ。

もちろんギャンブルゲーですから、手札運は重要です。豪運の相手にはどうあがいても太刀打ちできできません。しかし、被害を最小にするのは自分の読み&立ち回り方次第。運気には波があるので、堪えれば必ず巡ってきます。そんな運気の高まりやらを感じ取って、勝負に出ることができるかがカギ。好機が訪れているのに、ウカウカとスルーしてしまうようではギャンブラー失格なわけですよ。だもんで、運の「読解力」こそが最重要ってことで。

テンポはサクサク、短時間でこの白熱ぶりはナカナカのもの。チップの質感も良くて、だいぶイイ。まあ、「ゲーム」っていうよりは「賭け事」なので、好き嫌いは出ますけどね。しかしそれを差し引いてもイケてます。



余談ですが。このゲーム、最初に持金としてチップを配ったら、以降は外部から増えたりすることはないです。完全に参加者間での流通&やりとりのみ。・・・・・ね、そういうことですよ。ヤバイです。必死。

いや、私はチキンなのでやったことはないですけどね。堅実にボドゲ買いますから、ボドゲ。

けがわけがわ 2005/07/04 23:10 ツインズは面白いですよね。買った当事は連続でかなり遊んだものです。ゲーム終了のコンディションがオープンエンドなのでラウンド制限をつけて遊ぶこともあります。そのあたりがちょっと昔のゲームっぽいですがね。それにしても、biscoさんもくにちー好きですねー、って人のこと言えませんが。

ところでルイ14世やっと初プレイしました。biscoさんのいう環境ゲームっていうのが分かった気がします。内容はまあ予想していた通りかな。

bis_cobis_co 2005/07/05 07:56 オープンエンドはたしかに良し悪しですね。ひっくり返せない圧倒的な差に眩暈を覚えることもしばしば。まあ、あれがやけっぱちな雰囲気を推し進めてゲームを荒れさせるので、ありといえばありなんですが。とはいえ、本来的には、ギャンブラーたるものどんな逆境にあっても冷静さを失わず、虎視眈々と逆転の時を待たなくてはならんのですけどもね。少なくとも、巷の麻雀漫画ではそうなってます(笑。
あと、ルイ14世の「環境ゲー」が伝わってよかったです。まあそんな感じ。