biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-07-22

[] を含むブックマーク

雑記と所感「ゴール」をば。

グニャラカ。

[]失われたゲーム勘(?) 失われたゲーム勘(?)を含むブックマーク

ということで、明日は久しぶりに多人数なゲーム会ですよ。

ちなみに、多人数という言い方をしたのは、先日S師と二人で対峙しているため。

っていうかね。

その二人会の時にオドロキだったのが、しばらくボドゲに接していないと、俗にいうところの「ゲーム勘」みたいなのが薄れてしまって、もうボンヤリしっぱなしでゲンナリさせられっぱなしだったわけですよ。

「おお、やっぱりスポーツでもゲームでも、しばらくぶりにやるとそういう類の感覚が閉じていくものなのだなあ」と痛感した次第。まあ、それがわりに新鮮でオモシロかったりもしたのですが。

しかし、あまりに間を空けすぎると自分の中の「楽しめる回路」が弱るというか、ヒネた感じの楽しみ方ができなくなるのでは、という不安感があったりもしたので、まあほどほどに継続することが必要なのかもですなあ。

という自分内理由と共に、明日は遊び倒し。

[]ゴール(Tor) ゴール(Tor)を含むブックマーク

”「ゴール(Tor)」”

なんだか原題表記が「泣き」の顔文字みたいですけどね。まあ、実際そんな感じです。意図せずして地雷続き。

クニツィア先生過去作。サッカーを題材にした二人対戦なカドゲ。

センターからボールを蹴りあって、相手のゴールに押し込むまで一進一退するというベタ・・・いやいや、安心して遊べる定番な流れ。押し引きを解決するのはカード勝負。数字が描かれたカード13枚を各自1セット持ってます。カードは数字の大小、さらに種類としてアマチュア・プロ・マーカーの3種に区別されてまして。基本は一枚ずつ出して、数字の大きい方が勝ち。で。プロはアマチュアには必勝、マーカーはプロに必勝、でもマーカーはアマチュアには必ず負けるという謎のルールが存在すると。これでワンヤワンヤやってたくさん得点した方が勝ち、という本当にシンプル極まりないゲーム。

っていうかね、ちょっとね、欲しかったんですよ、これ。で、遊んでみたらとてもツマラナイ。いや、私がスレているだけなのかもしれないですが、この内容ではとても「楽しめる」までには至りません。

まずはカード構成。ランクわけされてはいますが、実質数字の大小で判定しても何ら問題がありません。唯一数字の大小の例外となるのが「マーカー」の処理ですが、「1枚」しかないですからね。

えー、念押しのように繰り返します。

「13枚勝負のうち」の「たった一枚の例外」ですよ。しかもこの一勝が勝負を決するほどの効果があるわけでもなく。なんというか、そんなに必死にはなれないなって感じ。

あげくカードセットの数字の範囲がわりに広いので、攻防がすごくボンヤリとした感じでアレ。中間くらいの数字、例えば5を出すか6を出すか、の差が見えてきません。選択に根拠を見出すとすれば「カウンティング」になるのですが、それはあくまで中盤以降での話。序盤は本当に対戦者の嗜好や性格くらいでしか判断が出来ないのでどうにもならないんですねえ。

まあ、深く深く突き詰めて考えていくと、限られたカードセットで相手と差をつけて得点しないといけないゲームなわけですから、慎重なカード選択が必要なのかもしれないです。一勝が即得点に結びつくわけでもないからこそ、積み重ねやら判断力やらが重要、みたいな感じで。実際、「はげたか」とかもそういうゲームだったわけですから。

とかなんとか言っても、もうコジツケのようにしか思えないあたり、どうやら私は本作を愛せない模様。買った甲斐がないというよりも、買ってしまった自分が不甲斐なく思える危険なゲームです。1995年、クニツィアに何があったんでしょうかねえ。

地雷(大)。

[]ネットで見つけました。 ネットで見つけました。を含むブックマーク

ということで。

噂の地雷踏みゲームですよ。毎度どうも。

ま、正確にはFlashで動く簡単地雷除けゲームなんですが。

危険な地雷原をピョンコピョンコと渡りきろうってな感じの内容。

ちょっとだけグロなので、そういうの苦手な方はやめといてください。


至極単純なFlashなのですが、地雷を踏んで爆発する絵ヅラが壮絶な点と、思い切りジャンプして前へ前へと踏み込んでいく根性が、なんというか当ブログに似つかわしいような気がしまして。

ゲームはコチラから。謎のリンク先に飛びますがとりたてて害はなさげ。

遊び方。リンクから飛ぶと謎の紫色の生物がいて、下にプレイの文字。

で、それをクリックすると謎生物が3匹になります(!)。いや、単にどこからスタートするかっていう話なだけですけども。とりあえず3匹のうちどれかを選んでください。

あとは、生物の足元あたりにカーソルを持っていくと反転するので、決死の2択を繰り返しながら、画面の最下部まで辿りついたら終わり。地雷を踏むとボカーンとなります。結構大きめの音も出ます。ビックリします。

まあ、何度遊んでも地雷の位置が一緒なのが残念ですが。それは気付かない方向。

っていうか、むしろ爆発させて楽しむのが通。くらいの感じで。

akioakio 2005/07/22 10:44 ゲーム勘、なんか解る。
わしゃコンスタントにゲームやってる訳じゃないんで、2ヶ月くらい空いたりする事がよくある。そうすると、しゃばいミスしたりしてゲーム勘が非常に落ちてるのが解る。今、外で遊ぶ夏なんでそういう状態。なんとか夏の間にゲームやる機会作りたいんやけどなあ。
で、くだんのシンペイやってみた。
おもろいな、、、くやしい事に…

biscobisco 2005/07/22 17:01 いやほんと、何事も普段から研ぎ澄ますことを意識しないと、すぐに刃先はボロボロになるという話ですなあ。まあ、私の場合はそんな大層なものでもなく、果物ナイフ程度ですが。
そういえば、シンペイの発売も明日に迫りましたねえ。確かにオモシロですよ。うんうん。「くやしいことに」という感情もわからなくはないくらいに(笑。

S師S師 2005/07/22 20:34 実は、昨日もTORを遊んだんですけど、
こないだのアレがウソみたいに面白かったです。なんでしょうね?相手に先入観を持たせずやったのがよかったのか、たまたまの展開なのか、何故だか僅差でボールが行き来してました。ま、そーゆーこともあったゆーことで。