biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-08-01

[]ウソと欺瞞。 ウソと欺瞞。を含むブックマーク

イントリーゲ(Intrige)

画像は現在も入手可能な新版ですよ。

moonさんとこのエントリーを読んで、自身の苦い記憶に胸が締め付けられた次第。

嗚呼、イントリーゲ。なんと恐ろしいゲームよ。

このゲームの詳細をご存知でない方はコチラとか参照。ま、要するに激烈交渉ゲームなんですが、とてもツライんですよ。これが。対象年齢12歳以上とかなってますけどね、知人が実際にそのくらいの年齢の子供に遊ばせたら「泣いてしまった」という伝説あり。そのくらいキツイ。

初プレイ当時、激戦の末に勝利したにも関わらず、こう、たまらなくやる瀬ない気持ちが一杯。ああ、この勝利に一体何の意味があるのかと自問自答。で、周りを見渡しても誰一人として微笑みを浮かべる人もなく、うつむき加減にテーブル上の結末と手元の薄っぺらな紙幣とを交互に見やるばかり。あれ?もっとボドゲって楽しいものだよね? なのに何だ、この状況はと。その惨憺たる状況にそそくさと片付け、二度とこのゲームは遊ぶまいと思い至って、即座に棚の奥深く封印したものです。嗚呼ゲンナリ。

交渉ゲーが好きな方にとってはたまらない内容なのかもしれません。相性もあるんだろうと思います。しかし。私にはもう無理。完全にトラウマです。地雷(大)。

moonさんへの返信に代えて「追記」。

あれから幾夜となく過ぎましたが、私の心にはしこりが残ったままです(笑。

なんというか、自分の裁量一つで他のプレイヤーが浮き沈みするのが、どうにも。いや、もちろん他の様々なボドゲでもそのような(似たような)局面はあるんですが。ただ、問題はこのゲームの基本構造が「叩き合い」というわけでもなく「足の引っ張り合い」というわけでもないという点。

お金という生々しさで以って相手を判断し、自分の損得勘定で採用したり裏切ったりと決断を下していく、というのがアレ。その場では正しい判断をしているはずなんですが、そこまでの自信がないのです。少なからず不確かだと思っている裁量なのに、その結果として浮く者沈む者が出るというのが、なんとも申し訳ない。ああ、きっと悔しいだろう、恨めしいだろうと相手の気持ちを思うのです。きっとこれが「性に合わない」ということなのだろうなと。

そんな感じ。

moonmoon 2005/08/01 14:07 面白い立ち回りをするプレイヤーがいたので、、セッションとしては楽しめましたけれども、自分としては心情的に辛かったです。ただ、一晩寝てから冷静に考えてみると、少し考えが変わったところもありますので、そこらへんは後日ブログにて書こうかと思います(ただし予定)。

moonmoon 2005/08/01 20:06 返信ありがとうございます。考えが変わったのは「少し」であって大筋ではbiscoさんと同じ気持ちです。
…あー、今になって何かいろいろ思い出してきて鬱々…

ところでご存じかと思いますが、沢田さんがイントリーゲについて面白い考察をされています。
http://toccobushi.exblog.jp/779555/
これを以前読んでいたので、ちょっと期待して今回のゲームに臨んだのですけれども、沢田さんの境地に至るには、僕にはとても無理だと思いました。

野村野村 2005/08/01 21:01 こんにちは〜。
ありゃー、イントリーゲそんな駄目でしたか。やっぱりイントリーゲってギスギスしたゲームだっていう評判が多いですよね。
でも、僕の行ってるゲーム会だと、イントリーゲってプレイ中つねに笑いの絶えないゲームみたいなイメージなんですよ。
だれかが非ゲーマーの友人を連れて来たりすると、とりあえずイントリーゲをやってもらって、「すごく面白いですねこれ」って言われたりします。
初心者にまず薦めるゲームとしてブロックスと二択みたいなかんじです。
ちなみに、競争相手の払う金額を見ながらどんどんワイロを追加できるルール(競売っぽいかんじ)でやってます。

泣くようなゲームじゃないと思うんですよ。
「おいおい、二万払って島流しかよ! うひゃひゃひゃ(爆笑)」みたいなプレイ感です。

A葉某A葉某 2005/08/01 22:07 イントリーゲは旧版のをよくプレイしました。ルールは一寸ハウスルールで(新版はルールが変更になっているのかわからないので)賄賂を渡す時に袋に(給料袋を何故か使ってました)入れて他人に自分が幾ら渡したかわからないようにしてました。こうすると相場はハッキリ言ってわからないのでやっている最中「これってゲームなのか?」と思ったりはしますが、公然と金額を言って賄賂を渡すのは変な感じがするのでこの方がリアルかと。そして疑心暗鬼の度数もより上がりますが。
私はイントリーゲよりもクォ・ヴァディスの交渉の方が精神的にキツイです。

moonmoon 2005/08/01 22:11 >ワイロを追加できるルール
いや、それが出来ないから辛いゲームなんですけれど…
交渉は常に1体1で、タイミングが厳密にルールで決められています。それが混沌とした状況を生む要因のひとつになっていますので、これをはずしてしまうと別のゲームになるのではないでしょうか。
でも次にやる時があれば「交渉は自由」というルールでやってみますね。そっちの方が自分にとっては面白そうなのは確かです。

moonmoon 2005/08/01 23:46 誤:1体1→正:1対1

野村野村 2005/08/01 23:55 いまルールを読み返してみましたが、他のプレイヤーが口出しするのは自由、という部分を拡大解釈していたようです。
僕は逆に次にやる時は順にお金を払うルールでやってみます(笑)。

青「6000払います」
緑「僕は10000払いますよ(お札を見せびらかしながら)」
青「くっ、じゃあ11000で(実際に払う)」
緑「じゃあ、1000だけで」
青「おい!」
みたいになるのかな(笑)。

野村野村 2005/08/01 23:59 とゆーか微妙に齟齬がありますね。他のプレイヤーが交渉に割り込むのはルール上可能なんですよ。
上の青と緑は、同じスポットを狙う競争相手という設定です。

moonmoon 2005/08/02 01:03 新版と旧版で微妙にルールが違うみたいなのですけれども、旧版だと確かに他人の交渉に口出しできないとは書いてないですね(出来るとも書いてませんけど)。新版は所有していないので不明。口出し自由なら、もうちょっとマシなゲームになるかな?
ともあれ、野村さんのおかげで、少なくとも昨日よりは再プレイする気になっています。うーむ(油汗)。

rAdiorAdio 2005/08/02 01:27 今やあまりゲームをやらなくなった私ですが、イントリーゲは楽しく遊べた記憶があります。
もともと私は、「実際の能力(交渉力)がゲームに出てしまう」という点で、ゲームという非日常に集中できない「交渉ゲーム」があまり好きではないのですが、イントリーゲのように、露骨に「お金」の存在があると、交渉力よりもお金のインパクトが勝り、実際の能力という身も蓋もない現実を覆い隠してくれて、良い感じに楽しめますね。

これよりも、例えばチャイナタウンの方が「声の大きいものが勝つ(あるいは、実際の交渉力が高い方が勝つ)」という点で、個人的には凹み度合いが高く感じます…。

biscobisco 2005/08/02 09:52 イントリーゲ・・・・。思ったよりも膨らんだので、なんとなくコメント返しをば。

沢田さんの考察ですが、後先でいうと読んだのが後でした。あれをしみじみ読むからに、ああなんと良く出来た兼ね合いのゲームか、などと思ったものですが、如何せんあの境地にはmoonさん同様、私も遠く及ばずです。しかも、このくらいサッパリと「全員」が割り切ってくれないことには成り立たないという私の肝っ玉の小ささが大いなるハードル。気持ち的条件というか。まあ、到底無理な話ですからして。はあ、鬱々。
ってな感じなので、とても笑いの絶えないというわけにもいかず。むしろ胃が耐え切れないというような。にしても、ブロックスと2択とは豪気なゲーム会ですなあ。そんなに民間向けでしたか、イントリーゲ(笑。私の近隣ではほとんど封印ですよ。もはや。子供を泣かす強烈さですから。むぎぎ。
で、出てきた給料袋。なるほど。たしかにゲームなのか?という気がしなくもないですが、リアルさは突き詰められてますね。違う楽しみ方にはなりそうですが。個人的にはクォヴァディスの方が若干マシですね。あまり好みではないものの、お金がない分柔らかに思えます。
まあ、ルール面でどうあれ、私は基本姿勢がああなので、やっぱり無理っぽい感じですなあ。とはいえ、これだけ壮絶に拒絶している自分自身を楽しんでいるフシがあるようなないような。「そういえば、イントリ・・・」「やめろ、その名を口にするな!(笑」みたいな。そのくらいの自分内ダメポジションを確立できているという点ではある意味偉大なゲームなのかもしれません。とかね。
ちなみにチャイナタウンも私はダメなので、なんだ要するにシビアな交渉ものが苦手なのか、とかいうテキトーな推測さえ脳裏に。いや、そんなことないはずなんですが。
グダグダするのがイヤなのかもしれんですなあ。もーいいじゃないか、そのくらいにしておきなさいよ。みたいな。どこか脳内で冷めてるのかも知れませんね。一歩下がって見てしまうというか。
ま、そんな感じ。

野村野村 2005/08/03 00:28 どうにも野暮で恐縮ですが、いちおう新版からルールの抜粋を。
「基本的に、他のプレイヤーが口出しをしたり、ヒントを与えたり、脅迫したり、その他コメントを与えたりすることはかまいません。(メビウス訳)」
豪儀なゲームです。

biscobisco 2005/08/03 01:42 いやはや、全く以って鬼のようなゲームですなあ、としみじみ。

moonmoon 2005/08/09 18:16 おかげさまでこっちのブログにもコメントが入りまくっていますが、どうやら僕らはマイノリティのようですよ>biscoさん

Connection: close