biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2005-11-03

[] を含むブックマーク

本日朝の出来事的雑記と、ボドゲ所感の二本立て。

フランスモノは画像の仕込みが面倒だったのでまた次回。

[]日常に潜む罠。 日常に潜む罠。を含むブックマーク

布団で寝たと思ったのに起きたら床。

前日酒を飲み過ぎる。

「胃が重い」と薬を飲んだら頭痛薬。

今日は平日だと思ったら祝日。

祝日は朝から仕事。

それに気づかずwebを巡回。

ゆったり風呂にも入ってしまう。

あげく鼻歌まじり。

ギリギリの時間だということに気づいてしまう。

気づくのはなぜかアタマを洗っている時。

「うわ、ヤバ」という声は風呂場で良く響く。

急いでいるのに目に泡が入って痛い。

パンツが「クシャッ」となっていて素早く履けない。

シャツの「頭が出るところ」がない。

もちろん「腕が出るところ」も。

靴下が水気で履きにくい。

履くときフラついてしまう。

その先には壁がある。

「痛い」というリアクションをしたいが時間がない。

服のボタンを掛け違える。

慌てすぎて意味無くオロオロしてしまう。

部屋を行ったり来たりもする。

腹が痛くなってきたりもする。

トイレはとても落ち着く。

さっきの喧騒がウソのよう。

しばし現実逃避。

無理やり出発する。

家のカギを取り出すとなぜか自転車のカギ。

正解を取り出すには三度のトライが必要。

カギ穴が普段より小さい気がする。

針穴に糸を通す精度が要求される。

カギを閉めると財布を忘れていることに気づく。

またカギを開け閉めするのか!

駆け出すとなぜか靴紐が解けている。

屈むと胸ポケットの中身が飛び出す。

クルマに轢かれそうにもなる。

クラクション鳴らせよバカと逆ギレ。

・・・・したい気持ちを抑えて急ぐ。

そんなオトナになっちまった!

とか叫んだりはしない。

もちろん尾崎は帰ってこない。

っていうか別に好きでもない。

たいしたオチもない。

[]ドラゴンライダー(Drachen reiter) ドラゴンライダー(Drachen reiter)を含むブックマーク

”「ドラゴンライダー(Drachen reiter)」”

魔法使いがドラゴンを駆ってレースをするっていうボドゲ。もちろん魔法使いだけあって、魔法でグダグダ攻撃したり色々しながら競争します。・・・・って、このへんで勘のいい方は気付かれたかもしれませんが、このゲーム、アレです。地雷です。ゲンナリ。

っていうかこれ、カルカソンヌの作者とカラバンデの作者のコンビ作なんですよね。そんなデラックスな組み合わせを事前情報として知っていただけに、期待し過ぎた気がしなくもないんですが・・・・。

はりきって蓋を開けてみれば、とんだゲンナリ化学反応を起こしていたと。そういうわけです。とどのつまりは。


さて。


要素だけを取り上げていけば、実はそこまで悪くはない雰囲気なんですよね。困ったことに。上手く説明さえすれば、「これって本当はオモシロなんじゃないの?」みたいな方向に話を持っていけるかもしれないくらい。

例えば、既存のコンシューマー系レースゲームを彷彿とさせる仕掛けやらアクションの数々とかね。そういうのを熱い!と思う人だって少なくないはず。個人的には「ワイプアウト」を思い出しましたよ。ちょっと古いですかね。

それに、システムの軸となる「スケールを使った移動方法」だってわりかしオモシロですからね。なんというか「ドラゴンを操縦する難しさ」を上手く表現してはいます。最初は慣れず戸惑うだけに、移動プランが綺麗にハマって対戦相手をブチ抜けた時は結構嬉しいと思いますよ。また、とてもアナログな操作感ゆえに、経験やらスキルが活きるようになってます。カーブの加減速やコース取りなんて、クルマの運転なんかと一緒で感覚的な世界ですからね。



・・・なのに、なんでこんな風に仕上がっちゃたんですかねえ。

何かが噛み合ってないというか、ボタンを掛け違えてしまったというか、そんな仕上がり。

たぶんですね、「そういうのはボドゲでしなくてもいい」ってことなんですよ、きっと。


中でも一番イライラきたのは、特色であるはずの「移動方法」。

処理のルール読んで「ヘー、なるほどねー、そうきますかー」とか思いましたよ確かに。

でも実際に遊んでみると、煩雑だしプレイアビリティ低いしでロクなもんじゃない。プレイヤー自身の器用度が問われる感じの面倒ぶり。ボードも駒も滑りやすいもんだから、適当に扱うとすぐズレたり動いたり。なのに各速度のスケールには「カーブの舵角」とか微妙な差異を持たせていたりして。そんな差を活かせるほどの精密な動きは私にはできませんね。混戦になった時とかどうすればいいのかと。実際問題。


このシステムというかワンアイデアに全面依存したゲームだっただけに、「土台が脆くて全倒壊」といった印象。その他アクセント付けといえば魔法くらいのもので、ゲームそのものにひねりが無い。

しかも魔法って言っても、コンシューマー系レースゲーの「アイテム」「兵器」を「魔法」として再現してみたよ、ってなノリなので、さしてオリジナリティがあるわけでもなく。かといって、ボドゲの宿命、コンシューマーゲーほどスピード感があるわけでもないので、同じノリで作ってもその楽しさにおいて比ではないというか、勝ち目はないというか。本当「あーあ」って感じ。


今ルールをひとしきり思い出して、で、オモシロなゲーム展開の可能性を夢想&妄想してみましたが、やっぱり無理。ノーフューチャー。オモシロのカケラも見当たりません。あるのはグダついた展開とそれによってゲンナリするプレイヤー達のイメージくらいのもの。

だいたい、大味すぎてドイツ系ボドゲっぽくないですからね。「ファンタジーで叩きあいのレースゲー」って、もう、まるっきり手法はアメリカン。悪夢のような「アリーナマキシムス」もそうでしたが、きっとこの手のゲームとは相性悪いんですよ私。もう「呪われているのか!?」とか、そういうレベルで。

ちなみに。

コースは組替え可能です。名作レーベンヘルツと同様に。しかもマップタイルは裏表使えるようになっていて、あげく15分割(!)されているので、「ほーらいろんなコースを作って遊べるぞう! 本当お得だねー、君は何通り遊べるかな?」ってこと。

いやね、そんなに組替えませんから。っていうか、私にとっては何通り造れようが一緒。結局、1通りしか遊べませんでしたからね。むしろ組替えできなくても問題なかったですよ。ええ。


ということで。

久しぶりに強烈だったので未だショック覚めやらぬ感はありますが。悪夢のアレと一緒に、年の瀬にでも処分する方向。わりにボード(紙製)が多いので、いい焚きつけになってくれそうですよ。

・・・・私がファイヤーボールを撃てれば話は早いんですが(皮肉。

ゲンナリ。

地雷(大)。

加減加減 2005/11/03 23:01 ええ、本当スバラシイ文章です。ああ、もちろんオチはいりませんよ。
地雷(大)は残念ですが、ボード自体はともかく、駒とかは他で使えるのでは?
私の場合は地雷と認めるのがいやなんで、「あわないなぁ〜」と回避しちゃいます。
「お前は地雷や、地雷なんや!」のほうがすっきりしそうですね。

pmnjpmnj 2005/11/04 00:05 以前、どこかの雑誌で「外出するために、両足に靴を完全に履いた状態で、玄関のカギをテーブルの上に忘れていたことに気づきました。玄関とあなたはどうしますか?」というアンケートの調査結果を見たことがあります。一番少なかった回答が「靴を脱ぎ、テーブルまでカギを取りに戻る」だったそうです。他の多くは「片足だけ脱いでケンケンで取りに行く」「膝立ち歩きでテーブルまで行く」だったそうです。日常の罠にはまった人は、そこから逃れようと無駄な抵抗をして、よけい罠にはまる構図。そんなのが大好きです。

pmnjpmnj 2005/11/04 00:06 あ、すでに罠(苦笑)。「玄関とあなたはどうしますか?」は間違い。「玄関とテーブルの距離は約3メートルです。あなたはどうしますか?」でした。すみません。

biscobisco 2005/11/04 01:01 加減さん>
いやはや、オチなくてすみません。
地雷については勝手な決めうちが当方の持ち味ということでご理解いただければ幸い。言い切るとスッキリしますよ。わりかし。
あと、駒については確かにおっしゃる通り。そういえば大阪はゴミの分別が厳しいのでした。駒はプラなので不燃物扱いですなあ(あくまで処分の方向)。でも一個くらいは残してもいいかも。戒めとして。

pmnjさん>
個人的には「玄関と私」で問題解決したいところです。一致団結。
ちなみに私はケンケン派ですが、あれは慌てると滑るので危険なんですよねえ。そういえば昔の友人に、靴を脱がずに土足で取りにいくヤツがいたことを思い出しました。「いつも掃除してるから問題ない」と言ってましたが。どう問題ないのかは謎。

ciaoakiociaoakio 2005/11/07 13:36 わしも土足で行くで。でも、気持ちつま先立ちで忍者のようにすばやくw
それはそうとそういうつまらんゲームはヤフオクで売りなさいよ。
「ああ、世の中にはこんなつまらんゲームがあるのだな」とたくさんの人に思わせるのも責任やで。その人はまたそれを売る。回すことによって売り上げ激減するやろ。そうやってつまらないゲームは撲滅されるのだよ。

biscobisco 2005/11/07 23:27 あきおさん>
それはかなり素早そうですなあ。>>つま先立ち
つまらないゲームの撲滅という考えには納得。なるほどと思わされました。っていうか前にも同じこと言われたような気も。ということはそれ以降、私は何ら成長していないという事実。むぎぎ。

pmnjpmnj 2005/11/09 23:42 土足で行く、という答えも「靴を脱ぐ」よりは多かったそうです。このほかには、「新聞などを敷いて、その上を歩いていく」というのも「靴を脱ぐ」より多かったそうです。かえって面倒だと思うんですけどね(^^;;

biscobisco 2005/11/10 08:10 たしかに急場になると面倒云々の判断すらもつかないどころか、謎な行動基準になったりしますからねえ。火事になって、なんでコレ持って逃げてきたんだろうとか。