biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2006-01-25

[]画像でダイナミック。その5 画像でダイナミック。その5を含むブックマーク

久しぶりの「クルクルケッコー(Looping Louie)」。

思い出したように取り出してきては遊んでいるテクニカルなバカゲーです。

時々話題にはしてましたが詳しい紹介はなかったということで今回。なにせ画像がないと何が何だかわかりませんからね。そんな本作を紹介しているということは、当ブログがまさに画像ブログとして(以下略


要電池なので厳密にはアレなのかも知れませんが、とてもアナログなプレイ感はまさにボドゲそのもの。

っていうかね、MBから発売されてるからいいんですよ。そういう括り。


外箱こんな風。


箱!


昔の飛行機乗りな映画とかでこんなシーンをみたような気がしますよ。

広大な敷地の一角にある小屋、それを掠めるように飛ぶプロペラ機、驚いてバタバタと逃げ出すニワトリやらなんやら、みたいな。ほら、有ったでしょう、ほら。(同意を求めない)

でも主役はこのプロペラ機ではなくて、あくまで被害に遭う小屋の所有者側。地味な役回りですがガッカリすることはありませんよ。ゲームはオモシロなんですから。


コンポーネントを組み立てるとこんな感じ。


四方に伸びる!


何をするのか、これだけではサッパリですが。

中心のメイン部から四方に延びるジョイント。画像左側、ゲーム的に正しい構えで手を添えてるあたりが、前述の小屋関連を表現している部分です。

そのちょっと上くらいに居るのがクレイジーな飛行機乗り。中央から伸びたアームに従い、盤上(?)を周回します。遊園地の乗り物のイメージ。ちなみにアームは中央の柱を支点として、上下にフレキシブルな動きが可能。丸いオモリが味のある動きの原動力。


小屋部分のアップ。


シーソー? それとも?


シーソーみたいなブツが小屋所有者が唯一動かせる部分。

何を表現しているかは謎ですが、きっと小屋所有者の「コッチに来るな!」という切なる思いが具現化したモノだったりするんでしょうなあ。(幻想的)

これをバンバン叩くことで、逆端を跳ね上げ、迫り来るプロペラ機の軌道を変えることができます。

軌道を変えて守ろうとするのは、小屋の上に乗っかって並ぶニワトリコイン。

プロペラ機は一番左端のコインを掠めるように飛んできましてね。で、ちょうど車輪のあたりを当ててくるんですな。するってえと、コインはカチャンとかいって下に滑り落ちて、オンザレールで中央に向かって転がっていきます。

ニワトリがプロペラ機に驚いて逃げ出す様を完全再現していると、そういうことですよ。

ええ、そういうことにしてください。

ゲーム的には各自このコイン3枚を守り抜くことが目的。生き残りゲー、もしくは負けを決めるゲームってことになりますか。


あ、危ない!


クレイジーな飛行機乗りがニワトリに襲い掛かろうとする瞬間。

「ニワトリ逃げろ!」って感じですが、コチラの出来ることはただ一つ「シーソーを動かす」だけ。

タイミングよくバヨーンと飛行機を跳ね上げることが出来れば、無事に我が家のかわいいニワトリが守られるという塩梅


っていうかこの飛行機乗り、よくよく考えてみれば迷惑この上ない。

なにせ、4つの小屋上空を延々と周回しては飛行機で掠め飛ぶという社会的常識のなさ。

きっと「ヒャッハー!」とか言いながら飛んでるんですよ。「そりゃそりゃそりゃー!」かもしれませんが。

もうこの際なんだっていいです。


そんなクレイジー野郎のアップ。


コイツはヤバイ・・・・。


もう目がどこを見ているのかさえ。とても危険な壊れっぷりです。

きっと小屋の人たちも「コイツに逆らったら何されるかわからない」とか恐れて、文句も言えないんでしょうなあ。かわいそうに。


で。


そんな話の流れからすれば、「守る」ゲームなのかって感じですが、いやいや。

手元のシーソーをバンバンするだけだろうが、プロペラ機は電動で勝手に動いていようが、

「攻める」ゲーム。

もう、激攻めですからね。

シーソーを弾くだけながら、弾く強さやタイミングを工夫することによって、他人のニワトリコインを急襲するような軌道でプロペラ機を飛ばすことが可能です。それはもう90度先の相手だけではなくて、180度先、果ては270度先の相手まで。やりすぎると自分の手元に襲い掛かってくることもあるほどにダイナミックな動きをします。

最初の5分くらいはそんなことできるのか、って感じなんですが、慣れると何回かに一回はやたらとテクニカルな攻めが可能に。人間の手先ってよく出来てるなあと実感すること間違いなし。


そんなプレイ内容を非常に良く心得た箱裏。


外人さんですがね。


本当にドラマティックな軌道を描くので、それに翻弄されつつも抗うことが楽しいというかなんというか。ピンポイントで襲撃されると自分のシーソーで抵抗すら出来ませんけどね。そのぶんスキル差が現れるゲームとも言えますが、そんなに本気でやってもアレですから、そのへんは大人の分別を持って。

また、上級者を交えて遊ぶ際にはハンデとして、シーソーを細くすることができます。基本は横に広く伸びてますが、90度回転させることでただの棒状に。ちょうど最初の方の画像の緑色がそう。こうなるとプロペラ機を弾くのも難しくなるので、スキル差が改善されると。



とまあ、1ゲームが数分で終わるこのゲーム。最初はゲーム的な体裁でもって遊んでますが、いつしかグダグダに。で、ニワトリコインを随時補充しては、適当に「自分のテクを磨く会」みたいになるのが定番の流れ。だいぶマッタリと「こうかな?」「いや、こうだろ?」「お、それ、スゲー」「何それムリー」てな感じで遊んでいられます。

その何気ないオモシロは結構なもので、それこそなんとなーく時間が持っていかれるので注意。遊ぶ際には先に時間を決めておくべきでしょうねえ。

遊びすぎず、ほどほどに。それが次も楽しく遊ぶための秘訣かと。

にしても、本当にオモシロだなあ、コレ。


襲撃!

pmnjpmnj 2006/01/25 10:55 クルクルケッコー、私も大好きなゲームです。楽しいですよね。
ただ、一つだけ要注意なことが。
電池を入れっぱなしにして長期間放っておくと、液漏れでダメになっちゃう可能性があります(先日、ちょっと危ないところでした)。ちょっと面倒ですけど(なんせネジ止めなんで)遊び終わったら電池を抜いておいた方がいいですよ。

biscobisco 2006/01/25 11:37 ナイスフォローどうもです。
いやしかし心配御無用! 私も電池ゲーの取り扱いにはうるさい方でしてね(謎)。ネジは面倒でも毎回外して、電池を取り出してますよ、ムハハハハ。(いばらない)
でも、転がっているプラスドライバーを片付けてから撮影するべきだった(画像二枚目)と思うのは私だけではありますまい。ゲンナリ。

S師(他称S師(他称 2006/01/25 17:02 クルクル
いいですよね

これもローカルルールできちんと(!)遊んでますよ
グダ〜っとならないように

ちょっと電池みてみとこ

biscobisco 2006/01/26 00:16 S師>
お。いいですよねえ、クルクル。
まあ、このグダーっとなることがむしろ醍醐味だったりもするのでがね。ちょっとそのあたりのニュアンスをもう少し前面に押し出しておくべきでしたね。反省。

電池みといてくださいよ、電池。ムハハハハ。(なぜいばる)

けがわけがわ 2006/01/31 11:26 クルクルケッコーは周りにうまい友達がいて、なかなか勝てません。270度攻めをばっちり決めてきます。いつもはトーナメントルールで遊んでます。最後まで生き残ったら、ニワトリコインをひとつ減らしてプレイし、3回勝ったら(つまりニワトリコインがなくなったら)グランドチャンピオンとなるわけです。おすすめですよ、これは。
あと2人プレイも好きです。各自右手と左手で隣り合う2つの小屋を受け持ちます。下手すると自爆してしまうのですが、慣れてくるとバレーボールのような面白さ。とくに左でシュートと見せかけてフェイントを掛けたりと心理戦も楽しめます。これもおすすめ。

とまあ、好きなゲームなのでやたらと書いてしまいました。これを超えるアクションゲームはまだ見たことがないです。

biscobisco 2006/01/31 22:20 むむむ。
それは尋常ではない厳しさですなあ。
さすが何事にも手を抜かないアメリカの風土よ。おそるべし個人主義(謎。

トーナメントルールいただき。それ遊びやすげですねえ。過酷さが増していく感じが実にゲーマー好みでステキです。

今、隣の人が2人プレイに感銘を受けてました。心理戦の部分がバカウケだそうです。たしかにテクニカル。っていうか脳内を赤裸々に説明しながら今度チャレンジしてみます。

にしても。
クルクルケッコーは愛好者が多い名作ですなあ。(無難なまとめ)