biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2006-02-22

[]やっぱりですね。 やっぱりですね。を含むブックマーク

こういう玩具が評価されていかないことには

日本の玩具界の発展は望めないというかなんというか。

アレですよね、なんともはや。

ちょっと酒呑んでてグダグダです。

ということで更新

ローリングボールですよ。

昨今の我が家では大活躍なブツ。

別に昨日の続きってわけでもないです。

[]ローリングボールで遊んでみる。 ローリングボールで遊んでみる。を含むブックマーク

ちうことで先日ハンズで買ってきたローリングボール。

特売品ミラクル! 980円の僥倖! (大げさ)

前から欲しかったんですが、妙に高いしわざわざ通販とかで買うのもアレだなあと思ってたんですよね。



箱ー。



細長いです


まあ、見たままの内容なんですがね。

以前にちょっと遊んだことがあって、スゲーオモシロかったんですよこれが。

意気揚揚と開封。まさかこれが980円で手に入るとは!(しつこい)





あー、なるほど。要組み立てですか。

ん?

ちょっとまて、これって・・・・。





付けたら外せません


木ネジ出たーー!!

一度組み立てたら二度とバラせない木ネジ。

迂闊にもバラした日にはユルユルのグラグラで目も当てられなくなるアレですよ。 

もうあの頃には戻れない、非情のワンウェイドライブ。

なんてこった! グナーデンロス!(容赦なし)

収納に仇なすその構造に完敗。まさかの罠に愕然。




がしかし。組み立てないことには遊べないのもまた真実

ええ、閉めましたとも、泣きながら。




もう戻れません


完成後、再び箱と並べて。

シルエットからしてハミ出ること必至。

もはや人類に未来はないのか。





入るわけがありません


もしやと思ってトライ

ミラクルが起こるはずもなく。

いやしかし、こうしたトライ&エラーこそが人類を進歩させるわけですよ。



(試行錯誤)



なんだよ、こんちくしょう

ちゃんと箱に収納させろっつうーの!



あ。



こんなことになるなんて・・・・。


ついカッとなってやりました。

今は反省しています。



ということで、ローリングボールは生で収納。

同じ長尺のポラリティと一緒に並べることにしました。

皆さんも通販で本品をお求めの際はくれぐれもご注意ください。

ゲンナリ。



さて。

ゲーム内容の話でもしましょうか。



ローリングボールはまあゲームというより玩具

ストイック技術を高める系のオモシロです。

手元のハンドルは左右に開閉できまして。奥は固定。

手前から奥に向かって下りの傾斜がついているので、ボールを置くともちろんのように奥に転がっていって止まります。

ハンドルを握り、棒を左右に開くと、手前に向かってボールが転がり始めます。坂を登ってきやがるんですよ。で、それをタイミングよく繰り返すとドンドン転がるんですねえ。

それはもうとても繊細な作業で、ちょっとでも手元を狂わすとボールは儚くも落下、もしくは逆戻りの憂き目。穴に入ると得点計算。より手前の穴ほど高得点です。

つかね、得点とかもうどうだっていいんですよ。

とにかく手前の穴を目指して技術を磨く。それだけ。

これがもうイライラするくらいに難しくて、オモシロいんですなあ。

コツを掴むとグングン進むボールが嬉しいです。

あー、イライラする。(箱に入らないから)

でもムキになってしまうんですよねえ。(そして箱を破壊



ともあれ、とても地味ですが魅力ある玩具です。

機会があれば是非に。