biscoの地雷備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード


ボードゲームの感想を綴るメモ。もしくは。
余談、推測、ムダ知識と飽くなき物欲を存分に迸らせながら、
何気ない構造に潜むオモシロをヒネた世界の見方で突付き回す、あるコレクターの備忘録。
全てのキッカケはボケ防止。脳力の衰えを感じる今日この頃。
改装中 改装中


【ご案内】
古き時代を物語る「クイズ!入れ忘れました(仮)」の過去問はこちらから。
当方イチオシの「地雷避けゲーム(カドゲ)」はこちら、噂の「地雷踏みゲーム(Flash)」はこちらへ。
また、雰囲気重視のプレイスタイル見本はこちらです。
画像が少ないブログですが、参考となる画像へのリンクは案外多いです。
お目当てのゲームを探す場合は、左にある日記内検索、もしくは索引からどうぞ。

2006-02-24

[]もはや もはやを含むブックマーク

いささか時期を外してしまった気はしますがね。

私の中では今まさに旬。

これはいいです。もっと遊びたい感あり。

でも当分ゲーム出来そうにないという罠。

なんてこった。

ちうことで所感。たまにはサラリと。

[]意気込んで作ってみたのに。 意気込んで作ってみたのに。を含むブックマーク

音声合成なアレが簡単に作れることを知ったので意気込んで作ってみたものの、

はてな上では動かせないことが発覚。

つか、ちゃんと確認してから作れって話ですが。

あんまり悔しかったのでリンクながらも設置を決意。

左の赤いダルマがそうです。

名前はゲンナリさん。

ブログ上にあげるのはちょっとアレなことを主体に話させる予定。

ログが残らないヤツなので気楽です。ムハハハ。


そういえばあの爆弾マーク、ブログ開設以来のものでしたね。

全く名残惜しくないですが。

[]大地主になるってのは大変ですな。 大地主になるってのは大変ですな。を含むブックマーク

”ハチエンダ(Hazienda)”

遊びそびれて未プレイのまま放置されていた本作。

ようやくの稼動です。

つか、結論から先にいうと、これはもっと早く遊んでおくべきでした。ゲームが始まって二順目にはもう「こ、これはオモシロだ」という気運が高まってましたからね。噂にたがわぬオモシロぶりにオドロキ。もったいない、ああもったいない。

プレイ終わっての感激度レベルだけでいうと、サンクト初プレイ時とほぼ同等。

よくぞまあこんな傑作を作ってくれたもんですよクラマー。偉大。あまりにも偉大。

ただ、若干ゲーマーズゲー寄りってことと、傍から見てもオモシロが伝わりにくい地味な見栄えと展開がアレですが、それらを差し引いても非常にオモシロでおトクなボドゲだと思います。しかもハンスのゲームだからコンポーネントのわりに安い。つか、コスモスもハンスを見習うべき。


で。


そんな「地味傑作」のルール説明&詳細は略。

得点の取り方がいくつかあるゲームなので、最初はその把握から始まりますね。激簡単!とまでは言いませんが、基本とそれぞれの関係性さえ理解してしまえば案外シンプルです。上手いこと絡みあっているので、まあ何をやってもそれなりに得点が取れるようになってるのが見事。

ある程度はスミワケというか別路線の選択を余儀なくされる風なので気楽。なのに最終局面に向かうにつれて、誰もが同じ方向を目指しだしているというかなんというか。「道は違えど行き先は同じ」ってヤツですな。しかも、きちんと広がってから収束するので、やらされてるような感覚もなく不自由な思いもしません。

手番が複数行動でかつ選択肢も少なくない為、プレイヤーによっては考え込んでしまう可能性を秘めているのが若干アレといえばアレ。まあこのあたりはクラマー負の伝統というか、いつものことなので仕方ないという気はします。とはいえ、手番外での検討が十分に可能なので慣れれば速くなるはず。

とにかく「あれもしたいこれもしたい」のジレンマが炸裂。ボドゲしてるなあっていう充実感。こりゃイカス。近頃は「クラマーねえ、なんだかアレだしなあ」なんて、何のいわれもなくゲンナリしていた私がいたわけですが、本作は違いました。スバラシイ。ミラクル。

とりあえず「ボドゲを遊ぶ人」なら本作を買っておくべき。もし今はこういうのを遊ばなかったとしても、いつか遊ぶようになります。来るべきその日の為に。



と、画像もなしでまとめてしまいましたが、

折角ですから外箱とセットアップ画像くらいは。




こういう外箱。


地味外箱


内容もそうですし、箱絵もそうなんですが、

本来ターゲットとすべきであろうライトなゲーマーを疎外しがちな感じのアレ。

ハンスはもういつだってそうですよ。

惜しいですなあ。実に惜しい。

ライト→ヘビーの過渡期なゲーマーを狙ってるとしたらそれはかなりピンポイント過ぎる気はします。

どちらかというとヘビー→ライトへと回帰していく人狙いか。

箱絵と関係ない話ですな。なんですな。

中身が詰まってるので重いです。

こんな話もいいですか。そうですか。




セットアップしたらこんな感じ。


むじゃらーなセットアップ


ボード、タイル、マーカー、カード

広げると結構場所取りますね。

パッと見ると「うわ、多いなこりゃ」と軽くゲンナリするかもですが、

各自の自由な行動を妨げないためにはこのくらいは必要なんですよねー。

可能性はたしかにあるので仕方なし。

だもんでほとんど予備。使い切ることなんてないです。

これでも、タイルやらマーカーやらには両面に異なる印刷するなどして、

地味に総数を減らす努力してるんですけどね。泣かせます。




とまあ、こんな見栄えに挫けず買っておいてください。

オモシロですから。

ええ。

ciaoakiociaoakio 2006/02/24 14:59 このシールめっさおもろい。わしも使う!

pmnjpmnj 2006/02/24 15:37 アクセントがアレですけど、面白いですね>ウェブシール。
ムハハハハ。

biscobisco 2006/02/24 18:27 あきおさん>
あきおさんのことだから変なことしゃべらせるんでしょうなあ(笑。
ちょっとポップなキャラが多いのが難点ですがね。何を選ぶのか、楽しみです。

pmnjさん>
あのアクセントの微妙さ加減がまた(笑。
結構気に入ってます。はてなでも直接設置できるようになればいいんですけどねえ。
別ウィンドウが出ると警戒されてしまうような気が。