Hatena::ブログ(Diary)

びるとてぃるとのかけら

2016-03-19 モンティ・パイソン?

D


 元ネタの「殺人ジョーク」って、ダージリンがCDで言ってたヤツかな?

 表情を見る限り、とりあえずリンガ泊地では「比叡はまずいと自覚して作ってない、磯風は自覚して作ってる」っぽいな。しかし「深海で成分分析して再現したら美味しい」って、載ってる具材のレベルでスイカだの芽の出たジャガイモだのが見えてるんだが(笑)


 ところで、航巡シックスはあの事件があった後もまだそんなことやってるのか。デラーズみたいになっても知らんぞ(笑)

このマシン実用で使ってた人初めて見た(汗)

f:id:bit666:20160310182651j:image:w360

シャープ「MURAMASA PC-CV50F」〜暗黒時代を生き抜いたEfficeon搭載小型モバイル


 これまでコラムで何度か述べてきたが、2000年前後ミニノートにとっての黄金期だった。メーカーと機種の選択肢が多く、自由に選べた。東芝の「Librettoからまり日本ビクターの「InterLink XP」、ソニーの「バイオU」、カシオの「CASSIOPEIA FIVA」、富士通の「LOOX S」……など、10型以下のノート目白押しだった。

 しかしその黄金期も、2003年辺りを境目に陰りが出てきた。小型Windowsモバイルの走りであったLibrettoは、2002年の「L5」を最後リリースされなくなった。バイオUはCrusoeからCeleron 600Aに変わった「バイオU101」がリリースされたが、それ以降のモデルキーボードがなくなっている。CASSIOPEIA FIVAは2001年暮れに終息。LOOX Sも2003年半ばで最終モデルを迎える(以降、光学ドライブ搭載の「T」だけがCrusoeからCentrinoに代わり生き残った)。


 確かにあの時代暗黒時代だった記憶がある(もちろん今の方が遥かに酷いが……)。Sony以外のメーカーほとんどこの時期に撤退したんじゃないだろうか。

 ただ、それでもこのマシンには手を出さなかった。その理由は……。


 天板および底面の中央部はフラットで、エッジにかけてなめらかなカーブを描く。しかディスプレイ側のエッジは非常に薄いが、中央部にかけて膨らんでいるため、ぽっちゃりとした印象を受ける。加えて、キーボードディスプレイの枠も大きめに取られており、ややもったいない気がする。この辺りは分解のパートでも詳しく見ていきたい。

 細かいところを挙げると、キーボード側は中央にかけて凹んでおり、一方液晶側は膨らんでいる。ワンダピクス液晶モジュールがよほど厚いのだろうか。パームレストが凹んでいるおかげで、キーピッチが狭く、元から打ちにくいキーボードの使いにくさに拍車をかける原因ともなっている。


 いや、これ細かいところじゃないと思う。というか、店頭で一目見て「パームレストが凹んでいる」という時点で「こりゃ打ちにくそうだ」という感想しか浮かばなかった。本当、その点は一目見るだけでわかるから、あれで避けたモバイラーは多いんじゃないだろうか。想像しにくいという人は、深めの大皿か洗面器にノートPCを置いてキーボードを打つことを想像してもらえればわかりやすいかも。

 まぁ、前にも書いたけど、元々私はFF11認定マークをつけてたMP50が惨憺たる出来だったので、エフシオンにもクルーソーにももう手を出すつもりはなかったのだけど。