Hatena::ブログ(Diary)

面白い会社を紹介します

エニグモ

f:id:biyoko4:20101021222840j:image



まずは応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ


株式会社エニグモはインターネットビジネスの企画・開発・運営をしているベンチャー企業(http://www.enigmo.co.jp)。


「インパクトのある新しいビジネスの創造を通して社会に活力と楽しさを提供する」をミッションとし、独自の斬新なサービスを制作しています。



今大きく展開しているのが以下の4つ。


・BuyMa

世界各国で発見した素敵な商品を紹介・販売したいという人(バイヤー)と日本にいながら世界中の商品を購入したいという人をマッチングするショッピング・コミュニティ


・プレスブログ

有名ブロガーにプレスリリースを配信し、一般個人から企業情報を発信してもらう仕組み


・filmo

企業CMの公募サイト。最も優秀な企業CMを制作した制作者には賞金が支払われる


・ShareMo

自分がいらなくなったものを、誰か必要な人にシェアできるサービス。大量消費社会から環境に優しい循環型社会の実現を目指す。


他にもオンラインで購入した雑誌をWebブラウザー上で閲覧できるサービス「コルシカ」といった面白いサービスも展開しようとしていました。(日本雑誌協会の圧力ですぐに閉鎖に追い込まれましたが・・・)


どのサービスもわくわくするようなアイデアが詰まっていると同時に、現代のニーズを上手く捉えているところが特徴と言えるのではないでしょうか。



経営者の須田将啓さんと田中禎人さんは元博報堂出身。


エニグモはクリスマスの夜に博報堂で残業していた男二人が語り合ったアイデアが基となり、そのままの勢いでできたような会社です。


エニグモが大事にしている「ノリ」や「遊び心」に共感できる人は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。


【参考】

共同最高責任者 須田将啓さんのインタビュー記事「“思い込み”が原動力。なりたい自分へまっすぐ進む」

共同最高責任者 田中禎人さんのインタビュー記事「右脳でワクワク、左脳でロジック。“バランス感覚”を鍛え、楽しむ」



参考になったらクリックお願いします→人気ブログランキングへ


 

ライフネット生命

f:id:biyoko4:20101012141858j:image



まずは応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ


ライフネット生命保険株式会社(http://www.lifenet-seimei.co.jp/)はインターネットを主な販売チャネルとするネット専門の生命保険会社


若い世代の所得が低くなっている現状に対して「子育て世代の生命保険料を半額にするので、安心して赤ちゃんを産んでほしい」という思いから設立されました。



これまでの生命保険は「大量の保険外交員が販売する」というビジネスモデルで成り立っており、膨大な人件費が必要でした。そのため、どうしても生命保険の価格は高くなっていました。


一方、ライフネットはインターネットを販売チャネルとしているため、

  • 営業職員が必要ない
  • 営業店(販売店)が必要ない
  • 契約書などの事務費用も必要ない

といったコストが必要なくなり、圧倒的な低価格を実現することができています。



f:id:biyoko4:20101012142037g:image



ライフネットは「生活者にとって便利でわかりやすく、かつ高品質な生命保険サービスを提供する」という理念に基づき、「生命保険の原価開示」という業界のタブーにも挑戦しています。

【参考記事】「業界初!“保険の原価”を開示したライフネット生命に怨嗟の声」



保険業界という旧態依然とした業界の中に、新風を吹き込もうとするライフネット生命。


金融や保険に関心ある方で新しいことをしたい、おもしろいことをしたいとお考えの方は一度検討してみてはいかがでしょうか。


【参考】

出口治明社長のインタビュー記事 峪笋呂覆疾弧進欷韻慮恐舛魍示したか」

出口治明社長のインタビュー記事◆嵶鮖亡僂魄蕕漾∪こΔ吠儔修魑こす礎とする」

岩瀬副社長のインタビュー「挑戦する生き方」


参考になったらクリックお願いします→人気ブログランキングへ


 

ウイングル

f:id:biyoko4:20100929155040j:image


まずは応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ


株式会社ウイングル(http://www.wingle.co.jp)は障害者の雇用問題に取り組んでいる「ソーシャル・ベンチャー」企業。


大都市部の企業に対し、地方在住の障害者を紹介し、就労の「場」を創り出す独自のサービスを提供しています。



301人以上の常用雇用者を雇用する企業は、障害者雇用促進法により、1.8%以上の障がいのある方を雇用する法的義務があり、その率を満たさない場合、不足者ひとりにつき、月5万円の納付金を支払わねばならないという決まりがあります。


ただ301人以上の社員がいる大企業は大都市圏に集中しており、企業側が東京で障害者を雇用することが難しくなっているのが現状です。一方で、地方では雇用義務のある企業が少ないため、障害のある方々が働きたくても、なかなか求人が無いという事態が起こっています。


※労働意欲がありながら、未就職の障害者は15万2千人(平成19年3月末時点、厚生労働省調べ)



そういったミスマッチを解消しようと株式会社ウイングルが行っているのが障害者遠隔地雇用サービスです。


f:id:biyoko4:20100623184933j:image



このビジネスモデルではウイングルの施設内に、契約した各企業がサテライトオフィスを設置。その事務所内で障害者の方々は企業の一員となって、事務作業やサイト監視といった業務を行います。


現在はアビームコンサルティングやGMOインターネットなど20社を超える企業がこのサービスを利用。仙台市や沖縄市といった5カ所のウイングルの施設で約80名の障害者の方々が働いているそうです。



画期的なビジネスモデルを作り上げ、ビジネスとして利益を上げながら、社会的課題の解決を行うというのは中々できることではないと思います。


「関わる人すべてが、共に成長し、繁栄できる社会をめざして」というビジョンに共感される方は一度調べてみてはいかがでしょうか。



【参考】

創業者 佐藤崇弘さんのインタビュー記事(現在は退職)



参考になったらクリックお願いします→人気ブログランキングへ


 

ネイバージャパン

f:id:biyoko4:20100924165604j:image



まずは応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ


韓国では検索回数で61.9%という韓国最大検索ポータル「NAVER(ネイバー)」。


その「NAVER」を運営しているNHN Corporationが日本進出にと作った会社がネイバージャパン(http://www.naver.jp/)になります。


日本でも検索サービス「NAVER」の提供を行っています。



「NAVER」の最大の特徴は「ただ調べる」だけの検索ではなく、「みんなで探しあう検索」を強化している点。


ウェブサイトにも、「従来の検索サービスが持つ、キーワードによるシステム型のアプローチ(Machine Search)に加えて、ユーザー参加型による、人の経験や知識・嗜好性を活かしたアプローチ(Knowledge Platform)を融合させることにより、総合的かつ多様な検索体験を提供していきます」と書かれています。



この方針に従い、提供しているサービスは多種多様。


NAVERまとめ

みんなが知りたいことを、みんなで探しあい検索結果を作るサービス


Pick

ウェブ上にあるおもしろい情報をユーザが簡単にクリップできるマイクロブログ


どうやら「NAVER」はサーチコミュニケーションプラットフォームという独自の立ち位置を築き上げたいようです。


Yahooやgoogleだけでなく様々な企業が凌ぎを削る検索市場ですが、そういった巨人に立ち向かっていくことにロマンを覚える人なら向いている会社ではないでしょうか。



【参考】

検索は技術から人のつながりへ サーチコミュニティ目指す「NAVER」

再上陸したNAVERが目指す”第3極”

ヤフーのGoogle導入はチャンス--NAVER森川社長「ポジティブにとらえている」



参考になったらクリックお願いします→人気ブログランキングへ


 

ウェブリオ

f:id:biyoko4:20100910103044j:image


まずは応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ


「Weblio」は500以上の辞書、百科事典から一括検索することが可能な巨大辞書。この「Weblio」を運営しているのが株式会社ウェブリオになります(http://www.weblio.jp/)。


Weblioは「ユーザが必要とする情報を手軽に楽しく活用できるようにする」というコンセプトに基づき作られました。


ちなみに「Weblio」とは、「Web」とヘブライ語で”本”という言葉の複数形を表す「ビブリオ(Biblio)」を組み合わせた造語とのこと。


掲載されている辞書・百科事典は

  • ウィキペディア
  • 三省堂 大辞林
  • 研究社 新英和中辞典
  • 研究社 新和英中辞典

などのメジャーなものから

  • バナナ用語辞典
  • かまぼこ製品図鑑
  • 津軽語辞典
  • 微生物の用語解説

などどこから見つけてきたんだろうというコアなものまで本当に多種多様。


用語などを調べる時に、ここを調べて見つからなければ、もうどこに行っても分からないのではと思わせるほどです。


WEB上に溢れる情報を整理し、ユーザに便利な形で提供する」というのは、ある意味でウェブの核心に迫る本質的な仕事だと思います。


現在はサイトからの広告収入がメインのようですが、今後はBtoBビジネスなどの展開も考えている様子。


採用も随時募集しているようですので、興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか?



【参考】ウェブリオに関するのインタビュー記事

国内の総合辞書検索屋への挑戦者、ウェブリオとは?

月間1000万ビュー近くのアクセスを自社内の40〜50台の中古パソコンでさばくWeblioのシステム



参考になったらクリックお願いします→人気ブログランキングへ