◆ I ’NEVER’ say Black_Joke! ◆

2004-08-29 黒歴史

TVアニメ「∀ガンダム」劇中で、それまでのガンダム・ストーリーが映し出されるシーンがあり、それ以前の兵器・記録・文明といった一切のものが抹消されていた世界にとってそれはまさに「封印されていた争いの歴史」であった。(アニメカテゴリーの「黒歴史」参照)


転じて、黒歴史とは「触れてはいけないこと」「(当事者が)忘れたい、なかったことにしたい恥ずかしい過去のこと」を指す。

このページでは、そのような「黒歴史」を集めることを目的とする。

「○○は違うんじゃないの?」と思った時は

その際は、遠慮無くコメントしてください。

音楽

  • avex(浜崎あゆみ)
    • 昔の芸名「浜崎くるみ」
    • グラビアアイドル時代の「濱崎歩」
    • AYUMI名義のシングル「NOTHING FROM NOTHING」
    • ライブで座っている人に向かって「感じ悪いね」発言
    • つんくとのデュエット曲「LOVE〜since1999〜」(つんく♂セルフカバーアルバムでは高橋愛に代わった)
    • タイを訪問した際に起こした失態の数々
  • avex(小室ファミリー関連)
    • 小室哲哉とYOSHIKIにおけるV2
    • 小室哲哉プロデュースでCDデビューしたMr.マリック(超魔術にインスパイアされた楽曲を小室が作曲)
    • 小室がプロデュースし、各国のVIP・報道陣になぜか配布した「九州・沖縄サミットイメージソング」
    • 華原朋美における遠峯ありさ(黒BUTAオールスターズ)時代
    • globeがデビュー直前までorangeというユニット名だった事
    • TRFのMEGAMIX時代
    • オリビアが小室プロデュースでフランス・ワールドカップのイメージソングを歌ったこと
    • dos
    • トーコ、及びtohkoの小室哲哉・日向大介ダブルプロデュース時代
    • ORUMOK RECORDS(avexではないが・・・)
  • avex(その他)
    • Every Little Thingにおける五十嵐充
    • 持田香織におけるソロアイドル「持田かおり」(being系)時代、及び黒BUTAオールスターズ時代
    • move木村貴志氏のFavorite Blue時代
    • D-LOOP(2004年、6年ぶりの復活を果たし、シングル、アルバムを発表するも、また再び黒歴史に葬られそうである)
  • その他
    • 貴水博之におけるゲッターロボ號主題歌(または歌手デビュー〜access結成直前まで)
    • 坂井泉水(ZARD)におけるレースクイーン(蒲池幸子)時代
    • ZARDにおけるファーストアルバムのジャケット写真に写っていた坂井泉水以外のメンバーの存在
    • 岡本真夜におけるユニット活動「Love Cupid」
    • GacktにおけるMALICE MIZERにいた頃。
    • TetsuとGacktがいた頃のMALICE MIZER(〜活動停止後はバンド自体が黒歴史扱い)
    • the end of genesis T.M.R evolution turbo type D(活動内容としては特に悪くはなく、この期間に出した楽曲は良作揃いである、がファン以外の人から見ると「TMRとどう違うの?」という事となり、またファンも(西川貴教本人も)説明するのがめんどくさいので黒歴史入りしたと思われる)
    • ガチャピンのレコード「食べちゃうぞ」
    • 小沢健二におけるフリッパーズギター
    • フリッパーズギターにおける小沢健二と小山田圭吾以外のメンバーの存在
    • ドリカムの全米デビュー
    • 坂本龍一におけるアホアホマン
    • 坂本龍一がプロデュースしたゲイシャガールズ(ばらしてもOK(笑))
    • YMOのトリオ・ザ・テクノ
    • GLAYのTERUの長髪時代
    • 矢井田瞳が「矢井田瞳としてのデビュー前」にSEE SEEの名前でアニメ「魔装機神サイバスター」のエンディングを歌ったこと。(1999年のスーパーロボット大戦関係のイベントに出演したことはあまり知られていないはず)
    • サディスティック・ミカ・バンドが桐島かれんをボーカルに迎えて再結成したこと
    • ポケットビスケッツ結成時のライバルだったMckee
    • X(当時のテロップでは「エックス」)が元気が出るテレビに「究極のヘビメタ」として出演していたこと(「気合い入ってるやつ」ヨシキ(当時表記)談)
    • 「エックス」→「X」→「X-JAPAN」 (名前の表記では色々と苦労したようです)
    • かとうれいこにおけるツル?ライトショー出演時のキャラクター名「矢裸瀬鯛子(やらせたいこ)」
    • 田口トモロヲのパンクバンド「ばちかぶり」時代
    • 車谷浩司(AIR)におけるBAKU
    • 北野井子
    • 円谷憂子
    • Fayrayにおける浅倉大介プロデュース時代
    • Cubic U
    • FIELD OF VIEWにおけるメンバーの増減
    • 結成時と解散時のメンバーが全く違うWANDS
    • 「果てしない夢を」ZYYG,REV,ZARD&WANDS fearturing 長嶋茂雄(結局ミスターは一小節しか歌ってない事も含めて)
    • 槇原敬之覚醒剤所持事件
    • 鳥山雄司プロデユースのシングル「ナイショ DE アイ!アイ! 」とアルバム「なんたって飯島愛」
    • 秋元康プロデュースの「ねずみっ子クラブ」
    • その「ねずみっ子クラブ」に在籍していた仲根かすみ (当時の芸名:植可澄美)
    • 山田孝之のCDデビュー
    • 柏原収史におけるSTEEL
    • Hysteric Blueにおける……
    • 「THEヒロミと茶番」

映画

  • 邦画
    • 東宝製作「ノストラダムスの大予言」ちなみにPART2の企画もあった
    • 梶芽衣子における「女囚さそり701号」で流れた「怨み節」1バージョンの歌詞。「月に一度は血を流しゃ 忘れようとて忘れられようか(以下略)」が余りにも危ないので、レコード化するときに歌詞が差し替えられた。ちなみにキル・ビルではレコード化されたバージョンが使われている。
    • 東映が制作費に数十億円をかけて臨んだ「北京原人」
    • 幸福の科学の布教映画『黄金の法 エル・カンターレの歴史観』が週末興行ランキング初登場1位を記録したこと (配給は東映)
    • 子連れ狼における大五郎役を演じた子役たちのその後の人生
  • 洋画
    • 「『スター・ウォーズ』は9エピソードによる3部作、各3部作は時代は大きく離れ壮大な銀河歴史物だ」Byジョージ・ルーカス
    • アーノルド・シュワルツェネッガーにおける昔の芸名「アーノルド・ストロング」
    • 3年以上の期間と1億3700万ドルもの制作費をかけて作った完全フル3D長編映画『ファイナルファンタジー(ASIN:B00005UQFS)』→これの大失敗が「スクウェア・エニックス」合併への発端の1つとも。(某S氏のポケットマネーだという噂も立ったが、そんなものでは済まされない事体に発展したことは周知の事実)
    • ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演「ストリートファイター」→ゲームの映画化が絶対に当たらないジンクスが生まれた迷作(後にそのジンクスはトゥームレイダーによって破られるが…)
    • 『スター・ウォーズ』のダース・ベイダー役と『ベスト・キッド』のミヤギ役を断った三船敏郎
    • マトリックスでは最後まで生き残ったタンクがリローデッドでは死んだ事になっている事。実はタンク役のマーカス・チョンがギャラでスタジオともめたため。
    • ホーム・アローンにおける主役ケヴィンを演じたマコーレー・カルキン氏のその後の人生
    • 『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』に全く登場しないクリストファー・リー(サルマン役)。前二作で重要な役割をしていたキャラクターなのに、「あいつは力を失った」の一言で物語から片付けられてしまう。パンフレットのキャラクター相関図でも顔写真無し
    • 「スターウォーズ」に当初付けられていた邦題「宇宙大戦争」。カタカナ表記にしたおかげで日本におけるそれ自体の黒歴史化は免れた。
    • 日本で「スターウォーズ」を公開した頃に作られた「スターウォーズのテーマ(歌:子門真人)」。メインテーマに歌詞をつけた代物らしい。
    • 同じく「ネバーエンディングストーリーのテーマ(歌:羽賀賢二)」

テレビ番組(アニメ以外)

  • 必殺シリーズ
    • 新必殺仕置人製作時における「菅井きん問題」
    • 翔べ!必殺うらごろし(作品の出来は良いのだが、シリーズ打ち切りの危機を招いたため、制作者側からは無かったことにしたい作品。)
    • 必殺仕事人における鹿蔵元締の存在(特に後半。存在が完全に黒歴史化されている。ちなみに後の長編「仕事人大集合」では復帰)
    • 必殺仕切人(勇次を必殺シリーズの柱にしたかったが、結局破綻したストーリーの連続であったため、制作側と中条本人が無かったことにしたい作品となってしまった)
    • 誠直也版「念仏の鉄」
    • 新必殺仕事人最終回における秀の死がファンによる助命嘆願で撤回されたこと
    • 同じく『必殺!III 裏か表か』において、工藤栄一監督が描いていた秀の死
  • 水戸黄門
    • 石坂浩二の四代目水戸黄門
    • かげろうのお銀(由美かおる)初登場時の目的が黄門暗殺であったこと
  • トレンディドラマ関連
    • TBSドラマ「ひと夏のパパへ」(上戸彩を主演にするも、視聴率が超低迷、本来の放送回数を待たずして終了。ストーリー自体は完結)
    • ヒロインを一般オーディションで決定した月9ドラマ「ビギナー」
    • 「ラブ・アゲイン」の打ち切り(皮肉にもテーマソングを担当していたthe brilliant greenが注目を集めるようになったのもこのドラマから)
    • 「Gift」(木村拓哉主演ドラマにしては低視聴率だった一方で、少年犯罪を起こすきっかけにもなったと言われている)
    • もともと視聴率が低かったが、某メンバーの復帰番組で完全に潰されてしまった「ギンザの恋」
  • その他
    • 「みごろ!たべごろ!デンセンマン」(公式サイトで視聴率モニター世帯に番組視聴を呼びかけていた事が原因で打ち切り)
    • 「雲と波と少年と」(「電波少年」の後番組だったが、低視聴率に加え取材中の死亡事故で1クール持たず打ち切り)
    • 「トリビアの泉」における小川仁志氏
    • 「行列のできる法律相談所」における久保田紀昭弁護士(キャバクラ豪遊を某雑誌(現在は廃刊)にスッパ抜かれ降板)
    • 「新ウンナンの気分は上々。」で1999年に埋めたタイムカプセル(1年後に掘り起こされるはずだったが、そのまま番組終了)
    • 1989年版「クイズタイムショック」(生島ヒロシ司会)

アニメ(作品)

  • 作品そのもの
    • 押井守版「ルパン三世」 ←キーワード「ルパン三世バビロンの黄金伝説」参照
    • 「ルパン8世」
    • 日テレ版「ドラえもん」
    • 「めぞん一刻」ファンにおける同作品の実写版
    • 「あずまんがWeb大王」
    • 劇場公開版「ガンドレス」
    • アニメ版「魔装機神サイバスター」
    • アニメ版「ヘルシング」のキャストを除いた内容
    • 「ぱにょぱにょデ・ジ・キャラット」
    • アニメ版「朝霧の巫女」
    • 実写版「北斗の拳」
    • 細田守版「ハウルの動く城」
    • 試写段階まで出来ていたのに作者からボツにされたOVA版「修羅の門」
    • 「アキハバラ電脳組」本放送時の作画崩れの数々(特に作画監督不在の11話や、17話は最悪。ただし最終話付近はすばらしい出来)
    • 「YAMATO 2520」
    • 「ドン・ドラキュラ」広告代理店が放映料を滞納したため、4話で打ち切られた。
    • 「超時空要塞マクロスII」正史外、パラレルストーリーとされている。
    • 「真月譚 月姫」
    • 劇場版「ふしぎの海のナディア」
    • 「メダロット魂」無印ファンにとっては真っ黒。スタッフがWeb上で私的に謝罪する事態に。
    • OVA宇宙英雄物語(角川お家騒動でポシャリ)
  • ファンが許せない1シーン
    • 「宇宙のステルヴィア」の片瀬志麻と音山光太のキスシーン
  • 放送局の都合など
    • フジテレビにおけるガドガード・R.O.D -THE TV-・サムライチャンプルーなどの打ち切り(クロノクルセイドは不定期放送になったが、最終話まで放送した)
    • 妖怪退治物アニメ「幽玄怪社」 たった4話で終了。
  • 第?話
    • 鉄腕アトム(白黒版)のスタジオ・ゼロ作画担当回(現在の大御所漫画家らが原画を担当。近年まで本当にフィルムが行方不明だった。第34話、タイトルは「ミドロが沼の巻」。余りの出来に酷さに手塚先生自らフィルムを焼却。欠番扱いになりましたが、海外でようやく見つかりました。)
    • 「学校の怪談」の第3話に予定されていた口裂け女
    • アニメ「ポケットモンスター」第38話「でんのうせんしポリゴン」(ポケモン騒動・第39話の方はなんとか免れた)
    • ロスト・ユニバース制作者における第4話「ヤシガニ屠る」
    • 「まほろまてぃっく〜もっと美しいもの〜」視聴者における第14話「ナジェーナ」
    • カウボーイビバップにおけるSession XX.「よせあつめブルース」
    • 「サザエさん」における三谷幸喜氏が脚本した「タラちゃん巨大化」
    • 「サザエさん」におけるマスオ=サンタクロースを描いた「サンタさんとお約束」
  • ガンダム関係
    • 小説「ガンダム・逆襲のシャア」(同名映画のノベライズではなく、'84年の秋に刊行が発表された富野由悠季の小説。結局Zガンダム開始のドサクサで消えた模様)及び、同時期に発表されたプラモデル「MSX」シリーズ
    • 富野由悠季原作の小説「ガイア・ギア」のタイトルが、当初「機動戦士ガイア・ギア」であったこと。更には、CDドラマ化までされていたこと。
    • 永野護版「ZZガンダム」
    • RX-78 NT-1アレックスとRX-78-4ガンダム4号機の関係
    • スペリオルドラゴンと武者頑駄無真悪参の関係
    • 漫画版機動戦士Vガンダムにおける騎士Vガンダムと疾風二連斬りとサンダーインパルスと、単行本ですら存在を抹消されたギンザエフ大尉関連エピソード
  • キャラクター
    • うさだあかり
    • RAGNAROK THE ANIMATIONに登場するはずだったクルセイダーのアスラン(CV:草尾毅)とOPの最後辺りに出てくるメガネっ娘セージの存在
    • RAGNAROK THE ANIMATIONのキーオ兄さんのヘイズとしての名前
  • その他
    • 「宇宙戦艦ヤマト」の星雲賞受賞
    • 小説「劇場版機動戦艦ナデシコ」
    • 「王立宇宙軍 オネアミスの翼」のヘンな宣伝文句と「イメージソング」
    • 「デュエルモンスターズ」の付かない「遊戯王」(触れてもいいが正直「知る必要がない」「触れない方が楽」)

アニメ(声優・人物)

  • 歌手
    • 「『砂の十字架』がガンダム劇場版の主題歌になったこと」Byやしきたかじん
    • 映画ドラえもんにおける「風のマジカル」(歌・小泉今日子)
  • 声優
    • 大山のぶ代におけるドラえもん以外のお仕事(キーワード「大山のぶ代」参照)
    • シティーハンター2の第1話にゲスト出演した国生さゆり
    • 『ルパン三世風魔一族の陰謀』のルパン声優陣
    • 宮村優子における企画モデル時代
    • DANDOH!のヒロインCVにアイドル起用
    • 声優・丹下桜の存在
    • 声優・小西寛子の事務所移転&アイドル化
    • 林原めぐみにおける初期の頃のアルバム特典の写真集
    • インターネットアニメ「ブラック・ジャック」にてピノコの声優が宇多田ヒカルだったこと
    • 「エイケン」のヒロイン東雲ちはるのCVが大城美和であったこと
    • 桑島法子におけるS-nery時代
    • 真田アサミにおける東放学園・物語環境開発ラジオアシスタント時代
    • 声優・大野まりなの2代目「リカちゃんの声」襲名、そして降板。
    • 柚木涼香の「角松かのり」時代
    • (おそらく)多数の声優の、エロゲー・エロアニメ出演時の「裏芸名」(どなたか一覧表作ってください)
    • ユニット「Sister Princess」
    • Pritsの妹分ユニット「Puppy's」
    • OVA顔のない月の4巻までの倉木鈴奈を演じた声優
    • アニメ「餓狼伝説」でジョー東を演じた佐竹雅昭
    • 声優ファンにとっての椎名へきる
  • 大人の事情
    • 「GEAR戦士 電童」で小林靖子が途中(第2クール終了時)で降板した本当の理由とスバルは本来の設定では女だったこと
    • 「鉄人28号」で今川泰宏が大月俊倫から出された条件を飲めず、監督を降りようと考えたこと。(上限カット数が少なすぎてロボットを動かせなかったから)
    • 「ちっちゃな雪使いシュガー」放映開始直前のキャスト変更(山本麻里安→川上とも子)
    • 「ビューティフルジョー」制作発表直後のキャスト変更(大里雅史→関智一)

マンガ

  • ジャンプ
    • テニスの王子様における指六本COOLドライブ事件
    • ジョジョ1巻の誤植「何をするだァーッ ゆるさんッ!」
    • ツェペリさんに家族がいなかったこと
    • ジョジョ三部、ハンカチにでかでかと書いてしまった誤字「空条承太郎 本日中にきさまを殺す 私の幽波絞で!」(実際は「幽波紋」)
    • スラムダンクの「第一部・完」
    • 「燃える!お兄さん」用務員事件
    • 久保帯人の発言「法律もウェッブルールもクソ喰らえだ。俺が嫌だと言ってる。」
    • 「ロケットでつきぬけろ!」連載時のキユの巻末コメント
    • ボボボーボ・ボーボボにおけるビュティの旅の目的
    • BLACK CAT(通称『黒猫』)におけるルガート・ウォンとシャルデン
    • 和月伸宏における GUN BLAZE WEST
    • こち亀4巻に掲載されていた「派出所自慢の巻」(天皇陛下バンザーイ)
    • 車田正美における男坂(最終ページでかでかと未完)とサイレントナイト翔(聖闘士星矢まんま)
    • 聖闘士星矢における、雑誌掲載時の「氷河の師」(カミュ登場直前までは蠍座のシルエットだったが、コミックスでは描き換えられた。聖衣の描き直しは多かったが、これはかなり特殊な部類に入る)
    • ↑最終回は週刊ではほぼ打ち切り、増刊号(正確には再創刊前のVジャンプ…この本自体も黒歴史?)に書き足し掲載、単行本ではさらに書き足し(雑誌掲載時との最大の相違点は、「星矢がハーデスに一矢報いている」こと)
    • 過去の長期連載作品の多くが、実は当初バトル物ではなかったこと(例:「ドラゴンボール」「世紀末リーダー伝たけし!」「シャーマンキング」「幽遊白書」など)
    • 「世紀末リーダー伝たけし!」の作者の……。
  • マガジン
    • 新生MMR
    • School Rumbleにおける烏丸大路(注:『設定上の』主人公)
  • サンデー
    • 猪熊しのぶ先生とそのファンにおける「旋風の橘」
  • チャンピオン
    • ブラックジャックの未収録話。特に「快楽の座」。
    • 秋田書店ではなく大都社から発刊された「ぷろぶれむちゃいるど」の単行本で、連載中は評判がよかったのに突然打ち切りになった理由に関する高柳ヒデツ?(現:膝枕カカト?)の「週刊ペースについていけなくてトンズラしたら怒られるかと思ったけど怒られなかった。たぶん怒られたと思うんだけど覚えていない」発言
    • その「ぷろぶれむちゃいるど」の後半5話が何故か収録されていない点
  • その他
    • ルパン小僧(注:トリビアの泉で暴露された)
    • ファミ通のアレ(仮題)における担当の国領氏が編み出したツッコミ用必殺技「バカルン超特急」の第一発目が「核弾頭搭載労働一号キック」だった事。
    • 中平正彦「RYU-FINAL-」(ゲーメスト連載)の最終回、最後のリュウの決めゼリフが「確かみてみろ!」と誤植されていたこと
    • 美味しんぼ山岡の発言「MS-DOS ほど使いにくいものはないよ! そんなもの使うやつはマゾヒストだね!だからあれは MS-DOS じゃなくて SM-DOS ってんだ!」
    • 銃夢HN使用中止要求事件
    • ○○は昔××というペンネームでエロ漫画を描いていた、というパターンの多く(例:西原青一→西条真二、序ノ口譲二→あずまきよひこ
    • さくら出版
    • まんがの森・テーマソング「まんがらりん」(歌:飯島愛)←セーラームーンをイメージして作った衣装でCMやスーパーJOCKYで歌っていた
    • 奥浩哉の「できればアニメは岡本君とこのスタッフと交換……あ、いえなんでもないです(笑)」
    • 「クロノクルセイド」作者の森山大輔における、エロゲー原画家・森山犬時代
    • ドラえもんに登場したアヒル型ロボット・ガチャ子
    • ドラえもんのガールフレンド「ミーちゃん」は最初猫のおもちゃ
    • 藤子不二雄(当時表記)作 「ドラQパーマン」コロコロコミックに読切り掲載された藤子3大キャラ競演作、TVSPとしてアニメ化もされた
    • 冨樫義博の週マガLArc特集のカット描き
    • 電撃大王で連載していた「シスター・プリンセス 12人の約束」(壱河きづく)

ゲーム(ゲーム機関連)

  • 任天堂
    • スーパーファミコン用CD-ROMと、CD-ROM一体型スーパーファミコン「プレイステーション」におけるソニーとの共同開発計画の経緯(参照:http://www.pc-view.net/Business/000411/)
    • バーチャルボーイ
    • 「64DD」
    • 「モバイルシステムGB」及び関連周辺機器「モバイルアダプタGB」
    • 「サテラビュー」
    • 「ファミコン・ロボット」の「ブロックセット」と「ジャイロセット」
  • シャープ
    • ファミコン内蔵テレビ「マイコンピュータテレビC1」
    • スーパーファミコン内蔵テレビ「21G-SF-1」
  • NEC
    • PCエンジンスーパーグラフィックス。
    • PC-FX
    • LD-ROM2
    • PCエンジンGT
    • アーケードカード
  • SCEI
    • PSの対戦ケーブル
    • ポケットステーション(鳴り物入りで発売、売切続出だったがPS2未対応だったため黒歴史入り…)
    • PS2の初期ロットにおけるDVDプレイヤー
  • バンダイ
    • 日本ではバンダイが輸入販売をしたベクタースキャンのゲーム機「光速船」
    • ピピン@アットマーク(PiPiN@MARK)
    • プレイディア(共にバンダイのゲーム機)
    • ワンダースワンが縦で遊べること ←そもそもこのゲーム機自体…
    • たまごっち(無印や2以降、「おすっち」「めすっち」「天使のたまごっち」等々。「帰ってきた」は…)
  • その他
    • 「3DO」(松下電器が「ゲームに統一規格を」と提唱し、複数の電機メーカが製品化したゲーム機)と,「M2アクセラレーター」(コントローラーなども含めたハードも存在し各所でソフトウェア開発も行われていたのにも関らずお蔵入りとなった性能強化アダプター)
    • レーザーアクティブ、メガLD
    • XBOX初期型でディスクに傷がつく問題に「自然現象」と言ってしまったMicrosoft
    • ネオジオポケット(モノクロのもの)。発売前になんとネオジオポケットカラーが発表されてしまった。
    • 「Vサターン」「Hiサターン」

ゲーム(ソフト関連)

  • コーエー
    • 「ストロベリー***(利用規約抵触ワード)シリーズ」
    • 真のつかない三国無双
    • 原作・赤川次郎、キャラデザ・いのまたむつみ、音楽・小室哲哉、歌・篠原涼子、主題歌作詞・売野雅勇、アニメ製作・スタジオライブ、で制作された“英語学習ソフト”「EMIT」
  • スクウェア・エニックス(スクウェア)
    • ファイナルファンタジー関連
      • WS版FFIII
      • 画面写真まで公開されたFC版FFIV(注:現在発売しているSFC版IVは実はVだった)
      • ファイナルファンタジーIV イージータイプ
      • 「FFVIIに『すいちゅうこきゅう』というマテリアが存在し、それを使ってゲーム途中で死んでしまうあるキャラクターを蘇らせることができる」という旨のデマを流し、当時大騒動を起こしたHN「FF博士」
      • FFIX で「原点回帰」と言っておきながら、クリスタルが最後にしか出なかった事実(結局クリスタルメインのFFは任天堂ハードのみに)
      • FFIX の「エクスカリバーII」入手におけるタイム制限
      • 「ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト」
      • 「聖剣伝説」が「ファイナルファンタジー外伝」だったという事
    • その他
      • スクウェアが中心になって発足したディスクシステム制作販売グループ「DOG」(DISK ORIGINAL GROUP)
      • FFより先にディスクシステムで開発されていたが、あえなく発売中止になった「聖剣伝説 THE EMERGENCE OF EXCALIBUR」(しかも全5部作の第1作目)
      • 任天堂より発売された「中山美穂のトキメキハイスクール」の開発がスクウェアであったこと(植松伸夫や時田貴司が関っていたらしい。未確認。)
      • 「時空の覇者 Sa・Ga3」に登場した「よしもと」
      • アンリミテッド・サガのシステム面
      • ライブ・ア・ライブ(製作者サイドにおいて)
      • ヒロインに自分の好きな人の名前を付けてしまった人におけるバハムートラグーン
      • レーシングラグーン
      • 格闘ゲーム「TOBAL」シリーズ
      • バウンサー
      • スクウェアのトムソーヤにあったHP小数点以下
      • ヒロインのクリスが拘束されて全裸になるアドベンチャーゲーム「α -ALPHA-」1986年、パソコン用ゲームソフトとして発売された。
      • AQUES(アクエス)ブランド設立
  • スクウェア・エニックス(エニックス)
    • ドラゴンクエスト関連
      • 初代FC版ドラクエIにあった「はなす」の後の方角の存在
      • FC版ドラクエシリーズにおいて、宝箱の「上に乗って」開けるというやり方。
      • MSX版ドラクエ2のあぶないみずぎイベント
      • DQ7の発表→発売までの期間とその間あった発売予定日の数、そしてムービーの出来
    • その他
      • 東京ナンパストリート
      • エニックスと望月かつみにおける「****・シンドローム」(微妙なので察してください)
      • ワンダープロジェクトJ2の、本編にそぐわないギャルゲー然としたTVCM。
      • ワンダープロジェクトJ2発売時の、小売店への再販版ドラクエIII抱き合わせ卸しとそれによる余剰品大量発生と大値崩れ現象。
      • ゲームショウのエニックスブースでジョゼットの服を着たコンパニオンが服を着たまま裏で煙草吸ってたこと。
  • セガ
    • ファンタシースター(PSO含む)
      • ファンタシースター3〜時の継承者〜
      • Phantasy Star Online公式BBS史上最悪の荒らしHN「NA*CY」
      • あゆす補完森@PSO
      • GC版PSOEP1&2 Ver1.0発売直後のオフラインマルチ増殖バグ発覚後の中祐司の言葉「皆さんの良心を信じています」
    • その他
      • メガドライブ版テトリス(版権でもめたため発売されず。)
      • 「シェンムー」の制作費70億円(回収率:不明)
      • サクラ大戦〜ミステリアス巴里〜
      • 「バーチャファイター サイバージェネレーション 〜ジャッジメントシックスの野望〜」
  • ナムコ
    • テイルズ
      • テイルファンタジア(not テイルズオブファンタジア)
      • テイルズオブザワールド〜サモナーズリネージ〜
      • GBA版テイルズオブファンタジア
      • GC版テイルズオブシンフォニア
      • SFC版テイルズオブファンタジアの忍者の里にいる「コロ吉」の存在
    • その他
      • 清田益章とナムコが共同開発した超能力開発ソフト「マインドシーカー」
      • ドラゴンバスターにおけるクロニクル(年代記)「ドラゴンヴァラー」
      • スターラスターの正式な続編でナムコ宇宙シリーズ(USSF)総集編的存在の「スターイクシオン」
      • モッコス(ゼノサーガEpisodeII?限定版フィギュア)
      • 「ケルナグール」に出てきた「フリオニールのはか」
      • セガサターン参入
  • 任天堂
    • カービィファンにおける桜井カービィでない「星のカービィ」シリーズ(注:黒歴史に限りなく近い存在)
  • バンダイ
    • 「ドラゴンボール 神龍の謎」後半における完全オリジナル展開
  • バンプレスト
    • スーパーロボット大戦関連
      • スーパーロボット大戦(第一作目)
      • スーパーロボット大戦リンクバトラーGBのスーパーロボット大戦64との連動システム
      • 新スーパーロボット大戦
      • スーパーロボットスピリッツ
      • スーパーロボット大戦α for Dreamcast
      • スーパーロボット大戦F(セガ・サターン版)発売日ギリギリで前後編に変更するも、前半ソフトに後半ソフトのデータが一部入っているというお粗末な仕様
      • スーパーロボット大戦F完結編での、バンプレストとウィンキーソフトのイザコザ
      • ワンダースワンソフト「スーパーロボット大戦COMPACT2」シリーズとPS2ソフト「スーパーロボット大戦IMPACT」との関係(内容はCOMPACT2にキャラを追加したリメイクものだったがメディアでは完全新作扱い)
      • スーパーロボット大戦 Scramble Commander
    • 真・魔装機神
    • リアルロボット戦線
    • リアルロボットファイナルアタック
    • リアルロボットレジメント
    • SDバトル大相撲 平成ヒーロー場所
  • コナミグループ
    • コナミ
      • BEMANIシリーズで昔採用されていた「アペンドディスク」システム。「古いバージョンのソフトをまず起動し、ディスクを交換しなければ新しいバージョンのゲームが遊べない」ため、面倒すぎて廃止された。
      • ゲームファンドときめきメモリアル(通称:ときメモファンド)
      • PSとGBAで出たSFチックにアレンジされた「ゴエモン ニューエイジ出動!」。
      • 「がんばれゴエモン」シリーズに登場するエビス丸の性別(初回登場時はエンディングで女と判明したが、以降は?)
      • 海外で勝手に出されてしまったNES(海外版ファミコン)向けメタルギアの続編「スネークズ・リベンジ」。誰に復讐するんだよ。
      • 「GUITARFREAKS8thMIX & drummania7thMIX power-up ver.」での「e-AMUSEMENT」登録画面にでかでかと書いてしまった誤字「KONMAI IDを登録すれば…」自社名を間違え、これ以降「コンマイ」と呼ばれるハメに。
      • ↑の後、立て続けに「KOMAMI」「KOANMI」と間違えたこと
    • アトラス
      • xbox版「真女神転生NINE」当初オンラインゲームになる予定が「スタンドアローン版」が先に発売され、そのままオンライン版は発売中止になってしまった。その後、「真女神転生online」がPC向けに発表される。
  • SCEI
    • やるドラシリーズ(実はプロダクションI.Gが製作に絡んでいる)
  • SNK
    • 3D版サムライスピリッツ3作
    • コミックボンボンで連載されていた漫画版「龍虎の拳(ゴッセージ著)」主人公「リョウ・ナガサキ」。誰なんだ。
    • 初代龍虎の拳のユリ・サカザキの性格
    • 初代サムライスピリッツにおけるナコルルの性格「強さも、美しさも、私の勝ちというわけね」
  • カプコン
    • 日本で発売されなかったファミコン版ストライダー飛竜(注:内容は別物だった)
    • アーケードゲーム「ストリートファイター・ムービー」(実写取り込み版ストII)
    • アーケードゲーム「ファイナルファイト・リベンジ」(3D格闘ゲーム)
    • E・本田やブランカが波状に動く波動拳を撃ったり、突然キャラが変わったり、空中ジャンプしたりする謎の海賊版ストリートファイターII・通称「レインボーバージョン」
    • 初版・PS版「バイオハザード」に使われたエンディングテーマ(夢で終わらせない)及び実写ムービー
  • マイクロソフト
    • 鳴り物入りで発売しながら約一ヶ月で回収・発売中止になったxbox向け格闘ゲーム「格闘超人」
    • 「True Fantasy Live Online」
  • ネトゲ関連(上記メーカ除く)
    • ガンホーオンラインエンターテイメントの個人情報流出、インシデント事後対応ワースト1等のぶり返したくない失態
    • エレクトロニックアーツにおけるUltimaWorldOnline(UWO、UO2)と、それから何年も経っているにもかかわらずUWOと全く同じ轍を踏んで消滅したUXO(Ultima X: Odyssey)
  • 美少女ゲーム・一般向け(上記メーカ除き、エロゲーの家庭用移植版を含める)
    • 「センチメンタルグラフティ」 特にオープニングムービー
    • アクアプラス「ABYSS BOAT」
  • 美少女ゲーム・成人向け(上記メーカ除き、エロゲーの家庭用移植版を除く)
    • 九十九電器における「美少女*****ゲーム」(ミもフタもないので察してください)
    • 「なないろ」のバグの余りのひどさに夜逃げした Film Software
    • モザイクをかけなくてはならないものがかけておらず、自主回収後販売中止となったエロゲーの数々(例外として君が望む永遠(アージュ)、ラムネ(ねこねこソフト)は修正後再販。もっと調べれば他にもあるはず)
    • 『痕』おまけシナリオ盗作疑惑
    • kanonファンにおける「デジフェス事件」
    • 当時中学生のエロゲ万引き事件と、摘発・発禁を食らったゲームと、自主規制の波。
    • その昔CSKもエロゲーを作っていた
  • その他
    • ほぼすべてのメーカーにおける「重大なバグ」
      • PS版真・女神転生IIのドミネーターバグ
      • 聖剣伝説2におけるボス戦終了後のフリーズ
      • FC版ドラクエIIIのランシールバグ
      • FC版ドラクエIVのカジノのコイン枚数指定バグ
      • SFC版ドラクエVで仲間モンスターを無限にレベルアップできるバグ
      • スターオーシャンII・IIIでのフリーズ多発
      • SFC版スーパーロボット大戦EXにおけるゴーショーグン増殖バグ
      • スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONにおけるカイ・キタムラ増殖バグ
      • ガイルの真空投げ
      • KOF'94の永久投げ
      • 初代ポケットモンスターのバグ全般(ミュウ・ケツバン・アネ゛デパミ出現など)
      • ファイアーエムブレム紋章の謎におけるレナ(中身はガトー)増殖バグ
      • などなどなど…
    • PS2版重装機兵ヴァルケン
    • メタルマックス2改とメタルマックスリターンズ改
    • 「フロア・アンリミテッド」雑誌プレイステーションRE-MIX(現在廃刊)の付録で「ザ・タワー・オブ・バベル」と言うタイトルで体験版が発布されたが、某有名メーカーから名前の差し止めを求められた上に、タイトルを変更後に会社が撤退して、いきなり発売中止になり、結局、体験版のみでしか遊べなかった「幻のゲーム」<これを遊べた人は本当に運がいいです。
    • プレステで発売されたドリームエミュレータ「L.S.D.」<これを知ってる人はかなりの通です
    • All your base are belong to us
    • 本屋の店員なポルナレフ(SFC版ジョジョの奇妙な冒険)←そもそもこのゲーム自体…
    • 飯島健男パンドラボックス
    • 忘れじのナウシカゲーム
    • ジャレコの音ゲー「VJ」ビデオクリップも操作できる斬新なゲームだったが、自分の操作したクリップは譜面とは別のモニターに映るので一切見ることができないという欠点があった。
    • テクモ「モンスターファーム4」における市井紗耶香を模した「イチッコロ」の存在
    • FC、PCEにおけるメーカー非公認ゲームと制作元「ハッカーインターナショナル」
    • SFCにおけるメーカー非公認ゲーム(*****・瞳など)
    • BPS「ブラックオニキス」「ファイヤークリスタル」の続編「ムーンストーン」はハワイで開発中
    • ディスクゲームをたくさん出す予定だった「スコーピオンソフト」
    • 2010ストリートファイター
    • 卒業R
    • PCEモンスターメーカー神々の方舟
    • D3パブリッシャー・SIMPLEシリーズにおける「キャラクターシリーズ」。有名どころではガッチャマンTHEシューティングとか。
    • ユーザーにおける「新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd」→しかし、メーカーはPS2への移植を発表する…_| ̄|○

ゲーム(人物・その他)

  • 人物
    • さとう珠緒がKOFの麻宮アテナの声を演じていたこと
    • 千葉麗子が真サムライスピリッツのチャムチャムの声を演じていたこと
    • 鴻上尚史のドラゴンクエストIIIソング「そして伝説へ」「冒険の旅」
    • 同じく、鴻上尚史における「GOD」
    • 糸井重里の埋蔵金発掘
    • 「ゲームクリエーター」飯野賢冶
    • 飯島健男と天界九部作?
    • ポップンミュージックにおいて、とある問題によって「全曲消滅の刑」を受けてしまう新堂敦士
    • 高橋名人逮捕騒動(容疑は諸説あるが全てデマ。一日警察署長を務めたのが口コミで間違った広まりをしたらしいとは高橋利幸氏本人の弁)
    • 橋本真司スクウェア・エニックス執行役員における橋本名人時代
    • げっちゅ屋の長崎みなみ更迭事件
    • みつばち学園でデビューした井上麻美
  • テレビ番組に関連したもの
    • 「大竹まことのただいま!PCランド」の収録中に脇腹骨折をした渡辺浩弐(ちなみに、大竹まことはこの番組に出演していたこと自体をなかったことにしたいらしい)
    • ただいま!PCランドの後番組「聖PCハイスクール」「そのまんま東のバーチャル情報局」「そのまんま東のバーチャルZ」
    • 「Vジャンプ」とのタイアップで生まれたゲーム番組「ダンジョンV」
    • 江戸屋小猫司会の「ゲーム王国」(テレビ東京)
    • 同じく「Theゲームパワー」
    • 渡辺徹司会の「スーパーマリオクラブ」
    • 「ファミ通ゲームカタログ」「同II」に出演していた今田耕司・東野幸治
    • 「爆笑問題のボスキャラ王」でなぜかブルース・リーの格好をさせられていた長井秀和
  • その他
    • ネオジオワールド東京ベイサイド
    • 我々がファミマガのウソ技に騙されてきたこと(「水晶の龍」脱衣じゃんけんなど)
    • ゲームセンター「ハイテクセガ高崎」がゲーメストから消えた理由
    • ゲーメストにおける数々の伝説的な誤植(例「ザンギュラのスーパーウリアッ上」「ここでインド人を右に」「反撃を受けない。反撃を受ける!」など)。

コンピュータ

  • MS-DOS時代の640KBの壁
  • バンダイが発売したゲーム用パソコンRX-78
  • KENWOODにおけるSOTECとのパートナーシップを発表
  • 西和彦における「1ch.tv」(注:まだ利用できます)
  • ソフマップにおけるレンタルソフト屋時代(ただしソフトの著作権に関する重要判例に絡んでいる為抹消不可能)
  • ソニーにおける「MD-DATA」、「HSドライブ」
  • NTTにおける「キャプテンシステム」
  • Windows for Pen Conputing
  • MZ-2861
  • X1Dにおける3インチFD
  • X1誕生5年目の解答が「X1twin」
  • PC-8801MC
  • PC-98DO
  • PC-H98
  • Y2K問題
  • 花柄iMac
  • パイオニアなどから発売されていたMacintosh互換機
  • コンパイルの運命を決めてしまったビジネスソフト「POWER ACTY」ならびにCMに出演していた川島なお美

アイドル

  • ジャニーズ
    • SMAPにおける森且行(現在は川口オート所属のオートレーサーとしてがんばっています)
    • SMAPミュージカル「聖闘士星矢」「ドラゴンクエスト」(「聖闘士星矢」にはTOKIOも出演)
    • SMAPにおける音松くん(スマイル戦士音レンジャー)
    • 稲垣吾郎容疑者逮捕事件
    • 稲垣吾郎における「&G」以前のソロ活動
    • 香取慎吾における声優活動
    • 中居正広中絶疑惑
    • 反町隆史におけるジャニーズJr.時代(平家派の野口隆史)
    • ポスト・光GENJI「忍者」
    • KinKi Kids堂本剛の子役時代
    • KinKi Kidsにおける元ユニット予定名「カンサイボウヤ」(←グレートチキンパワーズ)
    • TOKIOにおける小島啓
    • TOKIO長瀬智也のソロプロジェクト「TOMOYA with 3T?」。
    • 「NewS」における森内貴寛
    • 未成年Jr.大多数による飲酒喫煙乱交事件(たきつばデビューが一度お流れになった)
    • GOタリモ&ミニカレー
    • 森田剛レイプ疑惑
    • 乱交パーティ参加疑惑
    • 光GENJI SUPER 5
    • 川崎麻世におけるジャニーズ事務所時代
    • Ya-Ya-yahが当初7人いた事
    • 近藤真彦がドラマ出演者とユニットを組み「ヨイショ!」をセルフカバーした事。
  • 沖縄アクターズスクール
    • 安室奈美恵におけるスーパーモンキーズ時代
    • SPEEDにおける元ユニット名候補「ハブとマングース」「スーパーモンチッチ」
    • MAXにおけるMINA
    • 牧野アンナのアイドル活動(ドラゴンクエストIIのテーマソング LoveSong探して)
    • 仲宗根梨乃(元スーパーモンキーズ)
    • 里中茶美のアイドル活動
    • y’z factory(山田優が所属していた)
    • Folderにおける仲間丈
  • ハロー!プロジェクト
    • モーニング娘。飯田圭織における素人モデル時代のソニー乾電池CM
    • モーニング娘。新垣里沙におけるトミーマスコットキャラクター時代
    • 映画「モーニング刑事。」主演が平家みちよ(現・みちよ)だった事
    • ココナッツ娘。の元メンバーの人たち(特にオリメンだった2人)
    • 第3期タンポポ・プッチモニ
    • 福田明日香
    • ハロプロキッズのユニット「ZYX」「あぁ!」
    • 「安倍なつみ卒業メモリアル」の監督今関あきよし
    • シェキドル
    • 三佳千夏
    • 石井里佳
    • 市井紗耶香
    • 藤本美貴の実家は北海道の真ん中らへん
    • 後藤さんの弟さんとお姉さん
    • なっちと押尾さん一晩中プレステ事件
    • 石川梨華「大の大人がだよ」発言
    • 石川梨華盗聴事件
    • ピンチランナーのときのなっちの激太り
    • カントリー娘。のプロデューサー田中義剛
    • カントリー娘。の初期メンバー「柳原尋美」「小林梓」
    • 矢口真里似の流出写真
  • ヌードグラビア関連(声優のも含める)
    • さとう珠緒のヌードグラビア
    • 千葉千恵巳のヌード写真集
    • ビビアン・スーのヌード写真集
    • 菅野美穂のヌード写真集
    • 藤田朋子のヌード写真集
  • その他
    • おニャン子クラブ会員番号1〜3番・7番・10番(文春タバコ事件)
    • 工藤静香におけるセブンティーンクラブ←むしろMOMOCO CLUBの方かと
    • 松田聖子の全米デビュー
    • 上戸彩における「Z-1」在籍時代
    • TOMOKA(ZONE)における「Chuel’s」在籍時代
    • 安めぐみにおける割ときわどい写真集を発売していた頃
    • EE JUMPにおける3人編成時代
    • EE JUMPにおけるユウキ騒動
    • というかソニンにとってのEE JUMP
    • チェキッ娘のID008
    • SPEEDに対抗してできたdeeps(後にdps表記に変更)
    • 青田典子におけるC.C.ガールズ結成前の活動
    • 郷ひろみにおける渋谷ゲリラライブ
    • 音事協主催第1回ザ・ジャパンオーディション(島谷ひとみ以外)
    • Earth Harmony(Folder5・w-inds.・FLAME)
    • オスカーのユニット「10GIRLS
    • 岡田有希子の自殺体写真週刊誌掲載

芸能人(男性)

  • 近藤正臣がタヌキの着ぐるみを着たキンチョーリキッドのCM
  • グレートチキンパワーズにおけるオンエアバトル出演(ボールが一個も入らなかった)
  • 清田益章における(本物の)超能力者時代(現在は脱超能力者宣言をして普通の人として生きている)
  • 間寛平におけるアメママン
  • とんねるずにおける、「オレたちひょうきん族」第1回への出演(出演者クレジットすら無し)
  • 三遊亭樂大(落語家時代の伊集院光)
  • ゲームソフト「街」の中で「ヒドイしごきを受けるAD」役で出演していた窪塚洋介(当時の芸名「ヨースケ」)
  • 島崎俊郎が演じたアダモちゃんは初登場時「マネ島崎」という役名で登場したこと。
  • 西川のりおとフラワーダンサーズ。そして、回転ベッドにたたずむ西川のりお(オバQの顔)。
  • 笑福亭笑光(落語家時代の嘉門達夫)
  • 大竹まこと、井森美幸、森口博子における「パオパオチャンネル」出演。
  • 加山雄三における実写版「ブラックジャック」
  • 山本大介(四次元ナイフ)における「探偵!ナイトスクープ」出演(ディレクターに殴られ負傷)
  • 生瀬勝久における大阪時代の芸名「槍魔栗三助(やりまくりさんすけ)」
  • ドコモ→IDOと携帯電話CMを渡り歩いた織田裕二
  • 「アムラー」に対抗?した「ハマダー(浜田雅功風のファッションの人)」というのがあったという事実
  • オレたちひょうきん族の1コーナー、タケちゃんマンにおける初代ブラックデビルが高田純次であったこと。腰痛を理由に降板。その後、明石家さんまに交代し大ブレイクした。
  • ヒロミが「ONE OR EIGHT」という深夜番組の「ロケット花火で宇宙へ」という企画で大火傷になったこと
  • セイン・カミュが宇宙人に扮したアコムのCM
  • 高倉健における実写版「ゴルゴ13」'73
  • 千葉真一における実写版「ゴルゴ13」'77
  • 片岡鶴太郎におけるお笑い芸人時代

芸能人(女性)

  • 松嶋菜々子におけるとんねるずにいじられていたころ
  • プリンセステンコー(二代目 引田天功)がアイドル歌手「朝風まり」だったころ。特に「マジックをしながら」歌わされてたこと。
  • 江角マキコにおける実業団バレーボール(JT)選手時代
  • 川島なお美におけるお笑いマンガ道場(中京テレビ)
  • 水野美紀における春麗役でのCM出演と、「くノ一忍法帖」「くノ一忍法帖 (2)聖少女の秘宝」の出演
  • 飯島直子のレースクイーン時代。
  • 飯島愛のAV女優時代。
  • 当時人気絶頂だったアイドルたちによるゲーム出演(中山美穂のときめきハイスクール、など)
  • JフォンのCMにおける酒井若菜(どちらかというとJフォン側の黒歴史)
  • 久本雅美における「探偵!ナイトスクープ」出演
  • 橋田壽賀子における山岡久乃
  • シノラー
  • 今井美樹の「犬死せしもの」での真裸
  • 磯野貴理子のアイドルグループ「チャイルズ」時代 (第5代目いいとも青年隊)←カテゴリが変わりますが、ファミコンソフト「ラサール石井のチャイルズクエスト」もかなり…
  • 鈴木保奈美の前夫がF1ピットリポーターの川井ちゃんだったこと

特撮

  • 仮面ライダー
    • 仮面ライダーJの巨大化
    • 仮面ライダーアギトにおける未確認生命体4号の存在とG3ユニット開発秘話。
    • タキシード仮面ライダー橘さん(天野浩成)
  • スーパー戦隊シリーズ
    • 超電子バイオマンのイエローフォー交替の真相
    • 西村和彦における超獣戦隊ライブマン
    • 地球戦隊ファイブマンにおけるファイブくん
    • バリンガーZ(激走戦隊カーレンジャーに登場するはずだったマジンガーZのパロディキャラ。永井豪サイドからクレームがついて登場シーンは総カット、別のものに差し替えられている。バリンガーZの姿は一部児童誌のみに掲載された写真でしか見られなかった…はず)
    • 永井大における未来戦隊タイムレンジャー
    • 『激走戦隊カーレンジャー』ホワイトレーサーことラジエッタ・交代の理由
  • ウルトラマン
    • ウルトラセブンの第12話(欠番)「遊星より愛をこめて」登場星人 ひばく星人スペル星人
    • ケイン・コスギにおけるウルトラマンパワードand忍者戦隊カクレンジャー
    • ウルトラマンコスモスが主人公不在で一度最終回を迎えたこと。
    • ウルトラマンゼアス
  • その他
    • 真田広之における銀河大戦
    • 『怪奇大作戦』第24話「狂鬼人間」
    • 『魔法少女ちゅうかなぱいぱい』打ち切りの理由
    • レナード・ニモイ「もうMr.スポック役はやらない」(映画1作目以前の発言)

スポーツ

  • 野球
    • 外国人選手関連
      • もはや、不思議建築の代名詞としか認識されていない「トマソン」(巨人)
      • MLB通算382本塁打なのに日本での成績は2打数0安打、1四球だったフランク・ハワード(太平洋クラブ)
      • 藤井寺球場のロッカーにゴキブリが出たショックで帰国してしまったドン・マネー(近鉄)
      • 大麻所持で逮捕されたリチャード・デービス(近鉄)
      • ホアン・アイケルバーガー(ヤクルト)のサヨナラ暴投
      • 後にMLB二冠王となるセシル・フィルダーを阪神が解雇してしまったこと
      • マイク・グリーンウェル(阪神)の入団から退団に至るまで
      • 巨人移籍後は全く試合に出られず、「肩に小錦が乗っている」という名言を残したエリック・ヒルマン(ロッテ→巨人)
      • アルフォンゾ・ソリアーノ(テキサス・レンジャーズ)におけるカープアカデミー〜広島東洋カープ時代
      • ダレル・メイ(阪神→巨人)。紙爆弾事件、故意危険球、所属した両球団での首脳陣との対立など、問題だらけ
    • 阪神タイガースがファン感謝デーにたけし軍団と試合をして、負けたこと
    • たけし軍団に負けた阪神が翌年2位と好成績を残したことから、千葉ロッテマリーンズもそれにあやかりたけし軍団と試合をして負けたが、翌年5位だったこと
    • メジャーリーガー多田野数人投手における横浜ベイスターズ入団取消の経緯
    • 大家友和における横浜ベイスターズ在籍時代
    • ↑1軍所属選手によるロリコン事件(シャレにならないか)
    • 横浜ベイスターズにおける、森監督時代
    • 1989年の日本シリーズで、近鉄(当時)の加藤哲郎が「巨人はロッテより弱い」とは実際には言っていないこと(ただし、インタビューに答える形でロッテの方が怖いとは言っている)
    • 延長10回に自らサヨナラホームランを打ち、見事ノーヒットノーランを達成した阪神(当時)の江夏豊が「野球は一人でもできる」と実際には言っていないこと
    • 中畑清がジャイアンツD3位だったのが気に入らず、契約金などで揉めた事。
    • 「黒い霧」事件(シャレにならないので却下?)
    • 巨人高橋由伸の前に背番号24をつけていた人(日テレ的には中畑とされるが、実際はカステヤーノ)
    • 柳川事件
  • サッカー
    • 中田英寿が前園真聖と「ラ王」のCMに出ていたこと(オチ付き)
    • リネカーにおける名古屋グランパスエイト時代
    • サイドスローで味方にパスしようとしたがボールが指に引っかかり自陣のゴールネットを揺らした柏レイソルのGK南雄太
    • 山本ジャパン
    • ヴィッセル神戸における「イルハン獲得」
    • カタール協会がブラジル人選手3人を帰化させようとした事実
    • FIFAコンフェデレーションズカップ2003
    • 中村俊輔、高原直泰おけるFIFAワールドカップ2002 KOREA/JAPAN
    • ジダンにおけるFIFAワールドカップ2002 KOREA/JAPAN
  • バスケットボール
    • マイケル・ジョーダンのMLB挑戦
  • ラグビー
    • ワールドカップ1995ニュージーランド戦17-145の屈辱的敗北
  • モータースポーツ
    • スバルの1990年F1参戦
    • 鈴木亜久里のザクスピード・ヤマハ時代
    • マイケル・アンドレッティのF1参戦
    • 2003年の地上波F1放送(特に開幕戦)
  • プロレス
    • WWE
      • 鈴木健想(現:ケンゾー・スズキ)におけるWJプロレス時代
      • ウルティモ・ドラゴンにおけるWWE時代
      • フジテレビのスマックダウンでコラボレーションの意味を履き違えているHOME MADE 家族と番組製作スタッフ
    • その他
      • 佐々木健介におけるWJプロレス時代
      • 棚橋弘至が被害者の傷害事件とその犯人
      • 小川直也におけるアトランタオリンピック
      • 中西学のK-1参戦
      • WRESTLE-1(K-1・全日の合同興行。ボブ・サップがプロレス未経験のアーネスト・ホーストに敗れる屈辱を味わった。石井館長逮捕で終了)
      • デニス・ロッドマンのWCW参戦
  • その他
    • ソルトレークオリンピックにおける日本人選手の活躍
    • 大阪が2008年夏季五輪の開催地に立候補

政治・行政

  • 日本国における森首相 ←むしろ宇野首相
  • 国民福祉税
  • 地域振興券
  • 「二千円札」(注:まだ流通してます)
  • 10万円金貨(金の含有量が2、3万円ほど)
  • インパク(インターネット博覧会)(森首相の出演したCMやバカ重い公式トップページが懐かしい…)
  • 島聡衆議院議員「サイバーテロ」事件

経済

  • 松下電器におけるDCC
  • セガ・バンダイ合併計画(半年で破談)
  • セガ、ナムコ合併
  • 新北海道銀行(北海道拓殖銀行・北海道銀行合併)
  • あさひ銀行・東海銀行合併
  • 「KDD」「DDI」「IDO」の合併後名称「KDDI」に「IDO」の文字が組み込まれていない理由(もはやどうでもよくなっている)
  • NTT DoCoMoのシティフォン(1.5GHz)
  • 「カメラ付き携帯電話」の試作品をシャープが持って行った時にNTT DoCoMoはそれを門前払いした事(その後Jフォンから出たカメラ付き携帯電話は大ヒット、「写メール」ブームを巻き起こし、焦ったNTT DoCoMoはシャープにドコモ向けのカメラ付き携帯電話を作らせるもスペック的に同じ時期に出たJフォン用のシャープ機種と1世代前のスペックであった事から急造品ということが伺える。i-shotのシステムもまた然り)
  • Jフォン(ボーダフォン)「ステーション」の「緊急情報」(サービスイン当初は各所の地震情報など迅速に配信されるが「『緊急』基準が曖昧」ということで、その後長い間配信されず。9.11事件で久々に配信されるもその後プッツリと途絶える。ちなみにボーダフォン3G携帯はステーション未対応)
  • 富士重工(スバル)の直列エンジン開発
  • トヨタのpod
  • LaserDisk(再生専用VHSテープの次世代版として満を持して世に出されるも、ディスクが大きすぎて扱い辛く、店頭や家の棚などにも並べに辛くて大不評。DVD出現によりほぼ絶滅)

食品

  • 清涼飲料水
    • 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で開発された「日本一マズイ飲み物」ガキ水
    • 「Drink! Smap!」
    • タブ・クリア(透明なコカ・コーラ。一応コーラ的な味はする。カラメルで着色してないだけ?)
    • アンバサ(某ファミレスのドリンクバーでのみ生存、缶飲料としては黒歴史)
    • 同じく同社の「アーモンドドリンク」
    • モニフラきりり?
    • サスケ CMは「つづく」と表したが、それっきりであった。

    • 熱血飲料(CMに唐沢寿明が出てました)
    • マイナーなメーカーのドリンク各種
    • 各種消えていった新商品
  • 麺類
    • クイック・ワン(1分でできるカップ麺)
    • e-noodle(電子レンジで作るカップヌードル)
    • 電撃中華(お湯を注いだ後さらに電子レンジで温めるカップ麺。スープが異常に熱かった。)

    • ケンちゃんラーメン(歴史の表と裏を行き来する食品)
  • 酒類
    • アイスビール(3社程から出されたが凍らせて飲むと勘違いした消費者多し)
    • 各種消えていった新商品

その他

  • ノストラダムスの大予言(上記の映画のみならず、この予言自体そろそろ…)
  • 井上ひさしの家庭内暴力
  • はてなユーザー「Ooooooooooooooo」(キーワード「はてなトラブル事例集」参照)

  • マクドナルドのキャラクター・ビッグマックポリス
  • ベトナム戦争時代におけるM14
  • 国鉄の成田新幹線計画
  • エジソンが晩年霊界と通信できる機械を作ろうとしていたこと
  • 故・井深大氏の肝いりで設立された、ソニー・エスパー研(1991年設立、1998年廃止)
  • ビタミンの発見者は実は日本の学者だったこと(畑違いの人だった為医学会が研究の内容を認めなかった)

antenna

このアンテナはプライベート設定です。