Hatena::ブログ(Diary)

Space Fighter Now

2018-04-23 ネタ帳

米軍がロケットを「日単位」で打ち上げるコンテストを実施。現状の年単位から大幅短縮を狙う - Engadget 日本版

「米軍の研究機関は、Launch Challenge(打ち上げチャレンジ)コンテストを発表しました。民間企業に、ロケット打ち上げタイムテーブルを「年単位ではなく、日単位」に短縮させることが目的です。参加チームは数日内に2機のロケットを異なる場所から打ち上げ地球の低軌道に載せなければなりません・・・DARPAでは、1位のチームには1000万ドル(約10億8000万円)の賞金を用意しています。2位は900万ドル(約9億7200万円)、3位は800万ドル(約8億6400万円)が贈られます。また、最初打ち上げ成功すれば、どのチームも200万ドル(約2億1600万円)が受け取れます」らしい。

防衛産業狙いサイバー攻撃 日本に対し中国ハッカー - 産経ニュース

「一連の攻撃は昨年9 10月に確認され、中国の軍や情報機関とのつながりが指摘される「APT10」が実行したとみられる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)元事務局長松浦晃一郎氏による講義を装ったメールを通じ、情報収集を試みた形跡もあった」らしい。

2018-04-22 ネタ帳

8カ月たなざらし…NASA長官、1票差で承認 米上院:朝日新聞デジタル

「ブライデンスタイン氏は元米海軍のパイロットで、初の政治家出身長官となる。2016年に「宇宙ルネサンス法」の導入を推進するなど宇宙政策理解があるとされ、昨年9月にトランプ氏に次期長官指名された」らしい。

JAXA | 平成30年4月理事長定例記者会見

JAXAは挑戦し続ける組織でありたいと考えております」らしい。

Boeing bows out of GPS 3 competition - SpaceNews.com

ボーイングがGPS3の入札に参加しないようだ。ちょっと驚き。金額が折り合わなくてズルズルやっていたようだし、関係各社の参加を促していたので、そういう結果になったのかと。ただ、GPS3Fの提案書は提出したようなので、ま、新規物に集中って感でしょうかね。

宇宙ゴミ除去に衛星“自撮り”!? 東京理科大の「宇宙教育」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

「数年以内には木村教授技術提供しているアストロスケール社(シンガポール)が、宇宙ゴミの除去の実現に向けた技術実証衛星打ち上げる予定だ。宇宙飛行士向井千秋特任副学長は言う」らしい。なんだかなぁ

宇宙開発へ初の知財戦略 | IWATE NIPPO 岩手日報

「日本の関連企業の海外進出を促す知的財産戦略を初めて策定する方針を固めた。企業や研究機関が持つ最先端技術について、米欧を中心に海外での円滑な特許取得を可能とする方策などを明記。2018年度に有識者を交えた検討組織を設置し、19年度に公表する」らしい。

豊田通商、衛星測位ベンチャーに出資  :日本経済新聞

グローバル社は2017年設立宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した衛星信号補正データの生成システム「MADOCA」を使った実証実験を手掛けており、補正データ配信サービス技術に強みがある」らしい。あれ?

2018-04-18 ネタ帳

Recent findings from CCleaner APT investigation reveal that attackers entered the Piriform network via TeamViewer | Avast

なにげにCCleaner事件の核心部分を公開してたりして。どうやら、原因はTeamViewerでアカウント漏洩事件後も、そのまま使い続けた雰囲気。侵入されたのは2017年3月11日AM5時。をいをいだね。やっぱ、TVヤバイよ。

中国版シャトル 30年に 航天科工、宇宙ビジネス加速  :日本経済新聞

宇宙と地上を繰り返し往復する中国版スペースシャトルに取り組む考えを示した。2030年試験飛行をめざす。低軌道の衛星を使ったブロードバンド(大容量)通信網の構築にも取り組む」らしい。

韓国空軍、「超小型戦術衛星システム」構築を検討へ | Joongang Ilbo | 中央日報

「この席で100キロ以下の超小型衛星20 30個で軍の監視と偵察能力を強化する「超小型戦術衛星システム」に関する討論が行われた。出席者は米国防総省の超小型衛星開発企業視察結果、韓国国内外の超小型衛星開発現況、超小型衛星活用した空軍宇宙力発展方向などについて議論した」らしい。

近大による人工衛星を利用したマグロ資源量調査「宇宙マグロプロジェクト」 | 財経新聞

近大が新しく提唱するのが、データ記録タグの代わりに反射材を水棲生物に取り付け、人工衛星から照射したレーザーの反射光でもって水中の生物の動きを把握するという調査方法である近大理工学部農学部学生が共同で考案した」らしい。

打ち上げ失敗の中国衛星ロケット「長征5号遥2」、故障原因が判明 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

故障の原因は一段目の液体水素・液体酸素エンジンのタービン排気装置で、複雑にかかる圧力と高熱の環境下でタービン排気装置局部構造に異常が発生し、エンジンの推進力が瞬時に大幅ダウンしたことだと判明」らしい。

宇宙を旅した酵母の酒 宇宙食をつまみにロマンに酔う|グルメクラブ|NIKKEI STYLE

「土佐宇宙酒とは高知で誕生した宇宙を旅した酵母で醸した日本酒だ。2018年3月、土佐宇宙酒を飲むイベントが開催されると聞き参加してきた。会場は東京白金プラネタリウムBAR。建物の天井部分がプラネタリウムになっている趣向を凝らしたバーだ。イベント主宰したのは国際利き酒師の足立有美さん。国際利き酒師とは日本酒の専門知識だけでなく、国・地域によっても異なる文化風習、好みにあわせて日本酒の楽しみ方を伝える専門資格だが、この資格を持つ足立さんが注目したのが宇宙酒だった」らしい。

星からの信号を頼りに宇宙船の現在位置を知る「宇宙版GPS」の研究開発が進む - GIGAZINE

「実際にNICERを国際宇宙ステーション(ISS)に装着して行われた2017年11月実験では、時速約28kmという高速で移動するISS位置をわずか7kmという精度で特定することに成功しています。これを言い換えると、時速約27万6000km・秒速7.6kmで飛ぶISSにとって7kmはわずか0.9秒で通り過ぎてしま距離となり、いかに宇宙版GPSの精度が高いかが感じられるはず。NASAでは今後、さらに精度を高めて「1km」をターゲットにすることを目指している」らしい。

Microsoftなど34社が「セキュリティ協定」、国家によるサイバー攻撃支援せず - ITmedia NEWS

「一方、ハイテク大手の中でもAppleAmazonGoogleなどは同協定に参加していない」らしい。様子見かな。

2018-04-16 ネタ帳

三井物産、兼松・・・日本の商社が宇宙ベンチャーと連携強化 | 日経 xTECH(クロステック)

3月も、ベンチャー企業の動きや中国の新しい取り組みなど、たくさんのニュース配信されました。ここでは、以下の5つの出来事ピックアップして解説」らしい。

研究者「時間ない、お金ない」…現状に危機感 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

調査結果によると、「研究費が十分かどうか」と尋ねた問いに対し、研究者の回答は10点満点で平均2・4となり、前回より0・2ポイント低下。「研究時間を確保するための取り組みが十分かどうか」についても同2・2で、前回より0・2ポイント下がった」らしい。

ハサミムシの羽、「ミウラ折り」を超え人工衛星に応用!? 驚異の折り畳み法を解明 (1/3) - ITmedia NEWS

「折り畳み式の電子機器テント、地図、収納機構を持つ荷物などに応用できるとみている。また、宇宙開発の分野で利用すれば、打ち上げのためのロケットのスペースや重量、エネルギーを低減でき、広がったアンテナを固定するための余計な駆動機構器具不要になる可能性がある」らしい。

日本にも流通する IoT デバイスで遠隔操作が可能な脆弱性を確認 | トレンドマイクロ セキュリティブログ

重要なことは、それらの脆弱性によって攻撃者は影響を受けるデバイスを遠隔から不正操作することが最終的に可能になるということです。その結果、デバイスは完全に乗っ取られ、物理的に損傷する場合さえあるかもしれません」らしい。

2018-04-14 ネタ帳

静大衛星「はごろも」 大気圏再突入、3年半実験終了|静岡新聞アットエス

静岡大工学部が開発、運用した超小型人工衛星「はごろも」が3年半の役目を終えた。3月2日夜から3日未明にかけ、大気圏に再突入して燃え尽きた。計画を主導した同学部の山極芳樹教授能見公博教授が12日、同大浜松キャンパスで報告」らしい。

大型出資続出の宇宙ビジネス、東レも1200億円で海外企業を買収 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

「イグジットを果たした企業の中で最も買収額が大きかったのが、オランダの炭素繊維複合材料メーカー「Tencate Advanced Composites」で、日本の東レ11億5000万ドル(約1230億円)で全株式を取得した。同社のカーボンファイバースペースXプロジェクトでも採用されている」らしい。

英諜報機関、ISISへの大規模サイバー攻撃を明かす--ロシアを名指し非難も - CNET Japan

「これらの攻撃は、実施された時期は明らかにされていないものの、Daeshのオンライン活動破壊的な影響をもたらした」らしい。

挙動監視と機械学習で大規模な「Dofoil」によるコイン マイニング攻撃を阻止 日本のセキュリティチーム

「3 月 6 日の正午 (太平洋標準時) ごろ、Windows Defender ウイルス対策によって、高度なクロスプロセス インジェクション、永続化メカニズム回避などの巧妙な手法を駆使した 8 万件以上のトロイの木馬インスタンスブロックされました。このトロイの木馬は、コイン マイニング (仮想通貨採掘) ペイロードが仕組まれた「Dofoil (別名 Smoke Loader)」の新亜種で、挙動ベースシグナルとクラウド使用した機械学習モデルによってこの新しい感染の試みが検出されました」らしい。

米国で複数の「天然ガスパイプライン事業者」がサイバー攻撃の影響を受ける - THE ZERO/ONE

2017年10月、DHSとFBIは「政府機関やエネルギー原子力、水道、航空、重要な製造業の企業をAPTグループが積極的に狙っている」という警告を発表した。「米国のパイプラインが狙われたのは、今回が初めてのことではない。 2012年には連邦政府のサイバーレスポンスチームが、天然ガスパイプライン部門の企業を標的とした数々の『サイバー侵入(cyber intrusions)』を確認したというコメントを発表した」と、ブルームバーグは結んでいる」らしい。