Hatena::ブログ(Diary)

Space Fighter Now

2016-12-05 ネタ帳

東京新聞:「こうのとり」9日打ち上げ 多彩な荷物、宇宙にお届け:社会(TOKYO Web)

「積み荷は宇宙飛行士の食料や飲み水のほか、大学や企業が開発した超小型衛星7個や、ステーション運用必須の日本製電池による新型バッテリーなど盛りだくさん。計5・9トンの多彩な荷物を届ける」らしい。

鉄工所の夢、宇宙へ 難題デブリ、独自装置で減らしたい:朝日新聞デジタル

宇宙開発への夢を語る若手研究者情熱に心を動かされ、増え続ける宇宙ゴミという難題の解決と宇宙ビジネスへの新規参入に挑む」らしい。

養殖を変える日本発衛星&遺伝子ベンチャー (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

「愛南町の養殖場は、太平洋の黒潮の影響を受けます。この海流の表面温度やプランクトン分布モニタリングすることで、広域の養殖環境モニタリングができます衛星の優位性はやはりマクロで見えることです。将来衛星機数が増えて、データリアルタイム性が増せば、ますます重要センサーになると思います」らしい。

航空機・衛星部品の関税ゼロ3年延長 財務省、競争力を強化  :日本経済新聞

2017年3月末に期限を迎える航空機や人工衛星部品にかかる関税をゼロとする特例措置を3年間延長する」らしい。

2016-12-02 ネタ帳

シャープとJAXA、宇宙で太陽電池の実証実験 9日打ち上げ、発電や耐久性調べる - 産経ニュース

太陽電池衛星への負担を減らすため1枚(約27平方センチ)当たりの重量が0.33グラムと従来の15%まで軽くした。樹脂フィルムに薄膜の電池を挟む方式採用し、厚さを0.3ミリまで抑えた。こうのとり6号機は鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Bロケット打ち上げられる予定。13日に国際宇宙ステーションにドッキングし、水や食糧、バッテリーといった物資補給する。太陽電池実証実験は3カ月程度かけて行う」らしい。

五輪に感動、小惑星に「サムライランナーズ」 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

「リオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した日本代表に感動し、選手4人がスタジアムに入場する際、日本刀を抜くポーズを取ったことから名付けた」らしい。

宇宙事業でベンチャーの参入が拡大 一方で、資金調達に課題も(1/2ページ) - 産経ニュース

「こうした中、民間企業の参入を促す動きも出始めた。ロケット衛星打ち上げを許可制とするなど、企業が宇宙開発に取り組む際のルールを定めた「宇宙活動法」など宇宙関連の2法案が11月に成立。政府は今後10年間で5兆円規模の産業に育てることを目指している。ただ、日本の金融機関やファンドは、将来性の読み切れないベンチャー企業への投資及び腰だ。PDエアロスペースの緒川修治社長は1日、報道陣に対し「日本の金融機関融資の可否を横にらみで判断するケースが多い」と指摘」らしい。一番の問題だよ。

「5分間1400万円」の宇宙旅行は実現するのか | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「「応援気持ちをもらうことは多いが、おカネは出さない人ばかり。ベンチャーのために大きなおカネを動かすのは難しい」と緒川社長は嘆く。今回の2社による出資額も限られている。だが大手企業が参加したことで流れが変わることを期待する。「やりたいなら来い!」と大胆に言ってみせた緒川社長の指に止まってくれる企業は、はたしてどこまで増えるか」らしい。

2016-12-01 ネタ帳

ANAHDとHIS、有人宇宙機ベンチャーに出資 7年後の運航支援 - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル

「PDエアロの緒川修治社長によると、商業運航時までに開発費含めて170億円が必要で、これまで多くの人から気持ちはいただくが、お金はなかなか出してもらえなかった」ため、大手2社の出資が「チームづくり」の大きな後押しになればと期待を寄せた。また、商業運航開始から3、4年後には黒字化を図り、将来的に「宇宙旅行世界市場シェア約10%を狙いたい」と話した」らしい。

今や常識、宇宙ビジネス四つのトレンド! - 電通報

「これまで欧米がリードしてきた宇宙ビジネス。日本にも宇宙ベンチャーが次々と誕生しています」らしい。

2016-11-30 ネタ帳

宇宙活動法成立で「護送船団大遭難」の危機?!:日経ビジネスオンライン

「官の側の意識改革必要になる。例えば、天下り宇宙ベンチャーに送り込むのではなく、むしろ内閣府・宇宙戦略室が、民間側のニーズを素早く把握するために民間ベンチャー人材を受け入れる必要があるだろう」らしい。民間人一杯いるけどね。

CNN.co.jp : 次の戦場は宇宙、米軍が準備加速 衛星に迫る中ロの脅威 - (1/3)

「ワーク氏が想定するのは、第2次世界大戦中に米海軍が海中に投下して攻撃型潜水艦を爆破した水中爆雷宇宙版」らしい。それ、最後だよ。

2016-11-28 ネタ帳

熱帯林の違法伐採、人工衛星で監視 JICAとJAXA:朝日新聞デジタル

「JAXAの地球観測衛星だいち2」のレーダー観測データを利用している。森林がなくなっている場所特定し、減少した時期と、緯度経度、面積を表示する。今回公開された、6月下旬以降の南米の状況をみると、ここ数カ月間だけでも多くの熱帯林が減り続けていることがわかる」らしい。

JAXA「イプシロン」2号機、打ち上げ能力30%増−コスト50億円に抑制 | 科学技術・大学 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

「機体と運用設備からなる打ち上げシステム全体を1号機より効率化した。ただ、機能を強化しても打ち上げコストは同等に抑えることに成功した。効率的で低コストロケット技術の開発が進むことで国際競争力の向上が期待」らしい。

衛星データの質向上に功績 小松短大・長野学長 フロンティア賞受賞:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)

「賞に輝いたのは、科学衛星宇宙で良質なデータを得ることができるようにするため、衛星が余計な電磁波(ノイズ)を出さず、またデータを取るセンサーが受けるノイズの影響を小さくする技術宇宙空間の電磁波に関するデータの質が向上することで、オーロラなど自然現象の解明につながる」らしい。

陸自ネット侵入許す 高度なサイバー攻撃、情報流出か - 西日本新聞

関係者によると、攻撃を受けたのは、防衛省と自衛隊が共同で利用する通信ネットワーク防衛情報通信基盤(DII)」。接続する防衛大と防衛医大パソコン不正アクセス被害に遭ったとみられる。このパソコンを「踏み台」として利用した何者かが、陸自システムにも侵入した可能性が高い。防衛省は確知後、防衛省・自衛隊全体でインターネット利用を一時禁止した・・・個々のパソコンは両方のシステム接続し、切り替えながら利用する仕組みで、切り離しは完全ではなかった」らしい。