Hatena::ブログ(Diary)

Space Fighter Now

2005-11-04 ネタ帳

今日のハヤブサ

 あー、水曜日に発見されたphpセキュリティホール対策で目がまわってます。ううう、暫くは当てにしないでくんろ。ちまたでは、白衣のお姉さんのVネックが気になっているようだ。あと、薄いってぇのもね。なんか、微妙だ。つーか、今から俺は別のサーバダイブせねばならなくなったんで、しばし、logout。追記:応急処置は終了。また、来週ダイブすることになった。

  • 「はやぶさ」のリハーサル降下試験の結果について | JAXA
    発表文がでてます。「姿勢制御と、降下中の高度と速度の制御は、高度約700m付近まで順調に行われましたが、自律航法機能の航法誤差が許容値を逸脱したことを検出したため、日本時間12時30分に地上からの指令で以降の試験を中止し、続いて上昇指令を送信」らしい。で、「臼田局からの運用終了時、「はやぶさ」探査機との通信状況は正常で、姿勢制御も良好に維持されており、また、搭載機器の状態はすべて正常」らしい。
  • Hayabusa Live
    映像が観られない人のためのページです。blogサーバになってる。12時現在で、順調に降下している様子。あああ、と思っていたら「本日予定されいていた降下は、GO/NOGO判断の際に異常を検知したたため中止となりました。ミネルバ放出ターゲットマーカ放出も中止」らしい。なぬぬぬ。はてさて、何が異常だったんだろうか?追記:上の発表文でなんとなく分かる。特に掲示板は最高だ。
  • 脇見運転 - 降下中
    これは鋭い意見だ。「JAXAは「はやぶさ」を事あるごとに工学試験衛星であると強調している。にもかかわらず、(公式には)目的の本質ではない小惑星探査についてそこまで閉鎖的になるのは目的を履き違えていないか。二次的な成果であれば世界に対して広く速やかにデータを提供するのが税金の正しい使い方ではないか」らしい。ドキドキしちゃったよ。俺自身研究者じゃないけど・・・。

ライブ中継の教訓

 今回のライブ中継で感じたことを教訓として記録しよう

  • 映像に情報をのせて欲しい
    映像にイトカワまでの距離やステータス情報なんかも載せた方がよかった。その理由:ストリーミングをみてもハッキリ言ってなにがなんだがさっぱり分からなかった。ただ、忙しそうに歩いている人がいただけって感じであった。やはり、広報用に加工した情報も影響に乗せるべきであると感じた。
  • 実況も欲しい
    映像に実況中継するアナウンサーが欲しかった。その理由:やはり物足りなかった。臨場感が全く伝わってこなかった。空いた時間で、ミッション概要や過去トラブルの解説、世界初のサンプルリターンであることを解説して欲しかったし、そうするべきだと思った。
  • ちょっとした細工
    気の利いたギャグもまじえた方がよかった。その理由:映像に動きがなかったんで、ちまたでは「あれなんて書いてあるんだ?飛行安産。」って具合であった。やはり、突っ込みしやすいようにちょっとした気配りというか細工というか仕掛けておく必要があるなと感じた。あと、番外編として、白衣のVネックを左端に配置させるべきであったと感じた。このほか、運用要員の弁当が知りたいとか、プロジェクタが安っぽいとかもあった。

中国新聞:三次っ子 宇宙飛行士と交信

「午後四時四十五分すぎ、同市下川立町の川地小から、アマチュア無線家前川一麻さん(53)が呼び掛け、フィリピン北部を通過中のISSから応答があった。青河、川地、志和地小の三?六年生が、米国人宇宙飛行士のウィリアム・マッカーサーさんに英語で質問。ISSが北海道の北東に達するまでの約十分間で十九人が会話できた」らしい。素晴らしい!

静岡新聞:宇宙や光技術の将来展望 浜松コンファレンス

「100年前に光電効果などの論文を発表した物理学者A・アインシュタインの業績を振り返りつつ、「今世紀の宇宙観は、アインシュタインが切り開いた20世紀のそれとは全然違ってくる」と展望した。「無」から生じたといわれる宇宙についても、「無にも構造があるらしく、その鍵は光が握っている」と述べた」らしい。そ、そうなんですかぁ・・・。

“スパイ”衛星費5000億円に/機密を盾に歯止めなく

「しかも衛星四基では、監視地点の上空に二十四時間衛星があるわけでなく、この監視の空白を埋めるためには「十六?二十基が必要だ」との防衛庁サイドの意見もあります。」らしい。えっ、まぢですかぁ・・・。

毎日新聞:NASA:シャトル計画 資金不足の見通し

グリフィン長官は3日、下院科学委員会の公聴会で証言し、スペースシャトル計画は2010年の退役までに30〜50億ドル(約3500億〜5800億円)の運用資金が不足するとの見通しを示した」らしい。尋常じゃない数字だな。ところで、「今後数年間で5億ドル(約580円ドル)を投入」うむ、円ドルってなんだ?円ドル係数?森永円ドルチョコレート?南米の曲、円ドルは行く?

宇宙開発史んぶん

11月号が出てた。

SciCom NEWS 代表理事日誌: ポスドク問題のゆくえ

「5億円はあくまで競争的資金なので、ジョブマッチング以外の事業を提案してもよいはずである。産業界とのジョブマッチングが問題だと思うなら、どんな事業ならよいのか、考えてみよう」らしい。

CNN.co.jp : 中国、07年までに飛行士3人を宇宙へ

「7号は飛行士3人を乗せ、2年以内に打ち上げられる」らしい。

中の人中の人 2005/11/05 15:18 昔、某研の人が言ってたような稀ガス>十六?二十基